『古田さん、それって使いやすいですか?』第20回掲載

Pocket

“使いやすさ”への取り組み / 古田さん、それって使いやすいですか? 第20回 | Ricoh Japan

 早くもリコーさんでの連載、20回目が掲載されたようです。

 トピックとしてはWindows VistaやOffice2007がホットなんですが、企業さんのサイトであんま具体的な他社製品の話で盛り上がるのもなぁ、と思って、更に次世代のOSを妄想してみる、という企画を立ててみました。

 個人的に今注目のUI技術としてタンジブル&アンビエント(2つでセット)と履歴活用系があります。1回で書いてしまう予定だったんですが、おもわず熱が入ってしまい2回に分けることにしました。

 今回、ちょっとしたアイデアを入れてみたんですが、こういう時に綺麗なイメージイラストを作れる技能が欲しいですなぁ(もしくはプロトタイピング能力)。

 ちなみに、ファイルの“重さ”を視覚的に表現しようという試みにはこんなの[keio.ac.jp]があります。HIS2004のポスター発表で賞とったヤツです。発想は良いと思うのですが、ちょっと今のデスクトップから乖離しすぎな感もありますね。実際に大きくなったら邪魔だし(^^;)。今のデスクトップメタファーが通用する世界の中で、上手く表現できるといいんですけどねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)