TVシリーズもBD化! STAR TREK NEXT LEVEL

Pocket

ガジェット以外のレビューをするのは久しぶりかも。

「STAR TREK :THE NEXT GENERATION(邦題:新スター・トレック)のTVシリーズの選集的なBlu-rayが発売されました。本国では全エピソードのBD化が進められているらしく、第1シーズンが2012年中に出ると収録されたCMに入ってます。今回はそれのプレビュー版って感じですね。

収録エピソードは

“Encounter at Farpoint” (未知への飛翔)
“Sins of the Father” (汚名~クリンゴン戦士として~)
“The Inner Light” (超時空惑星カターン)

の3話。第1話のEncounter~はパイロット版なので実質2話のボリューム。これで2,000円しないんだからまさにお試し版としてはお手頃ですね。

チョイスとしてはThe Inner Light以外はさほど好きなエピソードでもないですが、まぁあんまり人気EPを先に出しちゃってもお試しにならないのでまぁこんなところでしょうか。

仕様は1080p、7.1 DTS-HD Master Audio音声(英語)。日本語音声はステレオ(実質モノラル?)収録。当然ながらTVシリーズそのままの4:3画角の両端に黒帯がついてる形です。オリジナルネガから再撮影しており、いわゆるアプコンではないです。

画質的にはほとんどのカットではHDなりの高画質が味わえます。たまにアプコンっぽいカットがまじります。ネガが残ってなかったりしたのかも。グレインノイズはカットによって差が激しいです。やっぱり暗い目のシーンはノイジーです。逆に明るいカットではハッとする位の解像度を感じる場面も。保存状態の良いフィルムってホントスゴいんだなと。ただ一番好きな"The Inner Lightが全体的にグレイン多めだったのは残念。内容的に惑星カターンでの生活のシーンは演出で元々そうなってたのかも知れませんが。AX1000のグレイ調整機能で低減してみたり。

高解像度化することで昔のショボい特撮技術が際立ってしまう、ということもそんなにはなかった気がします。比較的最近製作されたリメイク版「V」の方がよっぽどクロマキー合成感がありありだったと思います。Farpointのクラゲ的生物の触手が「ほぐした綿紐」にしか見えないのはDVD版からですし(笑)。

音声は、ウチのアンプが7.1 DTS-HD Master Audioフル対応してない3200ES(スピーカーは6.1ch構成)なのでなんともですが、さほどサラウンド感は高くなかった印象。艦隊戦でドンパチやるようなエピソードだとまた違うのかも知れませんが。

 

視聴そのものが数年ぶりということもあって値段以上に楽しめた1本でした。問題はBoxが出たらまた1から買い直すかってことですね。もちろん欲しいんですが、DS9のBoxのシュリンクフィルムすら剥がしてないのにいつ見るんだよwって話です(TOSとアニメ版以外は全てBox買いました)。値段とペース次第ですかね。北米版にも日本語字幕が入ってればそっちで安く買えばいいかとも思いますが、わざわざ北米版は日本語字幕抜きってやりそうな気がしますねぇ。

Stargate Continuum、国内盤が発売されるらしい

Pocket

なんか色々すっとばして、STARGATE Continuumが日本語版でリリースされるみたいですね。 内容的に独立だからかな?

8/29と北米版から一ヶ月くらいしか違わないので、今回は待ってみようと思います。てか、Amazon.co.jpで\2,953と、北米版より安いし!

 

ところで、STARGATEといえば、ハモンド将軍の中の人が亡くなったそうで…今後のシリーズでも見られないかと思うと残念です。

「僕の彼女はサイボーグ」は既視感の連続だった

Pocket

予告にそそられて観てきました。以下、ネタバレ有り。

■それなんて○○?

散々既出の、「それってサイボーグじゃなくてアンドロイドじゃん!」って突っ込みはさておき、、、結論からいうと、どのシーンもアニメやゲームでお目にかかったことがあるような気がするシチュエーションばっかで、新鮮味にかける感じでした。例えば、人間世界のことがわかっていないアンドロイドがやらかすボケとして、ペットのイグアナを鍋料理しちゃうとか、香水飲むとか読めまくりでした。冒頭のマネキンも読めた。基本プロットも、感情をもたないロボットが色々ボケをかましつつ愛着を醸し出しておき、最後に比較的ベーシックな行動原則(プログラム)に基づいて(人間から見たら)ものすごい自己犠牲的な行動を取って、人間が勝手に感動する、みたいな。それなんてマルチ?な感じ。自分を守って壊れたロボットを、将来科学者になって復元する、って流れも偽ドラえもん最終回とか、ジュブナイルとかで既出。最後に視点が変えて物語をなぞるのもKeyあたりが良くやる手法だし、、、なんか既存の比較的マニアックな世界で使い古されたネタを、一般人向けにかき集めてみました、的な評価ですね。オタク的にw。

■韓流的なギトギト感にため息

あと脚本、監督が韓国人なワケですが、全体にデレシーンとかギトギトに濃ゆくていかにも韓流ドラマな感じでちょっとウっときました(と韓流ドラマをちゃんと観たこともないσ(^^)が書いてみる)。セリフもクサいし、顔の表情が無駄に大げさな印象。そこまで顔の筋肉酷使してしゃべるヤツいたらキモいわ、って位(^^;)。やっぱり今後も韓流ドラマは観ないだろうなと改めて思ったりw。

■ある意味、子供に見せられない

未来から来たばかりのアンドロイドちゃんは服や靴を万引きしたり、店員を電気ショックで気絶させたり、主人公を巻き込んで食い逃げしたりとやりたい放題。主人公も食い逃げ楽しんじゃったり。過去シーンで子供時代の自分も駄菓子屋でお菓子盗んでたり。なんつーか、全般的に脱法行為が平然と行われすぎな映画です(^^;)。

■SFXはまぁ邦画なり…

CGは災害シーンとかそれなりだったけど、一番の山場である、下半身ちぎれたアンドロイドが這って主人公を助けに行くシーンで、露出するメカがショボすぎて萎えましたねぇ。あそこだけはもう少し頑張って欲しかった。むしろ少年時代にタイプリープしたシーンはCGは使ってなかったかも知れないですが、舞台美術としては結構よくできてた印象。駄菓子やの品揃えが良すぎなのが気になった位。

■あの結末は一体…

最後の未来の主人公が死んでから後のシーンはまるまるいらなかったんじゃないですかね?とってつけたよう。博物館に展示される位までは良かったかな(これもありがちな終わり方ですが。オーガンとか)。冒頭の2007年に現れた方が、時間的により未来から来てたんだろうなというのは途中で気付きましたが、まさかそっくりさんとは。てことは、学生の誕生日パーティをみて、ケーキに顔を突っ込ませる習慣を、アンドロイドは学習してないということになる気がするんですが、そこんとこどうなんですかね?で、最後にアンドロイドを失った時間に生身ちゃんが来て一緒に暮らしていくことになったら、主人公が苦労して科学者になってアンドロイドちゃんを蘇らせようとするモチベーションが著しく低下して、タイムパラドックスが生じる気も。まぁ、パラレルワールド的時間観の方で捉えるならアリですが。

一般人的な感覚だと、アンドロイドちゃんはいなくなったけど、クリソツで生身の彼女ができて良かったね、ってことになるんですかね?一般作としては、アンドロイドとくっつくとかいうオチは許容されないのかぁ?

■公開時期が微妙だったかも

無差別銃乱射や女子校立てこもり事件、そして地震と、本来理不尽は犠牲者を出していた未来から、それを回避すべくアンドロイドが送られてきて、実際サクっと救ってしまうワケですが、ちょうど現実に秋葉原の事件、四川大地震、そして今日も岩手、宮城の地震で死者が出たこのタイミングに観るとちょっと切ないですね。

■結論

まぁ、貴重な国産SFに投資という意味では、丸損ではなかった気がします。でもまぁやっぱり日本で作れる実写SFってこんなもんだよなぁ、という印象。サイボーグ(=改造人間)とアンドロイド(=人造人間)をとりちがえてる時点で、すでに科学的考証なんかも期待はしちゃいけないんだろうなという予感はしてましたけども…

過去と未来が循環するタイムリープものとか、すごく長いタイムスパンで伏線がつながる話自体は基本的にすごく好きなんですけどね。マルチも知らないような一般人なら、そこそこ新鮮な邦画SFとして楽しめるのかも知れません。

「アンドリューNDR114」録りたさにe2 by スカパー!を体験視聴申し込み

Pocket

先日、家電量販店のテレビ売り場で「アンドリュー NDR114」がHi-Visionで流れてるのを発見。もちろんBlu-rayやHD DVDではリリースされていないのを知ってたので、「もしかして最近放送したのか?しまったぁぁっ!」と焦りました。

帰って調べてみると、STAR CHANNELでした。しかもあと何度か再放送がある。しかし、ウチはCSが入らないので、スカパー!は契約できない。他にもSTAR CHANNELを見るだけなら方法はあるが、ネット配信系だと録画できないから意味ナス。STAR CHANNEL契約済みの実家にBDレコもって帰省しようか、とまで頭をよぎったんですが、結局裏道がありました。

■BSだけでも一部チャンネルは観られる!

実は、スカパー!(正確にはe2 by スカパー!)を通して放送されるSTAR CHANNELでも、Hi-Vision放送をするチャンネルはBS 200chを使っています。ウチでも同チャンネルのプロモ番組などノンスクランブル放送は表示できてました。なんとなくは知ってたんですが、どうせ契約できないからとそれ以上意識してなかったんですが、今回あらためて調べてみると、BSしか受信できなくても一応契約はできるっぽい。もちろん、CS部分が観れないからといって月額視聴料が割安にはなったりしませんが、BSとCSは別々にスクランブル制御が行われているらしく、視聴契約の手順を観ても、CSとBSでそれぞれしばらくチャンネルを合わせて放置する必要があります。つまり、スカパー!側としては視聴料さえもらえればCSとBSの電波にそれぞれスクランブル解除許可信号を載せて放送しており、ユーザがそれを個別に受信してるかどうかは関知しない、ということっぽいです。

ならばとこちらから16日間無料体験サービスに申し込んでみたところ、無事受信、録画ができました。

■もはやSD画質放送のペイテレビに用はない!?

現在、iTSCOMのケーブルテレビに加入していますが、唯一利用していたAXNでもSTARGATEがSG-1もATLANTISも放送休止中。SG-1のSeason 10が秋に開始予定という状態。STARTREKも全部DVD-Boxがあるし、CATVの専門チャンネルは全く利用していない状況。アニメも今更CATVの画質で録画する意義も薄いし、いっそ解約してこのままSTAR CHANNEL契約した方が良い気がしてきました。

STARGATEに関しては1season分の北米版Boxが\5,000程度(iTSCOM一ヶ月分)で買えてしまうご時世です。しかもSeason10も既に発売済み。最終的に日本語版を買うにしても、フライングで1回観る賃としては安いものです。順序としては北米版Box->AXN->日本語版Boxという感じなので、真ん中跳ばしても全然平気という考えに至った訳です。月\5,000浮く方が全然嬉しい訳で。

うん、やはり今月末で解約(or休止)しよっと。

STARGATE SG-1 シーズン8は2007/11/22

Pocket

 Amazonで第8シーズンが予約可能になってるのを発見。11/22予定だそうです。ここんとこ順調にリリースされてて嬉しい限りですね。

 だいたい見終わる頃に次が届くので、ここんとこSG-1漬けな気がします。

 一方、ATLANTISのSeason.3(北米版)はkonozama食らってる模様。Season.2の時もこんなでした。輸入もんは在庫管理がイケてないってことなんでしょう。まぁ、今は忙しいので催促するほどでもないか。

イバラード時間、サクサク動きすぎ

Pocket

 ハイビジョン感を満喫できるBDソフトないかなぁ、と思っていて目に付いたので買ってみました。

 井上直久氏のイラストの一部をCGアニメーションで動かしつつ、まったり音楽をつけました的な作品。

 実際大型テレビやプロジェクタで大写しにすると、まるで絵画を飾っているようで綺麗です。ただ逆にそういう視点で観るとちょっと動きすぎかな。特にパン、チルト、ズームしすぎ。フレーミングがかわるとどうしても絵画っぽく感じられなくなってしまう。動きが速いのも理由の一端かも知れません。一見1枚の絵画なのに、よくみると動いてる、くらいの感じなら、延々とBGVで流しておきたいかも、って気が強まる気がします。

 おそらくただのスライドショーに毛が生えたようなものじゃ商品性が薄いと考えたんでしょうが、個人的にはむしろ「スライドショーに毛が生えたようなもの」の方が良かったなぁ、と。細部がチョロチョロ変化するのは良いと思います。水が波打ってたり、街灯が明滅したり。

 あと、EDクレジットとか抜きでリピート再生する位のオーサリングは欲しかったです。

Stargate Atlantis シーズン3(北米版)は9/18日発売

Pocket

 STARGATE ATLANTISのSeason3のDVD-BoxがAmazon.co.jpで予約できるようになってました。速攻ぽちっと。安いなぁ。>¥6,451

(注:北米版です。日本語吹き替え、字幕は入ってないですし、国内のプレーヤーでは再生できませんのでご注意下さい)。

 さて、DVD-3930は出品してしまったことだし、どうやって観ようかw。

TOS、デジタルリマスター版放送開始日決定

Pocket

懐かしドラマ「スター・トレック~宇宙大作戦~」

 NHKで7月から放送が予定されていたTOSのデジタルリマスター版放送は7/21からになった模様。EPGで予約できるようになる1週間前まで覚えておかなきゃ。

 実はTOSは映画以外はほとんど観たことなかったり。wktk。