今年UT/インタビューに導入して良かった機材紹介 2021

今年は後半にちょいちょい会場実査を実施できるようになってきたものの、やはりトータルとしてはリモートが多かったです。基本、会場だとハード、リモートだとソフト面での機材やノウハウが中心になりますが、それぞれについて「今年これが役に立った!」というのを紹介してみたいと思います。

■ハードウェア編

OBSBot Tiny(パンチルト制御できるWebカメラ)

まだ2実査ほどしか使ってないですが、個別記事をまだ書いてなかったのでここでトップに挙げておきます。

Webカメラです。普通のWebカメラとの違いはパンチルト(上下左右に向く)機構がついている点と、それを使ってAI画像処理で人物を自動で追いかけてくれる点。アギレルゴの川口氏が使ってみたけどイマイチだったということで譲り受けました。

通常UTやインタビューでビデオカメラ撮影する時、三脚雲台でアングルを調整したりすると思います。しかし参加者が姿勢やデバイスの持ち方を変えるとちょいちょい画角から外れてしまい再調整を余儀なくされがち。そういう時に、電動でリモート制御できるPTZ(パンチルトズーム)カメラだと便利です。UTラボなんかだと天井についていたりしますね。あぁいう製品は監視用カメラの流用だったりして大変お高いですし、一般会議室にポっとつけられるものでもありません。映像信号やコントロール信号も特殊でPCに直接つなげられないことも多いです。

ところがこのOBSBot TinyはUSBケーブル1本で映像音声は普通のUVC/UAC接続のWebカメラである上、専用ユーティリティをPC/Macにインストールすれば簡単に操作ができます。ありそうでなかった大変レアな製品です。映像音声とパンチルト制御は独立しているので、映像音声をOBS StudioやTeams/Zoomなどに入力しているのと全く独立に制御可能です。OSB Studiの場合、映像ソースのプロパティ画面からもPTZ操作可能です。さらに専用ユーティリティで各操作にキーボードショートカットがついていますので、Bluetoohtキーボードや後述のマクロキーパッドを使って離れたところから操作もできます。例えば、OBSBot Tinyと録画配信用PCはインタビュールームに置きつつ、Bluetoothが届く隣の部屋から見学者がカメラ操作する、なんてユーザビリティラボみたいなことが実現できるのです。少なくともPCがモデレーターの手の届くところにあれば、カメラ+三脚のところまで歩いていって調整する必要はなくなります。

実のところAI自動追尾機能はまだ実務では使用していません。誤動作したらイヤだなと。ざっと試した限り、追跡自体はそこそこ正確だと感じますが、顔を画面のどのいちに持ってくるのかが制御できません。通常UTやインタビューでは身体全体ではなく顔だけを抜いて画面の片隅に入れたりすることが多いですが、こいつのAIが顔を画面の中心にもってくるのか、身体全体でセンタリングするのか、みたいなところがコントローラブルではない上に、仕様でもあまり触れられていません。川口氏曰く身体を基準にしてるっぽいとのこと。なんで、画面の一部を切り抜いて使用するには厳しいかなと。顔の位置を決まったサイズ、決まった位置にして追ってくれるなら有り難いんですけど。

なおユーティリティで自動追尾は無効にできるので、完全にPTZ Webカメラとして使うことができます。この状態で使ってみましたが、途中で不具合を起こすこともなく快適に使用できました。デジカメ+HDMIキャプチャなんかよりよっぽど安定感あります。これで光学ズームがあれば最高ですが、最近海外で販売開始された4Kモデルならば電子ズームでも充分な解像度が出ると思うので、国内販売が始まったら買ってみようかと思っています。

ちなみに海外ではパンチルトズームに使えるリモコンも売られてるようですが、Bluetoothで技適をとってないのか国内の代理店からは販売されていないようです。またOBSとついてますばOBS Studioとはなんの関係もありません。

USBの規格上の制限としてケーブル長を4mくらいまでしか延ばせないという問題がありますが、それ以外ではもうビデオカメラいらなくね?と思える優秀な製品です。

RODE Wireless GO2(ワイヤレスマイク)

今年一番活躍しました。詳細は個別記事にて。簡単にいうと、1つの受信機で2台の小型ワイヤレスマイクを受けられるインタビュー向けのマイクシステムです。進行役と参加者それぞれが胸元に装着しておけば、バウンダリーマイクよりも明瞭に音声を拾えます。またマイク内にメモリが内蔵されて録音もできるので別途バックアップ用ICレコーダーを用意しなくて済みます。

AZ Macro (マクロキーパッド)

テンキーより更に少ないボタン数に絞った特定用途向けの小型キーボードのことをマクロキーパッドと呼びます。PhotoshopやPremereのようなやたらツールがたくさんあるソフトやゲームなどの操作を支援するものです。多くの製品はUSBキーボードとして固定のキーコードを発するもので、ソフト側でショートカットアサインをあわせたり、AutoHotKeyのようなユーティリティを使って変換したりします。一部の製品はファームウェアをいじって設定を書き込める場合もあります。

しかしこのAZ Macroは手軽なWebベースの設定システムを持っていてブラウザから簡単に各キーがどんなキーコードを送出するかをカスタムできます。

これを使って、

  • OBS Studioのシーンを切り替えたり録画開始
  • 上記OBSBotのパンチルト操作
  • Zoom、資料パワポ、進行シート、記録エディタなど狭い画面に様々なウインドウがひしめくオンラインインタビューで、「(例えパワポがバックグラウンドにいても)1キーでスライドを1ページめくる」みたいなマクロを実行

などの操作を1ボタンで実行できるようになり、よりスムーズなセッション進行を手助けしてくれました。さらにこの製品はBluetoothキーボードとして動作するので、少し離れた場所から進行役以外の人がさりげなく操作をすることができたりもします。同人ハードなどで入手性にやや難ありですが利用シーンがピンとくる方は是非チャレンジしてみてください。自分でハンダ付けするDIYキットと完成品が選べます。

■ソフトウェア編

XSplit VCam、Audio Hijack + Loopback

今年は久ぶりにメインPCをMacにしたので、いままでWindowsで愛用していたNVIDIA Broadcastが使えなくなりました。そこで、単体のバーチャル背景ツールとしてXSplit VCam、マイクノイズ除去ツールとしてAudio HijackとLoopbackの組み合わせを導入。これでリモート案件もMacでつつんがなくこなせるようになりました。(バーチャル背景なんて今時ZoomにもTeamsにもビルトインで実装されてるじゃないか、とお思いかも知れませんが、業務用のインタビューシステムではついていないことも多いのです…)

AutoHotKey

Windows専用になりますが、あるキー入力に対し、別のキーイベントや特定の操作をプログラムできるフリーソフトです。カメラや配信ツールの制御をしたり、オンライン会議のミュート操作、インタビューに相手に提示する写真や動画、スライドの切り替えなど、色々な制御を自動化、ショートカット化できます。きちんと体制の整ったチームで仕事をするなら作業分担もできますが、私はワンオペなことも多く、事前にこういうツールを駆使して仕込みをしておくと本番中に楽ができます。AutoHotKeyはプログラミング的な素養が必要かも知れませんが、とても多くのことができる良ツールです。

動画眼Lite

手前味噌で恐縮ですが、動画ファイルに頭出し用のインデックスをつける拙作「動画眼」シリーズに、専用アプリのインストールを必要とせずブラウザ上で簡単に閲覧(のみ)できる「動画眼Lite」をリリースしました。

動画眼でデータを作る必要がありますが、Lite形式出力したhtmlファイルを動画といっしょに渡すだけで、相手方は動画眼をインストールせずとも、またMacであってもチャプター付き再生をすることができます。ソフトウェアのインストール制限がある企業さんで重宝するかなと思って作成し、実際にいくつかの案件で納品ビデオデータにこれでチャプターを入れてお渡ししたところ便利だとご評価いただきました。

現在、このデータを作成するための動画眼もWin/Mac両対応となるVer3を準備中です。年内に出したかったけどちょっと厳しい雲行きになってきたかな…もう少々お待ち下さいませ。

■まとめ

コロナ禍で急遽リモートでユーザーテストをしなくちゃとなった昨年からだいぶ経って、自分達も、リクルーティング会社もそして参加してくださる方達やリモート見学するクライアント側も色々と知見が貯まって色々とスムーズに回るようになってきた感があります。それでも、より会場実査に近い形で例えばハードウェア製品を使って評価してもらうことはできるか?などと意欲的な要望もいただいたりとチャレンジは続きます。

会場実査は会場実査で、感染対策をしつつ見やすい/聞きやすい配信を見学者にお届けする工夫や新しい技術は毎回頭をひねりながら試行錯誤しています。

上に紹介したような製品は良さげだけど使いこなせる自身がないという方は是非ご相談いただければと思います。リサーチ案件としてだけでなく機材支援のみでもお受けしておりますので、「タスク設計や進行役は自前でやれるので、配信だけ手伝って」みたいな案件も歓迎です。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

UTの際、AutoHotKeyで動画や静止画を素早く提示する

とあるUT(ユーザテスト)案件で、プロジェクターを使って参加者に動画や静止画を次々切り替えながら提示するという要件がありました。

もちろんPCをプロジェクターにつなげてマウスでファイルをダブクリックしていけばできてしまうことなんですが、ファイル一覧から目的のファイルを選んでダブルクリックして全画面に切り替えて、などしてるとなかなかにモタつきます。ファイル一覧や余計な部分が見られてしまうのもよろしくない場合もありますし、都度ExplorerやFinderの画面が見えてしまうと没入感が失われてしまったり、薄暗い部屋で黒っぽいコンテンツを見ていた時にいきなり真っ白な画面になるのも目に刺さります。

ということで、今回の案件では以下の方法で、

  • 1ファイル1ショートカットキーを割り当て1ストロークで呼び出す
  • 毎回Explorerに戻らずスライドショーのように行き来できる
  • ファイル名や再生UIなど余計なものを画面に出さない

ことを実現しました。なおAutoHotKey、VLCというフリーソフトを用います。Windowsでない方、会社のルールでフリーソフトを入れられない方はごめんなさい。

■AutoHotKeyで特定ファイルを1キーで開く

2022.12.26追記: AutoHotKeyのスクリプト記法は2.0でリニューアルされました。以下のスクリプトは1.x時代のもので最新版では動かない可能性があります。

AutoHotKeyは特定のキー操作に対して様々な自動処理を割り当てることができる常駐ソフトです。通常はキーの入れ替え(別のキーストロークを送信)などで使われますが、特定のソフトやアプリを開いたり、マクロで連続操作などをすることもできる万能ツールです。

設定ファイルは.ahkという拡張子のテキストファイルで作成し、これをダブルクリックすることで適用されます。なので設定を書き換えた後は.ahkファイルをダブルクリックしておくのをお忘れ無く。

またAutoHotKeyの動作を停止した場合は、タスクトレイから緑の「H」アイコンを探し、右クリックして「Exit」を選べば終了します。設定ミスでまともにキーボードが使えなくなった時は慌てずAutoHotKeyを終了しましょう。

今回の設定ファイル例はこんな感じ。できるだけ日本語(2バイト文字)などは使わない方がトラブル軽減ですが使う場合はファイルをShiftJISで保存するのがポイントのようです。

; Save this file with ShiftJIS.
; Suppress confirm message when reload.
#SingleInstance force

1::
    Run,C:\hoge\picture1.jpg
Return

2::
    Run,C:\hoge\movieA.mp4
Return

3::
    Run,C:\hoge\picture2.jpg
Return

セミコロンの行はコメント行で動作上は無視されます。メモなどに。

#SingleInstance force

は再読込時に確認ダイアログを出さないという指定です。

1::
    Run,C:\hoge\picture1.jpg
Return

がワンセット。1行面が入力(1が押されたら)、2行目が操作内容(c:\hoge\picture1.jpgを開く)、3行目はセット終わりを明示、となっています。Returnの前に操作内容を複数行書けばマクロ(バッチ)として使えます。操作が1つしかない時は、

1:: Run,C:\hoge\picture1.jpg

のように1行で書いてReturnを省くこともできますが、個人的にはReturnで区切った方が見やすいかなと思います。

「1」は色々と多用するので、モディファイヤーキーを追加したいという時は、Shiftなら「+」、Ctrlは「^」、Altは「!」をつけます。例えばCtrl+1を押した時、というのは、

^1::

に変更します。

Windows Media Playerでは全画面表示切り替えはダブルクリックまたはAlt + Enterのようなので、動画を開いた後でAlt+Enterを押すという流れを自動化してみましょう。

2::
    Run,C:\hoge\movieA.mp4
    sleep,2000
    Send,!{Enter}
Return

動画が開ききらないうちにキー操作しても無視されてしまうので、「sleep,2000」で2秒(2,000ミリ秒)ウェイトを入れています。「Send,!{Enter}」でAlt(=!)とEnterを同時押ししています。{}で括るのはe+n+t+e+rというキーストロークではなくEnterキーだよということを明示するのに必要です。なくても大丈夫なケースもありますが経験上あった方が確実に動作することが多い気がします。

AutoHotKeyは他にも色々なことができます。特定のアプリ限定のショートカットを設定したり、逆にバックグラウンドにいる特定のアプリをフォアグラウンドに呼び戻してから操作をさせたり。もしご興味あればこちらの記事もご覧ください。

さて、これで2キーを押すとmovieA.mp4が再生され、一瞬おいて全画面に切り替わるようになりましが。が、実際に運用すると問題が出てきます。Alt+Enterはトグルなので、既に全画面表示している動画がある場合、逆に全画面解除されたりします。また全画面表示時に余計なUIが表示されたりといったこともWindows Media Playerの制限です。そこで他の細かなオプション設定ができるビューワーソフトを使うこと

■VLCで全画面表示

設定の多彩さといえばVLCが定番です。下記の設定を適用することでいい感じになると思います。

・詳細設定項目を表示する

「ツール」->「設定」
左下の「設定の表示」で「すべて」に切り替え

・上記操作を毎回しなくてよくする

「インターフェース」(第一階層)下の「詳細設定オプションを表示」をON

・全画面表示時にスライダーなどのUIを出さなくする

サブツリーの「メインインターフェース」→「Qt」を開く
「全画面表示モードでコントローラーを表示」をOFF

・ファイルを開いた時にデフォルトで全画面モードにする

「ビデオ」(第一階層)を選択
「全画面ビデオ出力」をON

・最初に数秒ファイル名が表示されるのを止める

上記画面で「ビデオにメディアタイトルを表示」をOFF
以上をしたら「保存」をして設定画面を閉じます。これをすると必ずファイルが全画面になり、UIも出なくなるので戸惑いますが、ダブルクリックすれば全画面モードが解除され設定メニューにもアクセスできるので憶えておいてください。
最後に使いたいファイル拡張子をVLCで開くように関連付け設定をしておくのをお忘れ無く。VLCはjpgなど静止画ファイルも扱えるので、動画と静止画が混在していても問題ありません。