とにかく書き込みが速い小型USBメモリーが欲しかった

Pocket

久しぶりにネットカフェに行く機会があって、鍵束につけてるUSBメモリーに入れたFireFox PortableやChrome Portableで自前環境を開こうとしたらやたらフリーズしまくりで使い物にならず。一応USB3.0対応だったしPCもCore i3/Windows7ながらUSB3.0には対応していたのに。2年ぶりくらいなので壊れてたのかも。

いい機会なので買い換えることに。PortableAppsからPC側に記録を残さないでUSBメモリ上完結の環境構築をする用なので、動画とかをコピーするようなシーケンシャル性能よりも小さなファイルを扱うランダム性能、それもフラッシュメモリーが苦手とする書き込みの速さに着目して探してみました。また鍵束に常時ぶらさげる為、小さいこととストラップホールがあることが条件です。また今のシリコンパワーのは金属ボディーが非常に熱くなりもしかしてサーマルスロットリング的な状態で性能が落ちてるのかもということもあり(挿してしばらくはちゃんとアクセスできてるのに、一定時間たつとフリーズしたようにアプリが「反応なし」になる)、発熱の様子などもレビューでチェックしました。

結果選んだのはこちら。普通ランダムの書き込みは1MB/sもあればいい方で、中には0.1MB/s以下なんてスクショもレビューに貼られている中、この製品は10MB/sを軽く超えます。フラッシュメモリは容量が多いモデルの方がチップが並列化されていて高速なようですが、こいつは128GB/s以上と64GB/s以下どちらも10MB/s超えの記録が貼られています。用途的には32GBでも充分かと思ったんですが、少しでも性能が上がるならと128GB/sをチョイス。サムネイルでは見えてないですが反対側がストラップホールになっています(Amazon上で他の写真を参照のこと)。

Samsung USBメモリ 128GB Fitタイプ 正規代理店保証品 MUF-128AB/EC

Samsung USBメモリ 128GB Fitタイプ 正規代理店保証品 MUF-128AB/EC

5,480円(02/16 04:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

また用途的にサイトパスワードやキャッシュなどプライベートなデータが残るので、万一紛失してもいいように暗号化機能も検討に入れようとしたんですが、結果的にWindows標準のBitLocker ToGoをでいってみることにしました。Windows 10 ProならUSBメモリーのようなリムーバブルドライブを暗号化できるのです。作成にはPro系SKUが必要ですが、暗号化済みドライブの利用はHome系のエディションやWindows7など古いOSバージョンでもOK。唯一の難点はmacOSで使えないことですが、今回の用途的には良しとしました。

で、我が家の実測結果がこちら。製品としてはUSB3.1対応ですがポートは3.0のはずです。

よし!バッチリ10MB/s超えて来ました。というか書き込みの方が速いすね。暗号化してこれなので立派なものです。USBメモリとは思えない。シーケンシャルもSATAのSSDに迫る感じ。金属ボディーじゃない分、放熱は不利そうですがそもそもそんなに発熱してる気配がないです。触っても温い。

次またネットカフェに行くのが楽しみになりました(そんなに行かないけど)。USBメモリーからブートできるWindows To Goがもっと使いやすいランセンスならWindows環境ごと構築したいところです。あるいはこの性能でUSB Type Cポートもついてる製品があればMacBook/ProやXPSと一緒に持ち歩く仕事用データ交換ドライブにしたい。

BS 4Kチューナー搭載レコーダー導入 SHARP 4B-C40AT3

Pocket

賃貸だし、どうせ当面はスポーツや紀行番組だけでしょ、とあんまり興味をもっていなかったBS 4K放送ですが、改めて調べてみると、以下のことが判明しました。

  • 従来アンテナでもNHKとキー局の放送は受信できる(可能性が高い)
  • 解像度が4KになるだけでなくHDRや広色域規格にも対応している
  • 4K放送帯域確保のために従来BSの画質が犠牲になり、NHKとキー局は1920 x 1080から1440 x 1080に劣化されている(BS11は含まれない
  • NHKでは「ダーウィンが来た」が4Kらしい
  • BSテレ東ではWBSがアプコン放送らしい
  • たまにアニメもアプコン放送されてるらしい

アプコンなら別にいいやと思ってたんですが、単に解像度だけでなくビットレートが潤沢に使えることやHDR/広色域な面でも優位性があるなら、毎日みているWBSも価値がなくはないのかも知れない(放送時間的に店頭で見られないんですよね)、と。

しかしながらウチのBRAVIAにはすでにHDMIポートが残ってない。4Kチューナー買うならレコーダー入れ替えかなぁ。そういえば去年買ったSONYのレコーダーの予約機能は全くの期待外れだったなぁ。SHARPの「ドラ丸」の方が便利だったかもなぁという気持ちが燻っていたので、調べたところ、

  • 4Kチューナー搭載
  • UHDBD再生
  • ドラ丸

というモデルが発売されていました。2TBと4TBのモデルがありますが、その他は同一スペック。PayPay祭りのバックが5万円くらいあり近所のコジマでポイント込み実質でAmazon最安値レベルにしてもらえたので、4Tモデルに特攻。

■ドラ丸とは?

ドラ丸はあらかじめドラマかアニメかや対象チャンネルを選んでおくと、自動的に新番組を4回分まで録画。その後視聴してみて継続設定すると最終回まで録画。なにもしないと勝手に消えていく、という「とりあえず新番組は何話かみてから切るか残すか決めたい」というクラスタにはドツボな機能です。ドラマかアニメかは排他になりますが、アニメ設定に手動でドラマを足したりはできるっぽいです。

SONYのFW2000を買った時点でも存在は知っていたものの、UHDBD再生画質が良さそうとかいうイメージでスルーをしてしまいました。しかし結局UHDBDはアニメ作品はちっとも出ないし、SONYの新予約システムが期待外れだったのが想定外でした。

■またしてもネットワーク設定でハマる

つい先週、同社の空気清浄機をスマホとペアリング設定できなくてハマったところですが、今回もすんなりとは行きませんでした。

  • 有線LANでDHCP情報まではとれる(IPアドレスやゲートウェイ、サブネットマスクは取得)
  • しかし最後の段階で「インターネットに接続できません」となりネット系機能の設定へ進めない
  • Wi-Fiの手動(非WPS)設定しようとするとSSID検索でフリーズ(リセットボタンで強制再起動)

という状態。状況的にLAN内での通信はできてるぽいけど、疎通確認も兼ねたSHARPのサービスサーバーにつながってない、という雰囲気だったのでDNS的な問題か?と当たりをつけて、DHCPサーバーから配布指定しているWindows Sever 2012 R2のDNSサーバーをやめて、手動設定でルーター(RTX1210)に振り向けたところあっさり解決。すんごいレアケースだと思いますが、一応メモ。SHARPレコーダーはWindows ServerのDNSサーバーと相性が悪いのかも知れない。

■UI周りファーストインプレ

UI的な印象はまあ普通。上下左右で選んだフォーカスに対してツール(SONYでいうオプション)であれこでするといった基本的なところはかわらないですし、30秒送り、10秒送りと非対象な秒数ジャンプもちゃんとある。レスポンスはメニュー関係は上々、SONYよりサクサクしてる印象。EPGは最初の読み込みが少し遅延やプチフリがあるけど、全部並んでしまえばそこそこ。4K解像度で番組情報まで直接読めるので便利。チャンネル別で8日間(日曜から日曜)分が見渡せるのが便利。

良かったのは再生中のOSD表示。チャプタースキップや30秒スキップをした時の表示が、Panasonicは右上にタイムバー付きで長い目に出る。WBSをとばしとばし見てる時に、右上の概要テロップにかぶるのがとてもフラストレーションでした。Panaは全録に専念させて普段見て消し用に追加導入しようと思った動機の1つ。細かい点だし趣味的な話でもないけど、頻度でいえばダントツで高い不満だったので。で、SONYはそれが出ないことを確認して買ったわけですが、タイムバーがないこと自体はやや不便でした。チャプターがきちんと入ってなくて「CMスキップのつもりがAパートまるごと跳んでた」みたいな自体が起きなかったかを視覚的に確認できません。最近だと青ブタなんかはOPの後にすぐAパートが始まる構成なので、OPスキップするといきなりBパートになり、しばらく気付かずに見てしまって「あれ?なんか話が跳んでる?」と思って戻る、みたいなことが割と起きていました。んで、SHARPですがそのいいとこ取りです。タイムバーは画面下中央に出ます。感激。ただちょっとレスポンスは落ちるかな。跳んだ先の絵が出るまでにちょっと詰まる。その上タイムバーはとんだ後に出るので目押しもできない、という感じ。まぁこれが実際どれくらい不便かはCMの自動チャプターがどれくらい正確なのかと不可分なのでもう少し使い込んでみないと致命度は不明。

あと残念だったのはリモコンの「ドラ丸」ボタンで電源が入らないところかな。SONYではいつも「録画リスト」一発でレコーダーもTVもオンしてたので。

■スマホアプリはちょっと古い

連携スマホアプリはiOS、Androidそれぞれ3つずつあります。

  • 予約アプリ
  • 視聴、持ち出しアプリ
  • リモコンアプリ

です。SONYのは一本化されてますが、リモコンを呼び出すのにやや手間だったのでこれはこれでアリ。ただどれもいまひとつあまりメンテナンスされてないというか画像パーツが高解像度されてなかったりノッチ端末に最適化されてなかったりと更新頻度が低そうな印象。特にリモコンアプリは放送波切り替えボタンにスカパーがあるくせにBS4Kがなかったり(致命的やんけ)。視聴、持ち出しアプリは有料でお高いめだし、予約アプリはドラ丸の設定いじったりできず、急ぎでとりあえず単発予約入れられます程度。iPadにも非対応。背景がiOS5とかのすごく古い頃のデフォルト壁紙だったりするのでもう長いこと保守されてないぽい。視聴アプリのiOS向けなんてDixim(社外)のを買って使ってね状態です。SONYのアプリは広告がうざいですがそれが原資になってるんですかねw。鴻海マネーでなんとかしてほしいものです。というか個人的にはドラ丸とかまできっちり管理できるなら予約アプリも有料でいいです。

■BS4K画質インプレ

最初に書いたようにあんまり興味もってなかったので店頭でもあんまり立ち止まってみたことなかったんですよね。正式な呼称が4K BSなのかBS 4Kなのかもよくわかってないw。

NHKの4K制作番組はさすがに綺麗。解像度もさることながらフレームレートが上がったヌルヌル感が良いです。ちなみにBRAVIAはHDR信号が入力されると自動的に専用モードになるので設定はほぼいじる余地なくなります。輝度も最大になったり。ので、フレーム補完がどう働いているかは不明。空撮、宇宙なんかは効果が実感できます。こういうのはまぁパッケージソフトをお金出して買うほどでもないのでしばらくは楽しめそう。いずれそんなに見なくはなるでしょうけどw。

アニメはちょうど日曜だったのでONE PIECEを久しぶりに視聴。4Kで放送されてますが制作解像度は不明。いいとこフルHDのアプコンでしょうか。当然前景のキャラクターはベタ塗りで制作解像度なりでボケて見えますが、背景美術で例えば壁のタイルとかはいい感じに解像度出てます。5chの4K8Kでアニメの塗り絵に4Kとか意味ねぇだろ、といって暴れてる人がいましたが、きっと昭和の「テレビまんが」の感覚でしかアニメを捉えてないのでしょうね。手書きの背景美術だったりCGによる夜空や水、花火みたいな演出は解像度はいくらあってもいい。まぁ実際に4K制作することが一般化するのはいったいいつになるやらって話ではありますが。当面はHDRの恩恵の方が大きそうですね。ちなみに昔の劇場映画なんかは35mmフィルムだったりするので、NHKがコロンボでやってるようにリマスターすれば手書きの線の強弱なんかが見えたり(あとゴミもw)して、マニアにはそれはそれで価値がありますね。

一般的な映画なんかはパッケージだったり配信サービスで4Kも見られるようになってきてるので、テレビ放送としてはもっとドキュメンタリーとか普段のニュース、バラエティ、そしてアニメなどを充実させてほしいものです。

 

という感じで、第一印象は本体も連携アプリもソフト面の煮詰め方がまだ足りない感じはしますが、画質厨としてはやっと4Kコンテンツが湯水のようにタダで延々見られるようになったのは嬉しい。AppleTVのスクリーンセーバーばかり眺める日々が終わる、、か?

 

IoTな加湿空気清浄機 SHARP KI-JS50(アプリで機種登録できない時のメモも)

Pocket

2月はまる2週間ちかく実査が続き、風邪やインフルで倒れたらヤバいことになるスケジュール。そこで少しでもリスクを抑えようと仕事部屋にも加湿空気清浄機を設置しようと決めました。

ちなみに現在はリビングにジアイーノBluair Classic、玄関入ってすぐの廊下に防疫用にDyson Pure Coolという我ながらなかなかの高級空気清浄機ラインナップ。寝室には同居人が買ったダイキンのものまであります。重度の花粉症持ちやペットがいる上、σ(^^)自身も最近ハウスダストに目覚めて鼻水がとまらない生活なので致し方なし。

さて仕事部屋ですが、前は安いヒーター式の加湿器をおいてましたがこういうのは切り忘れると湿度があがりつづけPCやNASなど電子機器満載の仕事部屋としては不安なので、きちんとセンサー制御されているものにしたいなとは思っていました。部屋の湿度は低すぎてもウィルスが活動するし、高すぎてもカビが湧きやすくなるので、インフルもハウスダストも防ぐのであれば適切な自動管理が欠かせません。ついでに半信半疑ながらウイルスを不活性化させるイオン系の機能はまぁあればあったで、というくらい。あとやはり意識したのはIoT機能、つまりスマホなどから遠隔制御したりモニタしたりできるといった部分。

てことでSHARPのAI+IoT=AIoT家電シリーズのKI-JS50をチョイス。COCORO AIRアプリでモニタリング、遠隔操作とクラウドAIによる最適化などが利用できます。一ヶ月ほど悩んでたんですが、たまたまノジマで10% OFFセールをやっていて、ヨドバシ/ビックより1万円ほど安く、Amazon最安値と同等レベルだったのでその場で決断。

サイズ(適用畳数)的には5.5畳の仕事部屋にはかなりオーバースペックでしたが、IoT機能がついた最小モデルがこれだったので仕方なし。とはいえフットプリントは抑えめで、手狭で散らかった仕事部屋にも余裕で設置できました。水タンクは右サイドから取り出す形だったのも我が家的には好都合でした。吸気口は背面で時々使い捨てのPET樹脂フィルター(換気扇のフィルターと同じ材質)を交換するか、フィルターを貼らない場合は掃除機で掃除してやる必要がありますが、キャスターがついてて向きが簡単に変えられるので狭いところでもそこそこメンテナンスはしやすそうです。

なお、本機は加湿機能は補助的というか、自分で湿度を指定して加湿することはできません。あくまで室温などを加味して「いい感じにする」という形です。表示部には現在の湿度が出ますが、設定湿度ではないので注意。「うるおい」とかってマニュアルで湿度高めにするようなことはできません。夏などに加湿機能を無効化することはできます。あとは空気清浄機能とセットで「静音」などにはできます。ユーザがいじれるのは「する/しない」の二択ということですね。またヒーター式ではないので結露などのリスクは低いでしょう。目に見える水蒸気がモクモクと出るタイプではないです。その変わりこのタイプは適度にメンテナンスしないと水回りに雑菌がわいたりしやすいですね。それがフィルターやご自慢のプラズマクラスターでどの程度除菌されるのかですが、まぁ昔の製品ほどは気にしなくてもいいんじゃないかなと思っています。最悪でもジアイーノに定期的に排水、清掃しろって言われるのに慣れてきたので、こちらもきちんと衛生的に管理して使うのはそう苦ではないだろうと判断。

効果の程はまだ二日目なのでなんとも。しばらく運転させておいた部屋に入った瞬間にちょっと清涼感的なものは感じはしました。「おまかせ」モードでは比較的パワフルにぶん回し続けている印象。仕事をしたり寝る時にはわざわざ「おやすみ」モードや「静音」モードに切り替えないと気になる風量/音量かも知れません。まぁそこらへんもAIoTでだんだん学習して自動化してくれるようですが、寝室はともかくσ(^^)の仕事部屋の使い方は非常に不定期なので適用も難しかろうなという感じ。上位モデルなら人感センサーもついているようですが、JS50は連携アプリの入ったスマホのGPSで外出判定するのみです。家族ユーザも登録した場合、きちんと全員が外出であることを判断してくれるんでしょうかね?

■スマホアプリで機器登録ができない時のヒント(iOS / Android共通)

まずハマったのが、スマホへの登録。ステップは大きく3つあります。

  1. COCORO ID取得
  2. Wi-Fi接続
  3. アプリに機種登録(端末ごと)

2については最近では割と一般的な方式で、本体を設定モードにして、アプリからWi-Fi設定を流し込むタイプ。設定用一時SSIDにつなぎかえるのがアプリ内で完結する分、iOSよりAndroidの方がちょっと楽ですね。両方ある人はAndroid端末からやるといいでしょう。Wi-FiルーターがWPSに対応してる場合としてない場合で手順は違いますが、ここまではスムーズに進みました。

ところが3.ができない。同じWi-Fiネットワークにつながった状態で、アプリで機器登録をします。これはアカウント毎ではなく端末毎です。複数台のスマホで使う時は都度行わなければなりません。また台数制限もあるようです。で、これがとりあえず未設定機器として候補に登録はされ、名称やよみ、部屋などを入力して設定実行すると、本体もピっと反応し、そこで「パワフルショット」ボタンを3秒押せとアプリに指示が出るのですが、押しても登録に失敗。iOSでもAndroidでも何回やってもダメでハマりました。答えとしては「3秒で離すな、アプリで完了表示が出るまで押し続けろ」です。3秒くらいで本体がピピっとなるのでついボタンを離してしまうのですが、その状態では何度やっても成功しません。ピピっと言われようが我慢して押し続けるのがポイントです。なんでこんなわかりづらい仕様と説明文にしてるんでしょうね。上手くいかない方は是非参考にしてください。案の定、アプリのレビューでは機器登録できないとして低評価の嵐です。SHARP側でもこの不整合を認識してないんですかね。開発環境では3秒でピピっと鳴るよりはやく登録が完了するんでしょうか。とりあえずApp StoreとGoogle Playには書き込みしておきました。

Amatsukazeがスゴかった

Pocket

Anime Locker機に貯まった生tsをエンコするヒマがなくNASに逃がすも色々残量が逼迫していた折り、Amatsukazeという生tsエンコに特化した統合フロントエンドツールの名前を知りました。試してみたところこれがスゴかった。

  • x264や各社ハードウェアエンコード支援に対応
  • CM検出&カット(あるいはCMだけビットレートを落とすなどもできるぽい)
  • 局ロゴ削除(一旦データを作れば、ts内のチャンネル情報で自動選択)
  • 各種リネーム、保存先フォルダ振り分けマクロ実行

などツボを押さえまくりのおまかせ全自動ツール。AviSynthなどのプラグインであれこれノウハウが必要だったところを全部やってくれます。局ロゴ削除はCM明けなどのフェード処理までは面倒くさくてやってなかったんですが、その辺も全部よろしくやってくれて品質も上がりました。唯一気になるというか自分の運用と異なるのはOPやED後のスポンサーテロップが残る仕様なところ。設定でなんとかなるかも知れないですがGUI上では選べなさそうだったし、まぁこれはこれでいいかと思い放置。

CMカット精度もTMPGEncのプラグインと違ってロゴの有無までみているらしく上々。次の番組の冒頭が録れてしまっている場合に残されてしまう(同じ局ロゴなので仕方ない)くらい(特にNHKの某連続放送が多かった作品)。その時はMP4化されたものをTMPGEnc MPEG Smart Rendererで無劣化カット編集しています。ただしその場合チャプター情報が消えてしまうのが難といえば難。

またエンコード後に元tsファイルをSucceededとFailedフォルダに振り分けで移動されるのが、基本読み取りオンリーでマウントするANIME LOCKERと相性が悪く、一旦NASにコピーしてからエンコにかけてたんですが、「テストモード」でバッチ登録すれば振り分けされないことが判明。

画質設定もデフォルトのテンプレートのままでほぼ今まで同等の画質とサイズのバランスになってるっぽい。一応インタレ解除だけこちらの記事を参考にプラグインを追加(24p保存派なので)。残る作業はリネームと番組名やサブタイトルなどのメタデータ書き込みのみ。ここら辺も設定を追い込めば自動化できそうですが、1クール単位でまとめて処理する分にはそこまで負担ではないので未着手。

ともあれ2016年くらいからエンコ(CMカット)するヒマがないものの捨てるのも踏ん切りがつかないで貯まる一方だった番組が数日でごそっと片付きました。ANIME LOCKER機のHDD使用量も90%台後半をキープしていたのが60%台まで空きました。コピー保存先のSynologyも残量警告が出始めてHDD買わないとかなぁと思っていたのがスッキリ。感謝感謝です。

ログがとれるワットチェッカー RATOC REX-BTWATTCH1

Pocket

デロンギのマルチダイナミックヒーターを購入し、消費電力が気になったので測ってみることに。以前買ったワットチェッカーがどこかにあったはずですが見当たらなかったのと、もう少し詳細で長期ってきなログを取りたかったのでこちらの製品を購入。

ラトックシステム Bluetoothワットチェッカー REX-BTWATTCH1

ラトックシステム Bluetoothワットチェッカー REX-BTWATTCH1

6,339円(02/16 04:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

Bluetooth経由でスマホやPCの専用アプリにログを取得することができます。以下はiPhone向けアプリでの画面例。

リアルタイムグラフ
時間単位グラフ
積算電気代グラフ

様々な縦軸、横軸の単位、時間帯別か累積かを選べます。撮影時点で300Wを使っており、19時間に満たない累積で230円の電気代をであることを示しています。1日300円とすると一ヶ月で9,000円くらいの電気代になりそうですね。>マルチダイナミックヒーター

高いといえば高いですが、リビングが常に快適な温度に保たれて静かでって考えるとあり得ないレベルじゃないなという感じ。

■電力計自体のレビュー

アプリが少し不安定です。iOSアプリはバックグラウンドから復帰した時によくフリーズしていて強制終了しないとなにも操作できなかったりします。また2,3枚目の写真のように表示がはみ出ている部分があってレイアウトが練り切れてないなという感じ。標準的なUIコンポーネントだけで作られてるみたいですし、あまり予算かかってない感じ。

Android版に至ってはペアリング自体できていません。もしかするとマルチポイントのペアリングができない??当面iOSで用が足りるのでまぁいっかというところです。

でもまぁ一応動いてるし、スマートメーターを導入できない環境ではありがたい製品だと思います。