新しい猫とペットケアモニター、初手失敗…

Pocket

我が家に新しい猫様をお迎えすることになりました。2年弱前に亡くした猫と同じメインクーン、ブランタビー、女の子、そして静岡出身。まだ血統書が届きませんがもしかすると遠縁の可能性もあるとのことです。自分的には初の仔猫なので色々試行錯誤です。

ここ最近、同居人のモチベーションが高まっていたというか、「飼おう」と決めたわけでもなく、ペット用品を買うついでに生体を見てはいたんですが、先日たまたま某ショップの公式サイトのリストを見ていて、2駅ほど離れた支店に上記のように前猫に似ている子がいるというのを見つけ伝えたところ、速攻で見に行くことになり、その場でほぼ即決の勢いでした。曰く「ここ1年探していてダントツで可愛い」と(探してたのかよ!)。ちょっとお腹がゆるくて展示を控えている状態だったんですが、だっこして即内金入れてました。まぁその後で本当に飼うのか話し合いがもたれるかなと思ったんですが、なんかもう議論の余地無しという形で押し切られました(笑)。数日後無事健康状態的にもOKとなり正式にお迎え。

さて愛くるしい写真などはどこかのSNSアカウントに匿名で上げまくるとして、ここはガジェット主体のブログです。前の猫は病気に気付くのが遅れてしまった反省があり、SHARPのIoT猫トイレを導入してみました。上記の経過観察期間中でしたがau Pay祭りで2割引きだったので店頭注文。まぁお迎えできなかったり使ってもらえなかったら実家にあげてもいいかなと。

シャープ 猫用システムトイレ型ペットケアモニター HN-PC001-W

シャープ 猫用システムトイレ型ペットケアモニター HN-PC001-W

21,780円(02/20 17:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

本製品はSHARPがペット業界初参入としてリリースしたトイレ製品で、

  • トイレに入った時刻、滞在時間
  • 猫の体重
  • おしっこの量

をクラウドに記録してくれて、異常な変化があった場合にお知らせしてくれる、というものです。猫は尿路系の疾患にかかりやすいのですがなかなか飼い主は気付けません。トイレに頻繁に出入りしているのに排尿していない、みたいな症状は危険サインなのですが「おしっこした」ことは事実としてペットシーツを見れば観察できるものの、「(入ったけど)していない」ということはかなり気をつけていないと見逃しがちです。それをIT技術で気付かせてくれるというわけです。

また体重についてもいつのまにか痩せている、というのはなんらかの病気のサインで早めに気付けるならそれに越したことはありません。月330円の有料サービスではありますが全然許容範囲ですし、ハードウェアの売り上げだけでは製造終了後にサービスを維持できずとっととサービスまで終了してしまうかも知れません。クラウドサービス単体でビジネスが持続できる体制になってることは安心材料と捉えられると思います。是非販売終了後も10年、15年くらいはサービスは継続してほしいものです。

基本的には部屋のWi-Fiに接続して自動で通信する仕組みですが、自宅に常設のWi-Fiがない人向けにBluetoothでスマホを通信して、アプリ経由でクラウドにアップすることもできます。本体内にデータを蓄積して、利用者が帰宅してスマホが近くに来るとスマホに転送し、スマホからクラウドに同期するという感じ。この場合は当然ながら「トイレを使った」みたいなリアルタイムの通知は機能しません。最大限活用するなら自宅にWi-Fi環境が必要という感じです。

また多頭飼いの場合は、個体識別のための首輪にとりつけるビーコンチップがあり、現在は10頭まで識別できます。

電源はDC 5V/1Aです。さすがにコネクタはUSBではなくセンターピンのものですが、サイズさえ揃えれば代替品の入手は難しくないでしょう(将来メーカー生産終了になっても)。またこの電圧なら猫がもし囓っても感電はしないとFAQに書いてあるのも頷けます。

一番気になるのはフタ/屋根がないオープンタイプということ。匂いが心配なのと、猫も密閉感があった方が安心して用を足せるのではないという点。ちょっと気軽に3Dプリントとかで自作できる大きさではないですが、いざとなればなんか考えてみようと思います。SHARPさん、CADデータ公開してくれないかなー。というか後付けパーツ発売してくれないですかねー。

■消耗品について

原理的にはシステムトイレで、ひのきの猫砂でウンチを吸着しつつ、おしっこは編み目の下に流れてその重さを量るようになっています。下のペットシーツをしいたトレイ部分が量りに載っている状態。

一応猫砂とペットシーツは専用品が用意されています。特に猫砂は仕組み上、尿を吸わないで下に落とすタイプである必要があります。鉱物系で尿と一緒に固まるようなタイプだと量りに尿が落ちずに計測できないのです。

ただそこは消耗品ビジネスかと思いきや、なんとSHARPさんは市販の猫砂をいくつか検証してリストを公開してくれています。中でもSuper Cat社の8Lのものが安かったのでこれまたau Pay祭りでヤマダ店頭で2袋ゲット。

■実はまだ使ってくれない、そしてそもそも仔猫は対応してなかった…

現在お迎えして二日経ちますが残念ながらまだ活用してもらえていません。仔猫には少し高さが高いのも気になっていますが、もっと高いコタツとかにも平気でジャンプしているので、物理的に登れないことはなさそうです。猫製品はこういうところが難しいです。喜ぶと思ってオモチャやベッドなどを買っても使ってくれるかは予測不可能です。これからしつけにチャレンジです。

また買ってから仕様表をみて気付いたんですが対応する猫の体重が1kg以上となっています。一応現在の体重が500gと1kg未満でもほぼ正確に計測はできていますが、動作保証範囲ではないということでしょう。

 

この製品、知名度が低いのかブログやYouTubeでもレビューがほとんど見当たらないのでとりあえず記事にしてみました。活用できるのはもう少し後になるかも知れませんが、追々報告しようと思います。SHARPさんには諦めずに是非サービスを持続させていってほしいものです。

ホテルでもLANを構築したい。多機能モバイルルーターGL.iNet GL-AR750S

Pocket

最近ホテル泊まりの出張が多いです。最近のホテルは有線または無線のインターネット接続が当たり前についていますが、基本的に端末間の通信ができないようにされているため、複数の持ち込みデバイス間で通信させようと思ってもできません(たまにザル設定でできたりもしますが、自分以外の端末も見えてたりしてそれはそれでゾッとする)。

従来はdocomoのモバイルルーターHW-01Lを持ち込んでいました。これはクレードルのLANポートにホテルの有線LANケーブルを接続すると自動的にAPモードに切り替わります。どうにもホテルの回線が遅い時はケーブルを抜けばWAN側がSIMによる通信に切り替わり、Wi-Fiにぶらさがる個々の端末は設定いじらなくて済みます。あるいはホテルにWi-Fiしかない場合も、HW-01Lは公衆無線LANモードがあり、WAN側をホテルWi-Fiすることができます。ただしどうもこれはルーターが電源供給されてないとダメだったり5GHz to 5GHzで使えなかったりと制約がありイマイチ。

またPCに動画ファイルを入れてSMBやDLNA、HTTP経由でスマホやOculus Questにストリーミング再生しようとすると、PC側を有線にしないとカクつくことが判明。HW-01LのWi-Fiは867Mbpsとモバイルルーターとしては高速な部類にも関わらず(もちろんPCもスマホも867Mbps対応機種)。スマホ/Oculusは仕方ないとして、PCを有線でルーターにつなぐと問題ないという実験結果に。しかしHW-01LのクレードルにはLANポートが1しかありません。SIMでつなぐ時はいいんですがホテル回線が十分高速な場合はWANとしてそちらを活用すれば自分のギガを消費せずにすみます。しかし単なるハブでクレードルのLANポートを分岐するだけでは、ホテルのWAN回線を使いつつ、PCをLAN内の端末と通信させる、という両立はできません。HW-01LはWAN接続(この場合ホテルの有線LAN)を検知した時点でルーターモードになってしまい、ハブでつながったPCもまたホテルのDHCPサーバーからIPをもらってしまいます。

長々と書きましたが、結局のところ

  • WAN側とLAN側でそれぞれに有線LANポートがついたルーターが必要
  • さらにWi-Fiアクセスポイントもあるといい
  • しかし家庭用は大きすぎるので、小型でかつ電源アダプタも持ち歩かなくて済むようUSB 5V駆動してほしい

というのが今回のニーズです。

国内メジャーメーカーのルーターはすべて小型とは言えず、電源も丸プラグのものばかり(多分12V)。ホテル用でWAN/LANポート1つずつのものは小型だけどWi-Fiはついてない、という状況。

しかし海外製品で見つけました!こちら。

サイズもふとプリントは小型スマホ並みで、きちんと技適も取得しています。OpenWRTというLinuxベースのオープンソースのルーターOSを搭載しており、追加パッケージで機能増強もできるようです。唯一惜しいのはWi-Fiが5GHz対応とはいえ433Mbps止まりな点。HW-01Lからすると半分に落ちまる。しかし結果を先に書いておくとほぼ問題ありませんでした。

■GR-AR750S(Slate)はこんな製品

  • OpenWRTベースのLinuxで動く小型ルーター(SSHでシェルログインも可能)
  • micro USB端子による給電で動作する
  • 有線ポートはWAN用1、LAN用2
  • Wi-Fiは2.4GHzに加え5GHz対応(11ac/433Mbps)
  • microSDカードやUSB2.0端子に接続したファイルをSMB共有可能

など。VPNのサーバー/クライアント機能もあるようですが残念ながら事前共有鍵によるL2TP/IPSecには非対応の模様。公式サイトのフォーラムでも互換性の問題があって無理と中の人がコメントしてましたので現状では望みが薄そうです。ただ自社・自宅のVPNでなくいわゆるVPNサービスにつないでアクセス元を偽装したり、Cloudflareの暗号化DNSを使ってプライバシー保護(ホテル側のルーターにアクセス先を特定されにくい)周りは充実しているぽい。これもしかして海外から日本の動画配信サーバーみたりするのにも使えるのかな?まぁVPNサービスのスピードがネックになりそうだけど。

SMBサーバーになるのは嬉しい余禄でした。宿泊先で消化用に録り貯めた動画ファイルを入れたHDDを、いままではPCにつないで共有し、スマホや部屋のテレビにつないだスマートTV端末で見ていたんですが、これにPCを使わなくてよくなります。PCだと一定時間アクセスがないとスリープしちゃったりして地味に不便だったり。パスワードはかかりませんがLAN内なので問題なし。Oculus QuestのPigasusやSkybox VR Playerからでも問題なく視聴できます。4K超の高ビットレートの動画もほぼ問題なし(シークしてもほぼ一瞬。たまーに一瞬止まるファイルも)。

■ただし日本語UIの訳はかなりヒドいw

実用上、害があるとするかは微妙ですが、管理WebUIの日本語訳はかなり適当です。

画面キャプチャ写真

これはネットワーク設定画面ですが、「キャンセル」と並んで「アプリケーション」というボタンがあります。なんのこっちゃですが、位置的に考えて送信/確定ボタンとみて間違いないでしょう。Apply辺りの誤訳だと考えられます。こんな感じで「ん??」って思うところが散見されます。ボランティアでもうちっとマシな訳をコミットしようとOpenWRTのGitHubリポジトリを覗いてみたんですが該当箇所は不明。どうも基本設定の部分はGL.iNet社オリジナルのようですね。「高度設定」という画面以降はOpenWRTの画面に遷移するっぽい。ではとGL.iNetのリポジトリでもファイルを探しても見つからず。とりあえず、SSHログインして、/www/src/lib/lang/en.jsというファイルに(enという名前だけど)各言語の文言リソースが入っているのを発見。しかし書き換えてみても反映されませんでした。本製品はVue.jsで実装されてるっぽいですがなにかしらコンパイルが必要そうでギブアップ。とりあえずサポートに「次のリリースに反映してくらたら嬉しい」と書いて送ってみたところ、「ありがとう。開発者に渡しました。反映はコンパイルが必要。」とのこと。手元で試せるならもう少し真面目にやろうと思いましたがコンパイル手順は書いてなかったのでおとなしく次期リリースで少しはマシになると期待。

またローカライズという意味ではとてもヤバそうなのが5GHzの帯域。デフォルトでW52/53/56以外のチャンネルが選べるようになっておりautoでは案の定つながらなくてハマました。W52はいいとして、W56よりも数字の大きなチャンネルが選べるようになっており、当然それだと日本で流通している一般的なWi-Fiデバイスからはつながらないことになります。これも少しSSHして中を探ってみたところ、/var/5G_channelというテキストファイルがあり、これを修正すると設定UI上のプルダウンメニューからも消えることがわかりました。36-48はW52なので日本でも問題なし。149以降は日本で使われてないチャンネルですね。

ただこれを書き換えて反映させても、再起動すると元に戻ってしまう模様。またW53やW56のチャンネルを追加したとしてもDFUがキチンと働くかわからないのでとりあえずW52の4chのいずれかに固定して使っておくのが無難かもしれません。これもサポートに聞いてみようと思います(こんなんで本当に技適とおってるんかしらw)。

■WAN側をUSBテザリングにしてみる

管理画面をみると対応してるっぽかったので、iPhoneとHW-01Lの有線(USB)テザリングを試してみました。結果、どちらも「ホットスポット共有」というモードになってインターネットにアクセスすることができました。iPhoneのSIMはいちばん速くギガも60Gあるdocomo回線なので、さくっとそれを共有したい時は便利かも。iPhone側はインターネット共有をONにするだけで特に設定は不要でした。

HW-01Lは自分でいじったか覚えてないですがLAN IPが192.168.8.0/24だったので本機の初期値とかぶって警告がでました。本機は主ネットワークが192.168.8.0/24でゲスト用が192.168.9.0/24になっていました。とりあえず主ネットワークを192.168.7.0/24にして対応しました。

 

ともあれ1万円しない価格でこれだけのサイズと機能の製品はレアで価値がある気がします。ホテル滞在が快適になりそうです。

Surface Pro Xには現状MicrosoftマウスしかないのでArc Mouseを買った

Pocket

Surface Pro Xは32bitアプリケーションは動きますが、ハードウェアのドライバーは32bit用であっても使えません。

例えばマウスやWebカメラ、外付けHDD、フラッシュメモリなど標準ドライバーで使えるものは大丈夫なんですが、例えばマウスでも左右ボタンとホイール以外の付加機能を使うために専用ドライバーをインストールするものはアウトです(左右ボタンやホイールは普通に使えます)。私は形状のフィット感も重視しますが、多ボタンマウスに色々なショートカットを割り当てるのも好き。てことで、Surface Pro Xでノマドする時もたまにマウスが欲しくなるなと思い物色。

が、現状Arm64ドライバーを提供しているマウスメーカーはMicrosoftのみでした。魅力的なマウス製品が多いLogicoolは現状x86の32/64bitのみ。SetPoint自体がもう1年くらい更新されていない模様。BUFFALOやELECOMなども記載すらありません。先日買ったELECOMのトラックボールは32bitインストーラーは入ったように見えますが、設定ツールを起動すると対応ハードが見付からないと言われて使用不可(繰り返しますが、カーソルは動くし左右クリック、ホイールもできます)。

仕方ないのでMicrosoft製品からチョイス。左右ボタンとホイールしかないものは除外。水平スクロールに加えてもう1、2個カスタマイズできるボタンが欲しい。そしてモバイル用だからあまり大きすぎないもの。

Precision Mouseはとても手に馴染むしホイールもいい感じですが、さすがに持ち歩く用にはデカい。いつかデスクトップ用に使ってみたい。

次に候補に挙がったのはScalpt Confort Mouse。左側の青いボタンがクリックに加え上下フリックにショートカットが使え3wayで使えます、実売価格も安い。しかし終息気味なのか店頭デモ機が見当たらずホイールの感触などが試せなかったので保留。安いのでいずれ自宅用とかでもっておいてもいいかなとか。

で結局買ったのがArc Mouse。形態時は真っ直ぐに伸ばすことで非常に薄くなるので最薄バッグでSurface Pro Xと持ち歩くにはベスト。として使う時は猫背のように曲げることでそこそこ持ちやすくなります。このタイプはもう出て数年になりますが、最新型はタッチパッドライクになっていて垂直スクロール以外にチルトスクロールも利用可能。また三本指タッチにショートカットも割り当て可能。チルトスクロールと三本指ショートカットには専用ツール「マイクロソフト マウスキーボードセンター」での設定が必要ですが、こちらはArm64版があるのでSurface Pro Xでも大丈夫。さすがMS純正!。

なお、このシリーズは、「Microsoft Arc Mouse」の名前と「Surface Arc Mouse」の名前それぞれでカラバリが4色くらいずつありかなり悩みました。単体でみるとコバルトブルーが良さそう。ただしSurface Pro Xのブラックのボディ&キーボードに並べて使うには浮きそう。ということでビックカメラ店頭まで展示機を見にいって検討。結果としてやっぱちょっと違うな、、ということで無難ながら2千円ほど安いブラックをチョイス。

■ファーストインプレ

Surface Pro Xのペン付属のSignatureキーボードはキーボード面がかなり濃いダークグレー、外側のアルカンターラはグレーという色味です。なんで真っ黒いマウスだとどうかなと思ったんですが、まぁこうして見ると悪くはないかな。

モバイルマウスは携帯時に無駄に電池を消費しないようにスイッチを入り切りするのが微妙に面倒だったりしますが、Arc Mouseは収納のために伸ばすという動作と統合されている為、意識せず無駄を省けていい感じです。バッテリーは単4 x 2本。付属電池が切れたら軽めの充電池にしてみようかな(最近はeneloop liteはなくなりお手軽版とかいうダサい名前になってますが、むしろAmazonブランドの電池の方が軽いみたいですね)。

前方のスライドパッドの部分の感触はスベスベでとてもいい感じ。また一般的なホイールや初期Arc Mouseのように左右ボタンの真ん中を狙わなくても、左右ボタンに指を置いた状態で前後に動かしても垂直スクロールができる、というところが隠れたアドバンテージな気がします。

欲を言えば、

  • サイドにカスタムボタンが1,2個ほしい
  • 電池式ではなくUSB 5V充電式だとよかった
  • せっかくスライドパット的なデバイスなので、本当にワイヤレストラックパッドのように使えるモードがあると面白そう

というくらいでしょうか。

ちなみに3本指クリックですが設定項目としては以下のようなものがあります。必要充分かなと思います。キーボード操作のアサインでCtrlキー単体の割当ができない(Ctrl + 何かのコンビネーションのみ)かと思って焦りましたが、一番下の方に単独で各種モディファイアキーもありました。ただまぁ常時三本指をパッド上に置いているわけではないので、わざわざ指を再配置するくらいなら左手でキーボード操作をしちゃいそうな気はします。

割当設定画面

幸いにしてMicrosoftのラインナップでなかなか良いマウスを見つけることができましたが、やはり選択肢は広いにこしたことはないのではやくLogicoolにもArm64ドライバーの整備を期待したいものです。

HyperJuice 世界最速&最小 100W GaN USB-C Chargerが到着

Pocket

本日もまたUSB-C Power Delivery充電器沼に新顔が到着。Surface Pro Xを買うよりも前からKickStarterで出資(予約)していたものです。

特徴は流行のGaN(窒化ガリウム)タイプの小型充電器で、「クレカサイズで100WのUSB PD充電器」という謳い文句です。

  • 合計100WのPower Delivery対応USB-Cポートx2(同時合計100W)
  • 18WのUSB Aポートx2
  • クレジットカードサイズ(?)
  • コンセントプラグ折りたたみ格納式
  • 海外用コンセントアダプタ3種付属

という特徴です。コンセントプラグ格納部分まで含めてほぼクレジットカードサイズというのは現状オンリーワンな気がします。HyperJuiceといえば、Macの電源アダプタがMagSafeだった頃からモバイルバッテリーを販売していた老舗なので、全くの無名ブランドよりは信頼が置ける気がします(印象)。

ここで私のUSB PD充電器沼コレクションを並べて見ましょう。USB-CのPower Deliver規格は様々な電圧x電流=電力の出力使用があり、単一のコネクタ規格のように見えてその出力性能が違います。LightningでもiPhone用充電器をiPadに使うとなかなか充電が進まないのと同じか、もっと極端な差が出ます。特にUSB PDはノートPCでも採用が進んでいるので、知らないでPD 18W程度の充電器でノートPCに充電しようとするととんでもなく時間がかかります。

Mac Book 12’が出た2015年頃、充電器もモバイルバッテリーもPD対応、しかも容量が大きいものはAplpe純正以外では入手が難しかったですが最近はようやく色々選べるようにはなってきました。同時に少しでも小さいもの、ポートが多いものが欲しいというモバイラー欲が強いと、常に最新のより出力が大きく、かつサイズが小さいものを追い続ける沼にハマるのです。

写真の左から2番目がMacBook Pro 15インチモデル付属の87Wタイプです。ちなみに写真にはありませんがMBP13インチだと67Wです。普通の使っている時やスリープ中ならこれより小さい出力のアダプタでも徐々に充電されてきます。ファンが全開になるような電力消費中でも負けずに給電できることを保証しているのがこの付属充電器の出力量だと考えます。

さて比較的以前に買ったのが真ん中のPHILIPSの48Wのもの。これもクラウドファンディングでした。Cポートは2あり、1つが48W、もう一つは18Wまでです。なので軽量級のノートと同時にPixel3を最大スピードで充電できる位のパワー感。Apple 87Wよりはやや小さくポートも多いので気に入っていました。

その後で出たのが左端のAnkerの100Wタイプ。MBp15よりさらに大きい、というかPD規格を逸脱する130Wという充電器が付属するDELL 9575を充電するようにと買いました。しかしデカい。さらにコイツは異常発熱の可能性があるということでなんとメーカー回収になってしまいました。しかし100Wというのはオンリーワンなので、手放すのが惜しくてまだ手続きしていません。今回同じ100W機が来るのでようやく心置きなく返品手続きしようかなというところです。何回か使いましたが温かくはなるものの触れないほど発熱したり発煙したりといったことは今のところなかったです。是非改良版を発売してほしいものです。

次に右端がつい先日Surface Pro X用に買ったRAVPowerの61Wの超小型1ポート充電器です。これをもって2回ほど出張に行きました。終日途切れ途切れに使う限り電池が切れる不安もほとんどないSurface Pro Xですが、それゆえに「一応もっとく用」としてなるべく小さなものが欲しくて買いました。ただSurface Pro Xは非常に薄いのでバッグも薄いものにしていて、このキューブに近い形状ややや膨らみが気になっていました。また結局スマホ用充電器が別途必要だったり。

さて、そこで今回の新たな沼メンバーHYPER JUICEさんです。サイズはクレジットカードサイズ(後述)ということでPHILIPSとRAVPowerの中間。厚みはそれら以下。奥行き方法にやや長いという感じ。しかし出力は最大クラス。2ポート合計で100W。1つ挿すだけなら100WフルでノートPCを充電します(実際にはノートPC側の受け入れ電力が上限になります)。ノートPCとiPad Proなんて組み合わせで使ってもそこそこフルスピードいけるはず。というか公式サイトではMacBook Pro 15’を2台同時に給電と書いてあります。さすがに50Wではフルスピードで充電はできないかもですが給電して連続しようくらいならいけるということでしょうか。RAVPowerよりは大きいですが薄いのでむしろバッグによっては収まりがよく、なおかつポート数が大きい。

背面をみてみましょう。AnkerとPHILIPSはメガネプラグのケーブルを挿して使います。付属ケーブルもありますが、一般的なコネクタなので、自分の好きな長さを持ち歩き用に購入しても良いでしょう。Appleは脱着式かつ折りたたみ式です。バッグ内で収まりが良いです。RAVPowerと今回のHyperJuiceも折りたたみ。HyperJuiceは折り畳んだ状態で海外プラグもアタッチメントでつけられる点が新しいです。唯一気になったのはHyperJuiceのプラグを折り畳んで格納する部分の白い両先端がやや尖っていて指が当たると痛いです。ケガをしたり鞄の中でなにかを傷つけるほどじゃないかも知れませんが、「ここもうちょっと丸くてよくね??」という気がしました、そのうちヤスリでちょっとだけ削ったろかと…

あと外装ケースはほど良いシボでAppleほどツルテカではないので持ちやすいし傷も付きにくそうな印象です。逆にコンセントプラグが直生えであることで集合タップなどで挿せないこともあろうかと思います。そいう時の為に、なんらかシャトルケーブルやミニタップなどを買い揃えておくといいかも知れないですね。やや本末転倒ですが。

 

で、公式の「クレジットカード大」について詳細にチェックしておきましょう。まずカードの幅方向はピッタリと言えます。厚みはまぁ数十枚分てとこでしょうか。微妙なのは縦ですね。写真のように真ん中に揃えると上下ともエッジがカーブしていくところくらいがハミ出ています。まぁ再度の完全フラットな目がほぼクレカサイズだね、と言えますでしょうかね。

現状、この商品はまだ国内一般流通はしてなさげ。ただいまでもKick Starterで注文可能かな?本稿執筆時点で3月予定のようです。

2020.2.7追記:

フォーカルさんからもほぼ同じスペック、というかOEMじゃないかってレベルの類似品が4月に出るっぽいですね。こちらはおそらく普通に家電量販店やAmazonといった流通経路に出回るでしょうから、普通に買いたい人はこれを待ってみるのも手かも知れません。

Surface Pro Xと日本語入力

Pocket

Surface Pro Xの日本語入力周りについて少しアップデートがありました。

個人的事情、環境も含め現状のおさらいとして、

  • ATOKで32bitアプリへの入力はできるがArmネイティブアプリに対しては起動せず入力できない
  • IME ON/OFFを変換/無変換キーに非トグルでアサインしたいが、MS-IMEでそれをしてもいまひとつ不安定

という不満があります。せっかく(Pro Xでパフォーマンスやバッテリー保ちが向上するはずの)Chromium版EdgeのDev版にArmネイティブバージョンが出ているのに、日本語入力ができないのでは使い物になりません。ちなみに同じEdgeで32bit版(正式版)とArm版(β)で比較ベンチをした結果はこちら。

■Windows 10 2004 UpdateならATOKが使える?

まず価格.comにてInsider Programで「Windows 10 2004」入れてるけどATOK問題ない、という投稿がありました。Windows 10の2004というのは少し前まで20H1と呼ばれていたもので、20年の04月Updateで2004です。いまの1909 Updateの次ということですね。これがいまβ版というかSlow Ringというステージにあって、申し込めば先行してインストールすることができます。

なるほど、ATOKではなくWindows側のアップデートで(ATOKがArmソフトに対し入力できない問題が)解消するかもという視点はなかった。ということで書き込みを信じて早速アップデートしてみました。

が、ウチでは2004 Updateを入れてもダメでしたorz。念のためATOKをアンインストールしてから再インストールしても同じ。基本的に1909の時と状況は変わっていないように思えました。

■しかしMS-IMEの更新があった

さて、「やっぱりATOKダメだったから、またしばらくMS-IMEを使うか」と思っていると、またしても変換/無変換キーにON/OFFアサインをしたのがリセットされているのに気付きました。またかー、と思って再度設定をしようとすると、、

なんといわゆるUWP的な「設定」ウインドウの中で起動キーアサインが変更できるようになっていました。従来は昔ながらの「プロパティ」ウインドウを開いて、キーカスタマイズで、無数になるキーと機能とステータス(変換中文字列ありなしとか)を組み合わせて設定する方式でした。IME ONにするべきか「ひらがな」を割り当てるのかとかも悩ましい。

それが

  • まずキーテンプレートとしてMS-IME/ATOKを選ぶ
  • 次に「全/半」キー以外でMac派やUNIX派の人が使いたがりそうなキーアサインについて、IME ON/OFFを個別にアサインする(写真)

てな感じになっています。

これはシンプルで良いですね。早速、写真のように無変換キーにIMEオフ、変換キーにIMEオンをアサインしました(どちらかにトグル動作でアサインも可能)。そしてまだ短時間ですが実際の動作がとても安定している気がします。

これならば変換精度と辞書同期の有無などATOK独自の特徴をのぞけば、当面私の日本語環境、キーボード環境としてはかなりストレスが減りそうです。Surface Pro Xの満足度がまた1ランク上がった感あります。またWindows 10を2004にしたことによる不具合も今んところは遭遇してないです。

JustSystemsさんには是非「あれ、オレATOK Passport契約してなくても生きていけるんじゃね?」って気付いてしまう前に正式対応版を出してほしいものです。