Perplexity Proが1年無料なのでLINEMOを契約した/Edgeで簡単に呼び出せる設定も

Pocket

■生成AIサービス購読の悩み

ChatGPTなどの生成AIサービス、色々ありますよね。ChatGPT、Copilot、Claude、Geminiなど。そしてそれぞれが有料の上位プランを提供しており、一般に

  • より高精度なモデルの利用権
  • 応答が高速
  • 画像生成やアップロード回数

などで無料プランとの差別化を図っています。

上位プランは月額3千円($20)程度が相場です。

自分はプログラミング支援に特化したGitHub CoPilotを契約しており、この上更に一般用途の有料AIサブスを契約するのはちょっとキツいなぁと思って躊躇していました。

そんな折、Softbankが自社スマホ契約者に向けてperplexity Proが1年間無料になるオプションを発表しました。perplexityはChatGPTやClaude、Gemini(日本未提供?)を使い分けられるプロキシー的なサービスで、Youtuberのドリキンさんも何度か愛用してると語っていたもので、有料版であるProは執筆辞典で月額2,950円、年額一括払いすると2カ月分お得になって29,500円となります。ChatGPTの上位モデルであるChatGPT-4oやClaudeのClaude3 opusが利用できるので、それぞれは個別にサブスク契約するよりもお得と考えられます(厳密には個別契約にもなにかしら付加価値があるかも知れません)。

自分はSoftbankユーザではなかったのですが、今回のキャンペーンはサブブランドのY!mobileやLINEMOも対象。LINEMOであれば月額980円~のミニプランがあります。通信量に応じて料金が上がっていく半従量プランですが、使わずに寝かせておけば月額980円の支出で2,950円のperplexity Proが使えるということに!更に執筆時点のキャンペーンで新規契約者に7か月後にPayPayポイント5,940Ptが還元されるので、1年の約半年は実質無料とも言えます。

現在自分のメインiPhoneはdocomoの使い放題プランで、圏外時のバックアップに基本料無料のpovo2.0をeSIMで入れています。ただpovo2.0だとトッピングがない時は128kbpsなので例えばSNSでも写真とかあると結構めんどい。たまたま建物の奥とかで一時的にdocomo圏外の時に、わざわざトッピングまでして使うかとまではいかず、ほぼ役に立っていない状態でした。このバックアップをLINEMOにすれば月3GBの範囲でバックアップとしても有用なんではないかという判断も。

そんなこんなの判断でサクっとLINEMOを新規契約してiPhoneの第三SIM(第二eSIM)として設定しました。iOSの仕様で同時に有効化できるのは2回線までなのでpoco2.0を休眠状態にし、docomo + Softbank体制です。

■速いぞLINEMO!これならSBメインもありか?

速度計測してみるとこれが速い。サブブランドだからといって絞られてたりはしなそげ。もう少し継続的な観察は必要ですが、混雑時間帯でも極端に遅くならないのであれば十年ぶりくらいにSoftbankメインに返り咲きもありかなぁと思ってたりします。私用のdカードGOLDが改悪されて使いづらくなってるので、家計用に使ってるPayPayカード側に特典を寄せてくのもアリかなとか。ただドコモ光をSoftbank光に替える気はあんまりないので、その辺も含めておいおい検討かなと。

■perplexity Pro特典ゲット

これといって罠もなくLINEMO契約者として1年無料契約をすることができました。

サイトロゴに「pro」マークがつき、AIモデル、画像生成モデルで選択肢が以下のように増えます。

AIモデル選択肢(執筆時点)
画像生成モデル選択肢(執筆時点)

デフォルトや「Sonar Large 32K」も含めて、どれをどう使い分けていくべきかはそれはそれで悩ましいですが、思った結果が得られない時に変更して試してみようと思います。どうせなら設定画面に潜らないでも切り替えできるといいんですが、、

ちなみに最近はChatGPT系のMicrosoft CoPilotに代わりClaudeの無料版を使うことが多かったので、現在のところClaude Opusメインがいいかなーと思っています。新しく追加されたClaude Sonnetも気になるところですが、この画面写真をみるに処理速度のSonnet、精度のOpusという感じなんですかね?

GoogleのGeminiはまだ表示されないぽいです。

■ブラウザ(Edge)で素早く呼び出せるようにする

CoPilotよりClaudeと書きましたが、なんだかんだでCoPilotを使うこともまだまだあります。なんといってもWindowsやEdgeでは素早く呼び出せるので、単なる検索ならCoPilotで済ませてしまうことも多いです。

そんな感じで結局CoPilotばかり使ってたら課金した甲斐がないので、素早くperplexityにアクセスできる方法を模索。Edgeの場合検索エンジンとして登録することで手早く利用することができました。こちらの記事を参考に設定。

https://note.com/sangmin/n/n08ec8100a8ee

結果として、Edgeのアドレスバーで「pa」と打ってスペースまたはタブを押すとアドレスバーがperplexityの検索欄相当になり、検索語(プロンプト)を入力してリターンするだけでperplexityの結果画面にとびます。GoogleやBingを完全に置き換えることは現状できなそげですが、逆にこの機能使いこなせばかなり便利になりそう(知らなかった)。特定のショートカット文字+スペースまたはタブで任意のサイトの検索ができるので、他にも、am=Amazon.co.jp、yd=ヨドバシ.com、bc=ビックカメラ.com、kk=価格.com、dg=このブログ、などを一挙登録。めちゃくちゃ捗る。もっと早く知りたかった。なおショートカット文字は別に2文字でなくてもいいんですが、上記記事に倣ってみました。perplexityだからperじゃね?と思って変えてみたんですが、やはり脳内で発音する音に即した方がしっくりくるな思い、結局記事にある通りpaにしました。

■まとめ

月3千円はなーと思っていた有料サブスクAIですが、Softbankが回線契約者向けの1年無料プランを打ち出したおかげで当面は手軽に使えそうです。Softbank回線契約がない人もLINEMOを契約すれば実質980円以下、キャンペーンの還元も考えればさらに半額程度で使うことができます。有料AIを積極的に使いたい人、お試ししてみたい人にはお得なんじゃないでしょうか。

(本記事は案件でもアフェリエイトでもありませんw)

高機能なモニターライト、Benq ScreenBar Proを導入

Pocket

今まで興味はありつつも手を出せずにいたガジェットジャンルがあります。モニターの上に装着するバー状のLEDライト機材(以下モニターライト)です。これは設置位置こそモニターの上ですが、目的は画面を照らすことではなく、デスク上の手元を照らすためのものです。モニターとデスク周りの輝度差を抑えて疲れ目を軽減できると言われています。ホームシアターなどでもテレビ背面の壁を間接照明で照らしたりするのと同じ理屈だと思うんですが、モニターばかりがギラギラ明るく、卓上が暗いと、目線を動かすたびに瞳孔調節も頻繁に発生するのでしんどいということだと思います。なによりオッサンになってきて本当に暗いところが辛くなってきまして、単にちょっとした作業をしたり紙の説明書や手紙、レシートなどを見るだけでも負担です。従来はアームでデスクサイドから伸ばすようなスタンド型照明が中心でしたが、最近はWebカメラのようにモニター上に設置するモニターライトというカテゴリが場所もとらないということで各社参入が増えています。

私も真っ先に食いつきそうなジャンルですが、いくつか問題があって手を出しあぐねていました。まずデスクがIKEAのFREDDEという商品で、上に棚がついており、ここに35インチウルトラワイドモニターを設置しているので、モニター上のスペースがカツカツだったこと。ちなみにサイドから普通のアームライトを生やそうとも考えたんですが、既にマイクアームがいて干渉しそうで無理でした。

更にモニター上にはWebカメラを載せているので物理的に設置が不可能だったんです。カメラを上棚の上に設置することも考えましたが、画角的に見下ろし角度がつきすぎて厳しいなとか。

でもまぁ昨今の「最悪3Dプリンターでなんとかする」思考と、色々なスペックが個人的に刺さる新商品の登場で、「行っちゃえ!」となった次第です。

■BenQ ScreenBar Pro

購入したのがこちらのBenQ ScreenBar Pro。カラーはブラックとホワイトがありブラックをチョイス。

BenQといえば今では大手に数えられるほどのモニターメーカーですが、こうしたモニターにまつわる周辺機器も結構良い商品を出しています。以前のモデルでも手元スイッチがついているものなどもありかなり買う寸前まで行ってました。

ScreenBar Proは先日発売になったばかりの新製品で名前からして上位モデルという感じです。実は上述の手元スイッチは廃されてしまったんですが、いくつかユニークな機能があります。

  • 人感センサーで自動点灯・消灯
  • 調光・調色
  • ウルトラワイドモニターにも対応できる広範囲照射

キーボードを市販のLEDテープで照らしてるんですが、電源がPCと連動しないので消し忘れたり、点けずに使ってたりしがちだったので、自動オンオフはとても魅力的でした。

そして調色で色温度を上げたり(青白く)下げたり(電球っぽい色)が変えられるのも便利。何故かというと、撮影補助ライトとして使えるからです。最近は3Dプリントした造型物など小物を撮ることが多く、その際にデスクを明るくでき、なおかつ部屋の照明やリングライトに色温度を揃えて撮れるなら良いんじゃないかと。少し前に導入したリングライト(カメラレンズ前に装着し対象物を明るく照らすライト)は明るすぎて後ろに影が落ちてしまうのが問題だったので、背後からも照らすことでバランスよく撮れると期待。

安いものだと数千円程度のものもありますが、それらの機能だったり、モニターメーカーとしてのこだわり設計(映り込み防止など)も期待してぶっこみました。

設置スペースは一般的なモニターライトと比べて特別低いということはなさそうですが、モニターフレームに内蔵カメラがあった時にそれを覆い隠さないようギリギリを配慮したスタンドなど、細かいところも色々こだわって設計された感はあります。詳しくは公式ページをどうぞ。

FREDDEの狭いスペースで結局こんな感じで落ち着きました。ScreenBar Proをモニター上に設置。2台あるWebカメラは1つは3Dプリンターでホルダーを作って上棚に貼り付け(左右に首振り可能)。もうひとつのBrioは一旦上に逃がして少し仰角を下げて設置。当初、カメラをモニタ上に残したままScreenBarを棚上に置けばいいかなと思ってたんですが、固定アームに意外と自由度がなくてこういう形に落ち着きました。

かなり見上げるアングルで撮ったので写真ではライトがモニター画面に反射しちゃってますが、普通に使う分には映り込みは全く気になりません。モニターを消してみるとフレームに若干反射してるかな?程度。

そして散らかっていて映せませんが手元はめちゃくちゃ明るくなりました。明るさのゲージは8段階ですが、実際の明るさは16段階、色温度はゲージ通りの8段階。明るさは4ゲージ目くらいで充分明るい。ちなみにオート調光もあり、オンにすると自分の部屋ではゲージは3段階目くらいになるのでかなり明るさとしては余裕がある感じ。

ボタン類はタッチスイッチですが感度はイマイチ。明るさや色温度のアップダウンボタンをトントントンと連続で叩いても何度かに一回しか反応しない感じ。長押しまでは行かないまでも少し長く指先を触れさせるといいみたい(強く押し込む必要はない)。

ただ基本的にオンオフや調光は自動でしてくれるのでセッテイングが決まってしまえばタッチ操作はほぼ必要なくなると思います。超音波式の対人センサー精度も上々です。自動オフは人を検知しなくなって5分後なので、作業中に誤検知で消えてしまうといったことはなさそう。5分間全く身じろぎしないということはないでしょうしね。もし在室中に誤動作して消えてしまうことがあったらここに追記したいと思います

2024.6.8追記:在席中に消灯w

記事を投稿した翌日ですが、早速在席をしているにも関わらず消灯する現象が発生しました…背筋を伸ばして少し長いWeb記事を読んでいました。マウスのスクロールホイールだけをちょっとずつ動かしているような状態で突然フッと暗く。もちろん腕を振ったりすればすぐに再点灯してくれ、さほどもどかしいということはなかったですが、一応宣言していたので追記しておきます。

(追記ここまで)

電源はUSB-Cアダプタが付属。公式サイトによるとUSB-Aアダプタは故障の原因となるので止めるよう書かれています。付属アダプタは5V/1.7A=8.5Wなので2A出せればAタイプ充電器でもいいかなと思ったんですがやめておいた方がよさそう。デスクにあるマルチポート充電器にまとめてしまおうと思ってたんですが、貴重はCポートはもったいないなと。まぁ仕方ないので付属充電器で使うのが良さそう。

疲れ目軽減、卓上撮影時の補助光としてのメリットの他に、Webカメラでの顔写りの改善という効果もありました。卓上に反射した間接光が顔を下から照らすので天井照明光と相まって女優ライトのように働きます。しかも調色できるので天井照明の色温度に近づけておけば自然な感じ。

■まとめ

前々から気にはなっていたモニターライトとして、自動オンオフ、自動調節、調色など付加機能が充実したScreenBar Proをニュースでみて即決に近い形で購入しました。狭い設置場所事情でしたがなんとかWebカメラと両立できるセッティングを実現。

  • デスクライトとして手元を明るくして疲れ目軽減
  • 卓上での撮影ワークに補助光として活用
  • Web会議時のカメラ映りの改善

とメリットも多岐に渡り、意識せずとも自動でオンオフされるので負担もなく、非常に満足度の高い設備投資になりました。

Keychron K7の長すぎるスペースキーを3Dプリントで改造

Pocket

先日購入して、スペースキー長すぎ(英数、かなキーを押すのに親指を深く曲げなければならない)問題を指摘しました。

(リンク先はUS配列です。キー配列、LED色、軸の違いにご注意ください)

本記事はそれを改善すべく3Dプリンターでオリジナルキートップを作ってみた、というものです。

■普段使いのMX Mechanicalを観察

自宅の作業部屋でメインのWindows機とMacで使っているMX Mechanical(JIS配列)を眺めてみます。

英数(無変換)キーの右端はCキーの真ん中くらい、かな(変換)キーはMキーに少しかかるくらいです。特にこれまで違和感を抱いたことはなかったので、これくらいであれば問題ないと思われ、これを目標にしてみたいと思います。

あとスペースキーのテカりをみると、基本的に右手で右寄りを叩いているみたいですね(^^)。

■補助ステムが問題だった

いきなり完成体も見せてしまいますが、英数、スペース、かなキーを外したところがこちら。それぞれのキーの下の赤軸キースイッチと、スペースキーの両端部分には長いスペースキーをまっすぐに押し込めるよう補助的なダミーのステム(正式な名前がわからないので本記事では便宜上「補助ステム」と呼んでおきます)があります。

さきほど見た理想位置でいうと、黒い補助ステムまでカバーするような幅の英数&かなキーを作ればよさげということになりますが、これがうまくいきませんでした。まずこの黒ステム同士は裏側でつながっており、片方を押すと反対側もへっこむ構造になっていたのです。スペースバーが綺麗に傾かずに押せるようにするためのものなんでしょうが、今回は裏目に出ます。一応そういうスイッチを作って装着してみて、反対側の補助ステムまでへっこむものの、そちら側の赤軸スイッチまではぎりぎり押されないくらいの傾きで済みました。多少見た目や手触りに違和感はでますが、まぁ動作としてはギリギリ許容範囲。しかしさらにもうひとつ問題が。両端の支えを失ったスペースバーがまっすぐ押せないのです。さきほどみたように自分はスペースキーを右寄りで叩きます。そうすると徐々に左側が浮いてきて、十回も叩けば赤軸ステムに差し込んであるだけのキーがポロっと外れてしまうのです。代わりにベースプレート(あるいはキー裏)に張り付けられるようなダミーステムでもあればいいんですが、単なる高さ固定のブロックとかではダメそう。

ということで写真の「Mod」のように、スペースキーがギリギリ補助ステムにのっかる幅に縮め、それに接触しないギリギリまで英数、かなキーを伸長する、というところで妥協。キー同士の感覚も他よりもかなり狭くなっています。英数カナキーもステムに対して片側が伸び、そこばかりを押す形になりますが、一応外れてしまうことなく使えています。

MX Mechanicalと比べてみると、かなキー側はむしろ大きく内側に張り出していて十分な感じ。英数キーはまだまだ足りてないですが、デフォルト状態よりはいくぶんマシという感じです。英数モードに切り替えるつもりでスペースおして空白文字が入ってしまった、ということはほぼなくなりましたが、しばらくタイプしていると若干左手首に痛みを感じる、といったところです。

■見た目を綺麗にしたい

まずキー上の印字ですが、スライサー上でプレビューしてみた感じ、0.2mmノズルを使っても1mmを切るような細い線はきれいに造形されないぽいことがわかり、一旦断念しました。シールで貼るとかも考えましたが、かなと英数の2キーで特に間違えることもないので、自分で使う分にはまぁなしでいっかと。

面のきれいさについては、造形の向きなども試行錯誤しました。表面に傾斜をつけているので、表面が滑らかになるように水平をとろうとするとステムを斜めに造形することになり精度が落ちて刺さらなくなりがち。ステム部分だけ別造形して接着剤でくっつけることも試したんですが、なかなかうまくまっすぐにつかなかったり。やはりこのサイズの造形物だと綺麗さと精度を両立させるのは難しいですね。光造形方式の3Dプリンターならワンチャンあるかもですが。

最終的に、スペースキーは表面が水平になるように(ステムはやや斜める)、英数、かなキーは垂直に立てて造形しました。きれいにサポートがはがれるようにサポート専用フィラメントも活用(これめっちゃ便利なのでおいおい別記事にしたいと思います)。

とりあえずサンドペーパーとリューターで表面を滑らかにしたのが写真の状態。ちょっとしらっちゃけてしまっています。積層痕も多少残っているので、本当はプラサフを噴いて塗装までしたいところです。ただたまたま在庫していたグレーの安物フィラメントの色がいい感じにKeychronのもともとのキーキャップと違和感なくマッチしているので、わざわざまた似た色の塗料を探して買ってくるまでもないかなー、どうしようかなー、というところです。

■まとめ

モバイル(ジム)用に導入したKeychron K7キーボードの大きな不満点の1つである英数・かなキーが外側に寄りすぎてて親指がしんどい問題が一応ある程度納得のいく形にモディファイできました。あとはカーソルキーだけまだ不慣れですが、かなり快適にキー入力できるようになりました。この記事もそれでご機嫌にタイプしています。

これだけ快適だと、MacBook ProやSurface ProXでも使いたくなってきます。早速MBPでも尊師スタイルで使えるようにタイプスティックを注文しました。

これはHHKBアクセサリで有名なバード電子さんのキーボードブリッジの携帯版みたいなアイテムで、MBPのキーとキーの隙間に足を置いて、二枚板でキーボードを支えるものです。まぁMBPのキーボードは特に不満はないのですが、気持ちよさではKeychronという感じなのでしばらく使ってみようかなと。ただ赤軸とはいえMBPのキーボードよりはカチャカチャ鳴ってしまうので、人のいるところでは使えないかも知れません。

ジム用キーボードにKeychron K7

Pocket

ChocoZAPに通い始めて五か月目。体重は一向に落ちませんが、新しいガジェットやバッグを導入することをモチベーションにどうにか続けております。

最近ではもっぱらデスクバイクというテーブルのついたエアロバイクマシンを使ってPC作業やゲームをしながら自転車漕ぎ運動をしています。

持ち込みPCは最軽量およびゲーミング装備はLenovo LEGION GO、ちょいテキスト書き込みしたい時はSurface Pro X、3Dモデリングなど重たい作業や広い画面を必要とする時はMacBook Pro 16’という感じ。

LEGION GOの時は ARグラスのXREAL AirをつけてフルHDの仮想大画面で作業することも。

XREAL AirはいまだにまともなPCドライバーがリリースされず、結局空間固定なしで頭をふれば画面が追従する状態で使っています。

さて、そんな時でも一応キーボードがないと不便なので、以前買ったHHKB Studioを持ち込んでいました。

しかし自転車でこれらの装備を一式持ち込むにはちとかさばりすぎる。また墨字の見づらさの改善ソリューションがいまだなく、ほぼサングラスであるXREALを装着したらさらに見づらいということでもっとコンパクトで使いやすいキーボードソリューションを導入することにしました。

想定した要件は、

  • テンキーレス、65%、40%など、必要最低限なキーは備えつつコンパクトなもの
  • 打鍵間がよく気持ちよく入力できるもの
  • Bluetooth
  • JIS配列
  • カーソルは逆T字が良い

といったくらい。ジムで使うのであまり打鍵音がうるさいものは厳しですが、もともとCherryでいうと赤軸のような静音のものが好みなので、自然とカチャカチャうるさいものは除外される感じです。

■検討した候補

現在自宅でもメインで使用している MX Mechanicalのテンキーレス版。 Fn列まで普通に備わっているのでめちゃくちゃコンパクト&軽量ってほどでもないですが、自宅と同じ感覚で使えるというのもポイント。

富士通 FMV Mobile Keyboard(ダークシルバー) FMV-NKBUD

富士通 FMV Mobile Keyboard(ダークシルバー) FMV-NKBUD

16,479円(06/24 23:38時点)
Amazonの情報を掲載しています

珍しく富士通がクラウドファンディングで販売した、FMVシリーズご自慢のキーボードを単体化したキーボード。メカニカルではないですが打鍵感は普通に優秀で、トラックパッドがついていることが評価点。HHKB Studioも不満は大きいながらポインティングデバイスが一体化していることで装備を減らせてよかったし、XREALで物理視界が限られる中でマウスへの持ち替えが不要な点はよかったので。

Fn列のないいわゆる 60%キーボード。ヨドバシに展示があったポップは色使いといいキータッチといいめちゃめちゃ刺さりました。かなりお高いですがそれだけの価値あると。専用のキャリングケースもおしゃれ。ただ残念なことに英語配列のみ。どうせXREALしてて見えないんだからソフト的に配列だけいじってやれば、、とも思いましたが、スペースキー両端に英数/かなキーがないのはどうしようもないので断念。

最終的に購入したのはこちら↓

Keychronの5列キーボードK7のJIS配列、白色LED、赤軸モデルです。これもFn列がないので前後幅が抑えられ、狭いデスクバイクの卓上でスペースが稼げるかなというのが決め手。

実際に置くとこんな感じ。

ポインティングデバイスがないのと、カーソルキーが逆Tでないの点を最後まで悩みましたが、emacsバインドやリマップを駆使してなんとかなるかなと思って特攻。マウスはどこかにあるMX Anywhere 3を使おうと(写真はまだ発見できずMS Designer Mouse )。

Keychronは本当に種類が多くて、Keychronに目を付けた後もかなり迷いましたが、コンパクト系はJIS配列だとみんなカーソルが一列配置になってしまうようです。同じモデルでもUS配列なら逆T字です。まぁリターンが場所くってるあおりですね。

■Keychron K7レビュー

早速ジムで漕ぎながらこの記事を書いています。

打鍵感は非常によいです。音も適度に鳴ってタイプしてる感がある。実況者の配信に絶妙に載ってるくらいの音量が心地よい。傾斜スタンドもありますが個人的には使わなくてもいいかな。軽量モデルですが軽すぎず、位置が勝手に動いてしまうような気配もないです。

メカニカルながら厚みは控えめなのでジム用バッグにもおさまりが良い。

WindowsにもApple系にも対応するということで、一部キーのキャップが自分で選べるよう交換キーキャップと交換器具が同梱されています。具体的にはAlt/WinキーとOption/Commandキーです。どちらのOSにも対応していますが、主に使う方に交換して使えという感じです(出荷時はApple仕様)。両方の記号を無理やり印刷するよりはキートップがすっきりしてよいですね。加えて、左上隅のEsc/全半キーと右上隅のDELキーがグレーとオレンジが選べるようになっています。

バックライトはRGBモデルとホワイトモデルがあり、自分はホワイトモデルを選択しました。光るパターンはいろいろ選べて、多くはゲーミングゲーミングして常にちらちら光るものですが、Razorにもあったタイプしたキーがぽわんと光って消える、というのが面白くて使っています。まぁ見てないんですが。

配列にいくらか気になる点アリ

・カーソルキーが横一列並び

JIS配列モデルの宿命で買う前からわかっていたことですが、やはりまだ馴染めてないです。とりあえずPowerToysでPgUp/DnとCtrl+P/Nをカーソル上下にアサインしてしのいでいます。

・Backspaceの隣にDelete

右上隅がBackspaceではなくDeleteになっている点も間違えて押し勝ち。Deleteは普段使わないので、これもBackspaceになるようリマップしました。どちらを押してもいいように。これはまぁほぼ解決かな。

・スペースキーが長すぎて、英数/かなキーが押しづらい

親指をかなり曲げないと届かず、普段使っている他のキーボードの感覚だとスペース両端を叩いてしまってかなりフラストレーションです。こればっかりはリマップツールではどうにもならないので悩ましいです。3Dプリンターでオリジナルキーキャップを作ってどうにかなるかなぁと画策中。もしくはすでに同じ悩みを解決するべく既製品やモデルデータが存在するかも?

IMEのON/OFFなので他に代替操作がないわけではないんですが、他のPC/Macも含めて習慣をかえるのも大変だぞと。

■まとめ

とりあえず荷物がコンパクトになったし打鍵感は最高だけど、スペースが長すぎるのだけが最大のストレスです。

打鍵感にこだわらなければ薄くて雑に扱えるBleutoothキーボードは5千円未満で見つかりますが、やはりメカニカルの心地よさはプライスレスだなと感じます。

HHKB Studio、どうにも個人的には活用の場を見つけられないので手放そうかなぁ…

ポインティングデバイス一新。G502XとKenjington Orbit

Pocket

メインWindows PCのマウスとして使っていたG903にLogicoolのお約束であるクリックボタンのチャタリング(意図しない連続入力)現象が始まりました。いちどは接点復活剤などで誤魔化してたんですが再発。常時誤爆しまくりというほどではないんですが、チャラリングチェックサイトでヒドい時は1割近くが誤爆。

Fusion360やIllustratorでパスを描いている時、まだ途中のクリックなのに勝手にダブルクリックになって終端されてしまうとめちゃくちゃストレス。

購入は2018年ぽいので、2年保証だったとしても余裕でアウト。

自分で分解してマイクロスイッチを交換することも視野にいれつつ現行製品のラインナップを眺めていました。

LogicoolのゲーミングブランドであるGシリーズの上位マウスにはPOWERPLAYという専用マウスパッドからの無接点充電機能があります。

これがなかなか良い。ケーブルの煩わしさがないワイヤレスマウスを使いながら、充電の心配からも解放されます。とにかくマウスパッドの上にあればいつのまにか充電されるという。これがとても快適だし、専用マウスパッドも高かったのでまだまだ活用したいなということで、ボタンの寿命が早いことを差し引いてもまがロジかなーと。

そして目に付いたのがG502の最新世代G502Xに搭載されたハイブリッドスイッチLIGHTFORCE。曰く

オプティカルクリック検出は光の速さを活用し、ほぼ瞬時に反応します。最小のレイテンシと最大の信頼性により、最高のプレイが可能です。 オプティカルのもう1つのメリットは、より長いスイッチ寿命です。これは、一般的なメカニカルのみのスイッチのように摩耗しないためです。

公式サイトより

と、確実なクリック感のメカニカルスイッチのいいとこどりのスイッチらしい。Logicoolだしなぁと半信半疑ではありますが、クリックスイッチの寿命以外にはなんの不満もないので、これが本当ならついに理想のマウスということになるかも。

ということでもう一度信じてみよう!とG502Xを買ってみることに。現在シリーズとして3タイプあります。大雑把にいって

  • 有線
  • 無線
  • 無線+RGBライティング

という感じ。ガチゲーマーならより軽量な上寄りを選ぶでしょうが、自分は取り回し重視なので迷わず無線。POWERPLAYマウスパッドがUSBレシーバーも兼ねるのでUSBドングル型レシーバーが増えることもありません。RGB有無で値段も重さもたいして違わなかったので一応ありのモデル、G502X PLUSにしてみました。色は他のものにあわせてブラック。

決めきれなくて一緒に買ったトラックボールについては後述w

G903と比べてサイズ感、重量感は誤差レベル。G903は持ち上げて振るとホイールあたりがガタついてカチャカチャ音が鳴ってましたが、G502X PLUSは全くの無音。組立精度が上がってるのかも?

大きな違いは

  • サムレスト(親指置き場)がついた
  • 右サイドボタンがなくなり、左側に4ボタン集中した

ところ。たぶんG903が両手対応で左右対称だったのから、右手専用に特化して最適化したんでしょう。G903ではホイールの手前に左右に並んだボタンがあってカウントをアップ/ダウンして変えてましたが、G502Xではかわりにサイドの親指にシフトボタンがついていて、「押している間に一時的にカウントを変える」という思想になっています(もちろんどちらも設定次第で動作も変更できる)。確かに精密操作が必要な時にちょっとだけ速度を落としたい、みたいなことの方が多いので、ユーティリティの「G HUB」を使ったアプリケーション単位の自動切り替えと組み合わせで考えればシフト操作の方が理に適っている気も。まぁどのみちそう頻繁には変えないからいいかな。画面が超ワイド35インチなので割と速く動かせるように2000dpiを基本とし、シフトキーを押してる間だけ850dpiに落とすようにしてみました。まぁでもそんなに使う必要もなさそう。

形状的には手前の手のひら側の膨らみがG903より少し低くなってる感じ。最近、G903で手首よりの手のひら部分がテーブルに対して重みが集中して痛みを感じることがあって、写真右下に映っているパームレストを買ったんですが、もしかするといらないかも?と思ってます。

外側(小指側)にあっても押しづらくて使い道がなかったボタンが内側にきたことで、もうちょっと使ってみようかということで、Fusion360でよく使うショートカット、M(移動)とI(測定)をアサインしてみました。人差し指をちょっと動かせば押せるので、左手でキーボードを操作するより早そう。親指側の2つはデフォルトの「進む」と戻る」のまま。これはやはりブラウザ操作時には欠かせないなと。でもまぁG HUBを使えばアプリ毎に自動切り替えできるので、この機会にもう少し最適化の余地を模索してみようとも思います。

1点不安なのはサイドの外周部分がハードプラではなくゴムっぽいというかいかにも加水分解してベタついてきそうな質感になっている点。せっかくクリックスイッチの寿命が延びたとしても、ここがベタついてきたらアウトなので不安要因ではあります。しかもクリックスイッチのチャタリングなら不良交換もできるでしょうが、加水分解って保証対象になるんですかね、、せめて貼り替え用の補修パーツを売ってほしい。

ともあれ、当たり前ですが前述のテストでもチャタリングは皆無になるストレスフリーで作業できるようになりました。

■買い物はそこで終わらなかった…

ヨドバシで2万円の買い物をして閉店時間まで駐車場代が出たので、もう少し物色。ジムのデスクバイクでLEGION GO作業する時の軽量で快適なキーボードがほしいなーとか引き続き入力機器コーナーをみていて、トラックボールコーナーへ。

実はWindowsメイン機では元々トラックボール派でした。LogicoolのTrackmanというこういうレイアウトのものを愛用して複数台もっていました。

しかしこれもLogicoolのお約束でスイッチがみんなダメになってしまい、その後こういう人差し指や中指でボールを転がす似た系統のものには出会えず(最近は親指ボール型が多いですよね)。たまにELECOMとかが出すものの、どうも展示機を触るとボールの転がり抵抗が大きかったりで食指が動かずにいました。

そんな中で気になったのがKenjingtonのOrbitというモデル。

Kenjingtonのトラックボールって左右対称でボールど真ん中レイアウトなので、見た目で「違うな」ってスルーし続けてたんですが、たまたま触ってみると「あれ?割とTrackmanに近い感覚じゃね?」となりました。人間工学的にはもうちょっと手の甲が外側に向くよう傾きがあるとベストですが、「親指で左クリック、人差し指か中指でボール」という基本配置はかなり近い。ホイールはボールの外周にリング状になってて大きく違いますが、これはこれで添えた薬指で自然に回しやすそう。値段もお手頃だったので、ちょっと試して見たい気に。マウスと同時に買ってどうすんねんという気もしつつ(在庫がなかったので)店内からAmazonに注文。翌日に届きました。

開封してみると展示にはなかったパームレスト(写真参照)が付属していました。これはつけといた方が明らかに扱い易い印象ですが、ガッチリ固定ができない。薄い爪でひっかけるだけみたいな仕組みで、トラックボール本体を持ち上げると簡単に外れてしまい、ちょっと使いづらい。なんか3Dプリンターでガチガチに固定する治具が作れないかなとか。

ボールの操作感は今のところ文句なし。久しぶりのトラックボールの操作感に「うぉー、こんなだったーっ!」と興奮。G502Xと比べてしまうとサブボタンが皆無なのでショートカット的な部分では見劣りします。一応左右同時押しに別動作をアサインすることはできますが、あんまり使いやすくはないかな。ホイールリングも物理的には慣性つかないですがユーティリティで疑似慣性スクロールはつけられるので、ブラウザなど長いスクロールもつるーっと動かせます。移動量を最低限にしつつ慣性オンがいまんとこしっくり来てます。回転方向とスクロール上下の関係は選べますがデフォルトでいい感じ。

なんとなく気になっているのは、クリックボタンの反応というか、クリックするモーションでカーソルが微妙にズレるみたいな不安定さを感じます。クリックのDownとUp時点で場所が違うというか。上手くいえないですがなにか違和感。G502Xの超絶反応のオプティカルハイブリッドスイッチを使った後だから?検証するつもりで意識して触るとなんの問題もないんですが、何かの拍子に違和感を感じます。これはもうちょっと様子見。

接続はBluetoothかUSBドングルが選択できます。当初手軽さでBluetoothを使ってましたが、なんとなくキーボードに干渉してる気がしたので今はUSBドングルにしてます。3Dマウス用などUSBドングルが3つほどついちゃうことになってそれはそれで干渉しないか不安ですが、いまんところ大丈夫そう。

とにかくパームレストをなんとか固定するなりしたいです。お安いので改造上等で色々模索してみようと思います。

■まとめ

ということで同じPCで使うポインティングデバイスを2つ一度に買ってしまうというヤンチャをしてしまいましたが、どちらもいい感じで使えてます。これから利用シーンで使い分けるか、どちらかに収束していくかは謎。