iPad Pro 12.9インチ用のハード防水ケース

Pocket

iPad Proの2020年モデルが発表になりましたね。LiDARなど技術としてはすごそうですが、2018年モデルを使っている私からするとAR機能は実用面ではそこまで必要性がないので買い換え動機としては弱いです。現状、仕事で持ち出す時以外は電子書籍(技術書やコミックなど固定レイアウトのもの)ビューワーという感じで、個人的に期待していたのは防水化でした。もし防水対応されてたらかなり心が動いたと思います。お風呂読書&ネットにはPixel3XLを使い、主に小説を消化していますが、技術書や専門書も読めるといいなとか。

以前、iPad Pro 2018の防水ケースを探した時、11インチはあったんですが12.9は見付からず断念していました。汎用サイズのソフトケースはあったかもですがふにゃふにゃのビニールが画面上にかぶるのは過去の経験上論外です。

で、新型発表を機に再度検索してみたところこちらの商品が見付かり早速注文してみた次第。

商品説明に「※IPX8を取得しておりますが、万一に備えて、水中では使用しないで下さい。」と書いてある自己否定感が面白いですが、個人的には万一湯船に落とした時の防護策でありわざわざ自分から浸けるつもりもないので良しとしました。説明書には最初にティッシュ入れて30分水没させるテストをしろと書いてありました。なるほど初期不良などもありうるので納得。

作りとしては全周が割ときっちりしたパッキンになっていてそこからの浸水は心配なさそう。ただスピーカーやマイクの部分はメッシュ的なものになっておりここがどういう仕組みなのかは不明。まぁなにかしら対策がされているんでしょう。肝心のディスプレイ面ですがやはり若干浮きがあります。表示を消して照明などに照らさせてみると、像が鏡のように綺麗にはならずうねっているのはわかります。タッチの感触としても微妙にやわっとします。ただコンテンツを表示して、例えば電子書籍とかを読んでみると実用上は問題ないかなという印象。ちなみに液晶フィルムは剥がすよう説明書に書かれています。おそらくさらに密着性が落ちたりしてニュートンリング(虹模様)になったりするんではないかと。私はもともと貼ってなかったので問題なし。あとなぜか背面の方がビシっとフラットになっている気がします。表面もこれくらいだったらいいのにと思ってしまいますが、タッチの関係で素材が違ったりするのかも。

上記の通りパッキンを全周ピシッと締めていく必要があり、付け外しの手間はそれなりにかかります。毎日お風呂に入る時だけ装着、という使い方はやや面倒くさいかも。私は当面つけっぱなしにして、仕事でApple Pencil使う時だけ外そうかと。USBコネクタはキャップ式なのでつけたまま充電できます。

また2020年モデルとはカメラ部分の形状が違うので使えないと思います。対応品が出るのをお待ち下さい。

iPad Pro 2018でUSB-C接続の外部マイクは使えるのか?

Pocket


そういえばiPad Pro 2018はLightningからUSB-Cにかわって、USB外部マイクとかは使えるだろうか?と思い、生産終了になってしまったYAMAHAのPJP-10UR/20UR兄弟でテストしてみました。ケーブルはOTG対応とか意識した買った記憶はないので多分通常のUSB-C – miniBケーブルです。

(リンク先は生産終了を受けて定価以上のプレ値になっている場合があるのでご注意ください)

ヤマハ 会議用マイクスピーカー PJP-10UR

ヤマハ 会議用マイクスピーカー PJP-10UR

28,999円(10/20 14:14時点)
Amazonの情報を掲載しています

結果としてあっさり使えました。OS標準ボイスメモとSkypeでマイクとしてもスピーカーとしても問題なく使えます。

音質、というかゲインも内蔵マイクより遙かに上。むしろクリップしてるんじゃないかってレベル。逆に各アプリやOSにゲイン調整機能がないので大きすぎても調整しようがないのが難点といえば難点。またインターフェイス選択UIもないのでマイクは外部だけどスピーカーは内蔵、といった切り替えもできず、接続したら問答無用で外部マイク&スピーカーに切り替わります。

以下波形が出ているスクリーンショットです。極端に違いますね。PJP-10URの最初の一斉は「あーテストテスト」の「あー」なんですが飽和してるような?この中間くらいが欲しいところです。それでもハンズフリーで通話する時なんかは内蔵マイクだとiPadの前に貼り付いてなければならないところを、PJPを使えば部屋の中を多少ウロついても拾ってくれそうな感じではあります。

内蔵マイク

 

PJP-10UR

まぁ、両機種は販売終了してプレ値になってますし、これから買う人は、YVC-200とかBluetooth対応モデルが手軽でいいかと思います。

iPad Pro 2018用ESR製 純正互換カバー

Pocket

iPad Pro 2018用にカバーが届きました。思いの他良かったので個別記事にてレビュー。

12.9inch用

11inch用

従来のiPadはSmart Coverと呼ばれ、左サイドにマグネットでくっつけて液晶面を保護する形状でした(ただし最近は背面もまるごとカバーするケースタイプも純正ラインナップにありました)。2018年モデルは名称がSmart Folioとなり、背面と液晶面をサンドイッチする形で2枚の板がつながっている形状となりました。iPad Pro 2018は冷蔵庫にくっつくことで話題になりましたが、このカバーの背面側がくっつくようにマグネットが入っているというわけです。実際のマグネットの配置はわかりませんが、感覚的には「面でくっつく」という感じです。2枚がくっつく左辺以外はサイドはまったくカバーされていません。完全防護なケースが好きな方はやや心許ないと感じられるかもですが、今回のσ(^^)のように「簡単に脱着して持ち運び中だけさっと保護したい」という人にはうってつけ。

さてこの純正Smart Folio。9,800円(税別)とかなりなお値段。それでもいままで純正品を買い続けていた信者としては買いたいと思ったんですが、さすがに欲しい色の選択肢がない。先代からあったチャコールグレーとホワイトのみ。チャコールグレーは代わり映えしなくてつまらないし、ホワイトはちょっと、、ということで今回はサードパーティ品としてESRをチョイス。色はブラックとグレーでグレーにしました。

背面はスッキリとフラット。色はもう少し濃くても良かったかな。
サンドイッチ構造。フットプリント(面積)がほとんど変化しないのが魅力。

使って見ると、

  • 軽い
  • 付け外し簡単
  • でも勝手に外れる感じはない
  • 他社品はスタンド状態で持ち上げた時に三角部分が簡単にほどけるとあったがそれもなし

という感じで文句なしの出来。フタ側を背面にまわした状態でも「のど側」の反対側が軽くマグネットでくっつくので、ベロっとすることはなく、むしろ厚みと摩擦でノーガード状態より持ちやすいかってくらい。そのまま使うのもアリかなと思いました。これで純正の1/3のお値段。「ESR」のロゴは入っていますが小さいしさほどダサさも感じず個人的には気になりません。

片隅にメーカーロゴ。むしろワンポイントとして悪くない。

色はもうちょっと選択肢があるといいなぁとは思いました。こちらのメーカーのものは少しカラバリが多いですね。上記の三角形態がばらけやすいというレビューで断念しましたがそこを気にしなければアリかも知れません。

結局iPad Pro 12.9 2018買ったった

Pocket

結局、iPad Pro 12.9の第三世代(2018)を買ってしまいました。
すぐに買わなかった理由としては、
  • 自宅で電子書籍、たまに仕事でPencilでノート取りだと、フレームあった方が保ちやすそう
  • FaceIDカメラが横持ちの時に手隠れしてイラつきそう
  • Pencil、SmartCover、SmartKeyboardが全部買い換えになると結構なお値段に…
  • Pencilは本体にマグネットでくっつけるので、シリコングリップがつけられない。終日書きものをしてると指が痛くなるので重要。
などでした。PayPay祭りで相当悩みましたが見送り。
しかし!
  • 同居人が11インチを買って羨ましくなった
  • 先日出張でホテルに泊まった時、一緒にもってったDELL XPSやPixel3と充電器が共用できたら便利だなと思った
  • いつも仕事で終日使う時、本体の充電とPencilの充電が一度に出来ずにLightningの抜き差しに気を遣う。第三世代なら本体にPencilカチっとつけて充電ケーブルも挿しておけば両方充電されるからお昼休みとかに放置できる
などという気持ちが積み上がってきて物欲がクライマックスに。最後の砦は「20%で買えるチャンスを棒に振ったのに今更定価で買えるかよ!」でした。そこでまたまたのしかし!よく考えてみたらσ(^^)が最近使っているのはWi-Fi Cellurerモデル(SIMフリー)です。最初からビックやコジマでは買えないわけですよ。なぜ散々悩んでた時点で気付かなかった!!最初から20%で買えるチャンスなんて無かったんや、、と気付いた時、ふと決心がつきました。その日のうちにApple Store 銀座にいってPencil第2世代と一緒に買ってきました。

■同時購入アクセサリ

MacBookをあれだけ使って来て目立った傷がついたことないので、iPadも背面は大丈夫だろうと。今回はケース無しで薄さを堪能しつつ使いたいと思います。フィルムは最近ずっと無し。Pencilの書き味優先。ただApple Careに入らなかったし、やはり持ち出す時は画面は保護したいということで、Smart Coverは買おうと思ったんですが、純正は色が2色しかなくどちらもイマイチ。てことで、サードパーティ品のこちらを注文。従来はサイドにマグネットがあって背面カバーとは独立に脱着できてたんですが、本世代は純正ともども仕組みがかわって、背面全体のカバーがマグネットでつくようですね。いずれにせよ自宅では裸で使い、持ち出す時にすぐに脱着できるのが良かったので、ケース型でないものが欲しく、レビューも上々なこれをチョイス。
また、長時間のペン書き作業で指が痛くならないよう、また同居人の物と区別がつくよう、山口さんのレビューにあったこちらのペングリップも注文してみました。第2世代Pencilではグリップは諦めてたんですが、これならばと。

■ハード周り

まだ実際に仕事で持ち出したわけではないですが、心配してたほどフレームの細さは持ちやすさに悪影響はなさそう。ただ前のクリアケースに比べて背面が滑りやすいので少し緊張。背面フィルムを貼ってみるのもいいかも。
ホームボタンがないのは去年からiPhoneX、XS Maxと慣れてきているので違和感はなし。
一回り小さくなったことで、仰向けで寝転がって本を読むのが楽な感じ。左手一本でL字保持もかろうじてできます(ページめくれないけど)。
逆に、プロセッサパワーや液晶の画質やカメラ(元々使ってない)などはあまり違いを感じないですね。たぶん本当に良さを実感できるのは仕事で外に持ち出す時になるでしょう。
充電がUSB-Cになった安心感は大きく、これで持ち出すデバイスの充電端子は、
  • USB-C
    • DELL XPS 15 2-in-1
    • MacBook Pro 15 2016
    • MacBook 12 2015
    • Pixel3 XL
    • iPad Pro 12.9 2018 + Apple Pencil [NEW!]
    • Osmo Pocket(スタビライザーカメラ)
    • Logicool Spotlight(プレゼンコントローラー)
    • WH-1000M3 (NCヘッドフォン)
  • Lightning
    • iPhone XS Max
  • micro USB
    • DSC-RX100M6(デジカメ)

という感じでUSB-Cに集約してきました。iPhone XS Maxも純正USB-C – LightningならUSB-PDによる急速充電ができるので、充電器、バッテリー側はやはりUSB-C(PD対応)のものでOKということになります。

ここまでくると、USB-C(PD)ポートが複数ある充電器、バッテリーが欲しくなります。特にAnkerさん辺りにUSB-C x 5ポートな感じの充電器を早急に出してほしいものですが、いまのところ5つどころか2つの製品も見当たりません。やはりPDは電力消費が大きいので今までのサイズで口だけ替える、という訳にもいかないのでしょう。寝てる間にすべて充電できてればいいという意味では逐次充電みたいな仕組みでもいいと思うんですけどね。というかPD対応ハブをはさんだらろうなるんだろう?とかUSB-C環境整備はまだこれからというところです。

AppleSIM搭載のiPad Proでau LTEデータプリペイドがE-U3130エラーでチャージできない時の対処法

Pocket

仕事に持ち出すことを考えわざわざCellularモデルに買い換えたiPad Pro 12.7 2017モデル(SIMフリー版)ですが、初回にチャージした後しばらく家で使って追加チャージはせず、期限が切れて半月くらいしてから再チャージしようとしたら最後の段階で写真のようなエラーが出てチャージを完了できません。時間を置けというので一ヶ月くらいに渡ってちょいちょいやってみてもダメ。支払い方法や暗証番号など操作可能な要素を色々変えてみてもダメ。

システムエラーが発生しました。しばらくお待ちの上、再度アクセスをお願いします。[E-U3130]
こんなエラーが何度やっても出る…
有り難いことにE-U3130というエラー番号を出してくれているので、同じ現象の人を特定しやすいと思いググってもまったくヒットせず。

諦めてauのサポートに電話。通常の問い合わせ窓口ではだめでau iPhoneテクニカルサポートという専門部署で聞いてくれと言われました。そこからまた時間がとれなくて半月くらい放置したあと、やっぱり同じ現象が続くので当該部署に電話。即答はもらえず調べて今日か明日に電話しますとのこと。で翌日また別の人からかかってきて詳細を最初から説明させられ、しばらく待たされた後、わからないので調べてわかり次第お伝えします、とのこと。向こうでもこのエラー番号でさくっと事例が見付からない様子。

結局そこからまた1,2日でまた別の人から電話がかかってきて、「このエラーになった場合はSafariからチャージしてくれ」とのこと。なるほどその発想はなかった。しかしせっかくの専用フローが使えないのはめんどくさいな。「それをすることでエラーが解決して、次からは設定アプリからチャージできるようになるんですか?」と聞き返すもなんだかはっきりしない。とりあえずチャージ成功までの手順を説明して一緒に完遂まで付き合う風だったけど、その時手が離せなかったので「じゃぁあとでやってみます」といって電話を切る。

そして後からSafariでやったら一発で成功。うーむ。こっちだとau IDでログインとか色々手間が増えるんだよね。まさかスマホ主回線のau IDと紐付けちゃうとこのパターンになるとかじゃないよね?(だったらもっと話題になってそう)。

結果は一ヶ月後に期限が切れて、その後でチャージする気になった時点w。