RODE Wireless GO II、保護フィルムとファームウェア更新

Pocket

RODE Wireless GO II(以下GO2)を発売日ゲットしました。商品の詳細は業務ブログにて。

こちらではガジェットとしてのレビューや液晶保護フィルムをPDA工房さんにお願いして作ってもらった件など。

■液晶保護フィルムが未発売?だったらPDA工房さんに作ってもらおう!

ウチには発売日(前日)に届いたため、まだ液晶保護フィルムはどこも出していませんでした。ちなみに開封時にも一応こちらの開封動画に映っているような保護フィルム、というかビニール?は貼られています。「ここから剥がせYO」というグリーンのタブがついているので、タブだけはがしてしまえばとりあえずの保護にはなります。

ただやはり業務で雑に扱うこともあるし、ケーブルなどのアクセサリと一緒にケースに入れて持ち歩くこともあるので、安いビニールでは保護としては不安が残ります。おそらく初代GOのものが流用できるのですが、送信機が2台に増えたため、2セット購入必要があり、受信機用が1枚余ってしまいます。待ってれば出るかなー、でも割とマニアックな機器なので初代用の売れ行きがイマイチだったらこのまま出ないなんてことも、、と悶々としていました。

で初代GO用も発売しているPDA工房さんの公式サイトに予告でも出てないかなと見に行ったところ、「新機種の保護フィルムを作ります」のバナーが!

なるほど、

  • 対象製品を預ければ採寸してフィルムを作ってくれる
  • 発売から日が経っていない新製品なら謝礼として2セットもらえる
  • その片方は製品に貼って返却してくれる
  • 謝礼フィルムのタイプは15種類から好きなものが選べる
  • 往復の送料も負担

とのこと。これは頼むしかない!

初代GOとGO2をあわせてみるとどう見ても同一サイズなので、最悪、受信機x1、送信機x2の組み合わせで適価で売ってくれれば人柱になってもいいかなと提案してみたんですが、やはりきっちり採寸したいのでお預かりしたいとのご連絡。宅急便着払いで送付し、先方に届いたその日のうちに採寸、作成、貼り付けまで終わって返送されました。水曜日に発送して金曜には手元に戻って来たわけです。早い!(先方到着時間によっては+1日かかることもあるようです)。

こちらが返送されてきた商品です。私は視認性重視で非光沢、強度も強そうな「9H高硬度【反射低減】」を指定させていただきました。

綺麗に貼り付けされて返却されたGO2
LEDランプ周りの切り欠きも超絶精度、貼り付け位置もピッタリ!

すんげぇ精度です。形状もさることながら、貼り付けもピッタリ。自分でやってここまで綺麗に貼れただろうか?というレベルです。

大満足。このサービスは憶えておいて、またマイナー製品を買ってフィルムが見付からない時は活用させていただきたいと思います。

PDA工房の公式ストアでは早速7種類のフィルムが登録されていました。Amazonにはまだないようですが、時間の問題かも知れません。後日見つけたらこの記事にもリンクを掲載しようと思います。

2021.4.12追記:

Amazonにも登録されていました。反射低減タイプ(9H高硬度ではない)と、光沢の9H高硬度の2タイプだけみたいですね。その他のタイプが欲しければPDA工房さんのWebストアにいくとよろしいかと思います。

■早速のファームウェア更新で機能追加

ちょうど預けていた頃、新ファームウェア1.6.0のお知らせが来ました。初日にPCつないだら速攻で振ってきた新バージョンがそうだったみたいです。内容としては、

  • 送信機の電源を入れるだけで、受信機とリンク確立しなくても録音が始まるAlwaysモードの追加
  • 送信機のLEDの輝度を変更できる(2段階?)設定の追加

の2つのようです。受信機いらずで完全スタンドアローンで「電源いれるだけ録音」ができるのは面白いですね。ICレコーダーを2台買ったようなものです。ただし非圧縮モード(7時間)のみで、圧縮モード(24時間)は録れないようです。

初代GOはそもそもファームウェア更新の機能がなかったので、こうした後日の機能追加などもありませんでしたが、GO2はこういう楽しみもあるということですね。

■オンボード録音のデータフォーマット確認

PDA工房さんから返ってきたので、新機能も含め録音テストをしてみました。オンボード録音をした送信機をUSBケーブルでPCにつないでみると、Explorerでフォルダが開きます。中身はこんな感じ。

送信機をPCにマウントするとEGGとUGGという拡張子のファイル

拡張子がEGGとUGGとなった連番ファイルが入っています。ファイルサイズからみてEGGがメタデータファイル、UGGが録音データ本体といったところでしょうか。いずれにせよ、一般的なwavやmp3が直接取り出せるわけでなく、専用アプリのRODE CENTRALを使う必要があります。

それがこちら。

録音中にマーカー操作をしたところに赤線が!

左サイドバーに録音ファイルの一覧があり、右側で再生ができるシンプルな作り。開封動画で気になっていたマーカー機能(本体ボタンの役割をMarkerにセット)について試して見たところ、波形の該当箇所に赤い縦線が入っています(黄色は現在再生位置)。再生ボタンの左右にある旗に丸矢印のついたボタンでチャプタースキップのように前後にジャンプできます。ただ、右上のExportボタンからwavやmp3に書き出しをした場合、そのマーカーが維持されるかは不明。とりあえずAdobe Auditionに読み込んでみましたがマーカーらしきものは確認できまんでした。うーむ、残念。SONYのICレコーダーのようにテキストファイルでタイムスタンプが取れるだけでも色々応用ができそうなんですが…。追々情報開示されたりコンバーターがリリースされると嬉しいですね。

続いてRODE CENTRALからのwav/mp3エクスポートについて。mp3の場合、ビットレートは128kbps~320kbpsまで。wavの場合、なんと24bitに加え32bit floatが選べます。

MP3での書き出しビットレート選択肢
MP3での書き出しビットレート選択肢。なんと32bit floatがある!が…

ただ残念ながらあくまで変換出力できるだけで、内部的に32bit floatで録音されているわけではないので、普通に大声を入れてみたらクリップしたままのデータが出てきました。そもそも元が圧縮モードでも選べてしまうみたいで、あくまでトランスコードでこれらの形式が選べるよ、ということみたいです。ちょっと肩透かし。まぁ23bit float録音できるならカタログページでアピールしないわけないですわな。

■ケース

ちなみに付属のキャリングポーチはケーブルやウインドウシールドまで詰め込むとややキッツキツで出し入れもしづらく、別途ハードケースを調達しました。コーナンで見つけた明邦化学工業株式会社(MEIHO)のジミーケースL (J-L)がイイカンジでした。本体3機、付属充電ケーブル3本、付属アナログケーブル1本、ウインドウシールド(モフモフ)3個に加え、短めのUSB C to Cケーブルを入れてピッタリ。当初発砲フォーム材をくり抜いて本体がピッタリはまるフレームを自作しようと思って買ってきたんですが、あまりにピッタリすぎて本体も安定してそうなので当面これでいくことにしました。

メイホウ ファミリアシリーズ ジミーケース L J-L

メイホウ ファミリアシリーズ ジミーケース L J-L

185円(04/15 01:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

■まとめ

というわけで、専用ツールを使わないと汎用形式で取り出せないのはちと面倒です。せめてマーカー情報がなんらかの形で取り出せればいいのですが、現状は単に手間なだけという印象。一括エクスポートもなく、ひとつずつ処理する必要もあります。RODE CENTRALのアップデートに期待したいところです。

 

 

あのXiaomiの電動精密ドライバーを買ってみた

Pocket

ガジェットの分解修理の機会が増えているので、精密ドライバーも電動のものがほしくなりました。

急がないので安く済ませようとAliExpressで物色したところ、Xiaomiの名を冠した製品を見つけました。日本ではスマートフォンで有名なXiaomiですが実は総合家電メーカーなんですよね。Mujiaというのはその家電ブランドということみたいです。

すでに改名されているという記事もありましたが、この記事以外にヒットするものがなく詳細は不明です。

Xiaomi製スマホは買ったことないですが、面白そうだったのでこちらをチョイス。Amazonにもたいして変わらない値段で売ってました…

ただしアリエクでは選べるマグネットシートがついてなさげ?分解時に外したネジを位置情報(マス目)で管理してくっつけておけるのが便利そうなので、付属を選んでみました。

まぁ、Amazonで同じ様なものが単品で買えます。

■ファーストインプレ

全体的な質感は予想以上に高いです。高級モバイルバッテリーのようなアルミ(?)製の金属ケースに入っており、中のビットはマグネットでケースに貼り付いていて、付け外しも楽だし、側面のサイズ表記が一覧できるのも便利。本体もカチっとはめ込む感じで逆さにしても落ちてきません。その分脱着は少し手間かな。操作はシンプルで、お尻のダイヤルをIかII(トルクの弱と強)にあわせ、ペン持ちして人差し指のところにあるシーソースイッチを抑えるだけ。

各ビットは形状サイズが色々ありますが精密ドライバー寄りの細い目のラインナップ。六角部分も細身で、一般的な電動ドライバーで使う六角ビットとは互換性がないのでご注意ください。こういうドライバーと同じサイズだと思います。

まさにこういうの持ってますが、目的のビットを選んだり抜き差しするのがめっちゃ手間だったんですよね。そこが大きく改善しただけでもスピーディに作業できそうです。

充電ポートは今時のUSB typeCなのもポイント。残念ながらケースに収納した状態では充電できず、本体のお尻に直接挿します。

総じてコスパは非常に高いと思います。ただケースについてはよりラフに扱えるよう樹脂でも良かったかなという気はします。金属のシャリシャリいう音が苦手な私には軽いストレス。

触ってみた様子を動画で撮っておいたのでよろしければご覧ください。

2021.3.17追記:

近く記事にしますが、Windowsタブレットの分解に使ってみました。極小ネジが3箇所使われていましたが、非常にスムーズにつけはずしてきました。手回りのドライバーだと無意識にあらぬ方向、強さの力が入ってしまいそうなところ、こちらを使うとそっと当てて純粋な回転方向の力でスッと回せる感じ。マグネットで極小ネジもドライバー先端にくっついてくるのでなくしにくいです。件のマグネットシートもいい感じでした。

食洗機を大型化。Panasonic NP-TZ300

Pocket

引っ越してキッチンスペースに余裕ができたので食洗機を2,3人用の”プチ食洗”から大型モデルというかレギュラーサイズのモデルにリプレイスしました。というか同居人が買ってくれました。前に使っていた”プチ食洗”のTCR4は私が必要性を主張して半ば強引に導入したので、私のお財布で買いましたが、今回は同居人のモチベーションが大半だったので、私はTCR売却金額のみ納めることで合意。

TCR4は「2,3人用」となっていますが食器の形が不揃いだったり不向きな形状の我が家では割とパツパツ。他にペット用品などもあると入りきらず、2度に分けたり一部手洗いをしたりしていました。その折りに乾燥までするかどうかいつも諍いの種でした。個人的には洗浄が終了した後ですぐにフタを開けば温水で温められたお皿はすぐに自然乾燥できるから不要だと思っているし、複数回まわす時などは乾燥時間が待ちきれないという面も。大型化して一度で洗えるようになれば少なくとも待ち時間の問題は解消するので、私のフラストレーションも減るという案配です。

購入したのはこちらのモデル/カラー。

毎度ながら据置はPanasonicのほぼ独占市場。むしろ小型機の方が多少競合がある感じですね。ともあれPanasonicでレギュラーサイズモデルは3つのグレード(NP-TZ300、TH4、TA4)に分かれています。基本的な容量、洗浄力は同じで、最上位モデルのTZ300の差別化ポイントは、

  • ナノイーXで庫内のニオイ抑制、除菌
  • ドア開ボタンも含め静電容量タッチセンサー式UI
  • 汚れレベルが5段階(他は3段階)

といった辺り。さらにTA4だと窓や低温ソフトモード、80℃洗浄モード、エコナビなどが省かれます。

個人的にはTZ300とTH4の価格差は小さく、タッチセンサーUIの好き嫌いで選んでいいんじゃないかと思います。

タッチセンサー式UI

デザイン的にはスッキリシンプルですが、操作感は好みがわかれるところでしょう。特にドアオープンは2秒タッチなので短気な人はガチャメカで即時開けられる方を好むかも知れません。ちなみにドアを閉じるのはどちらも手動です。

耐久性はどうでしょうね。シンプルなメカ式の方が壊れないと考える人もいれば、可動部品がない方が壊れないという人もいます。個人的には後者かな。特にメンブレンスイッチは経年劣化でひび割れて中のマイクロスイッチが露出したりしそう。屋外置きの洗濯機などがよくなるアレ。まぁ紫外線が当たらない室内ならなかなかここまでにはならないかもですが。爪を伸ばしている女性はメンブレンシートにダメージを与えがちなので、TZ300を選択してもいいかも知れません。

庫内のニオイはさほど気になったことはないですが、食洗機は使用後、底に水が溜まってる時間も長いので、ぬめりとかも防げるなら価値ありかもですね。

あとカラーもシルバーが高級ガジェット感があっていい感じ。

前のはこちら。2017年に買いましたがいまだ現行モデル。

買い換え前
買い換え後

分岐水栓はそのまま流用できるので、置き換えはスムーズでした。むしろTCR4出品のための大掃除が時間かかりました。

■使ってみた

ドアを開けたり、電源を入れたりがタッチセンサーだと確かに多少煩わしいというかコンマ何秒ですが余計に時間がかかるなという気がします。慣れれば気にならなくなるかなぁ?ちなみにドア側面の小さな四角ボタンでも開けられます。TZ300はドアが2枚に分かれているんですが、気になるのは上側ドアをもって閉めてもロックがかからない点。必ず下側のドアをもって閉める必要があります。開いている状態だと下ドアは上ドアに隠れてみえないので、つい上ドアをもってしまいがちで「ちっ」となります。慣れが解決するといいんですが…

TCR4と大きく違うのは、5段階の汚れレベルを選ぶ点。

  1. つけ置き洗いや水洗い後に
  2. 汚れが少ないとき
  3. 食後すぐに洗うときに
  4. 念入りに洗いたいときに
  5. 食後数時間後や油汚れが多い食器、調理器具を洗うときに

となっています。TCR4では「標準」か「スピーディ」の二択でほとんど「スピーディ」しか使っていませんでした(温水供給)。標準だとエコナビが有効になるので汚れに応じて最適化してくれるのかなと思ってましたが、改めて調べるとTCR4もTZ300も給水温度と室温に応じて洗浄時のヒーター加熱時間や乾燥時間を最適化するだけみたいですね。汚れセンサーとかがあるわけじゃない。最後に選択したモードは記憶されていて、都度選ぶ必要はないので、こだわりがなければ操作ステップが増えるということはない。むしろ、TCR4は1ボタンでコースと乾燥有無の組み合わせをサイクリックに切り替える必要があったので、それが分離されて独立して指定できるようになったのは改善だと言えます。従来「スピーディ」で問題なかったと考えると、TZ300でも汚れレベル1で充分なのかも知れません。追々検証して最適化していこうと思います。

内部は2段になって圧倒的に収容力があがりました。箸やスプーンなどを立てるスペースがいつも手狭だったり天井が使えて長い箸の出し入れにトレイを引き出さなくてはならなかったんですが、俄然スムーズになりました。まな板がまるごと洗えるようになったのも食中毒防止の観点から良いかと。

気になったのはサンマ皿みたいな細長い食器を上段に並べるアタッチメントがあり、まさにそういう皿を常用しているので「これはいい」と思ったんですが脱着が割と面倒。脱着ではなく爪の開閉ギミックとかで実現できたらなお良かったかもです。

あと稼働音が圧倒的に静かになりました。カタログ上は41db -> 36db (50Hz圏の場合)です。同居人は大型化するからにはよりうるさくなるのを覚悟していたようですが、遮音材などをしっかりいれているのかむしろ軽自動車から高級セダンに乗り換えたような静かさです。もともとTCR4は小型化優先で箱が薄いのかうるさいという評価も多かった気がします。実家のレギュラーサイズモデルも静かだし、むしろこれが今時の標準的な騒音レベルなのかも知れません。

■洗剤も替えてみる?

我が家では洗剤マニアの同居人のチョイスで、ドラッグストアチェーンのクリエイトで売っているこれを使っています。

袋入りは使いづらいですが、適当な洗剤ケースに移し替えれば問題ありません。

(中性が多い)液体タイプは不人気です(同居人曰く明らかに汚れ落ちが悪いとのこと)。

ですが、粉末とジェルのハイブリッドであるジェルボールタイプのJOYジェルタブは手軽さと洗浄力の両立がされてそうで気になっています。

ジョイ ジェルタブ 食洗機用洗剤 54個入

ジョイ ジェルタブ 食洗機用洗剤 54個入

2,100円(04/14 17:32時点)
Amazonの情報を掲載しています

今まで小型食洗機だと1個使うと過剰でコスパが悪くなりそうで敬遠していました。フルサイズ食洗機になった今なら試すチャンスかなと思っています。実際、TZ300には試供品がついていますし、2021年3月現在、3ヶ月分もらえるお試しキャンペーンまでやっています。これをゲットしてしばらく試してみるつもりです。

■まとめ~食洗機はイイゾ!

食洗機は未経験者ほどその能力に懐疑的になりがちですが、個別の汚れをこすり落とす力が働かない反面、

  • 火傷するレベルの高温の温水
  • 肌が荒れるレベルのアルカリ性洗剤
  • 長時間の繰り返しすすぎ
  • 熱風乾燥

など人間の素手では難しい要素がプラスとなります。特に温度は脂肪分が溶ける40~50℃を超える熱を与えるかどうかはキモで、手洗いでは難しいそれを食洗機の温水なら軽くクリアします(80℃くらい)。結果として焦げなどのガチガチにこびりついた汚れ以外は食洗機の方が圧倒的に有利なのです。電気は必要ですが水道代は少なくてすみます。時短家電としても非常に有効なので、未経験の人には是非いちど先入観を捨てて試して欲しいです。TCR4もまだまだ使えるので綺麗に掃除してフリマサイトで売りに出すので、そういう誰かのところへ渡ってくれたらいいなと思っています。

 

Dyson 360の死蔵バッテリーに活を入れた

Pocket

部屋が散らかりすぎていて活用できていなかった初代Dyson 360Eye(以下RB01)が引っ越して久しぶりに稼働させられるようになりました。しかしリビングの掃除を完走できないうちにバッテリー切れとなってベースに帰還してしまう。2015年の発売日購入なのでさすがにダメかぁと購入しようとしたら、他のハンディクリーナーと違って公式サイトでバッテリー単体販売をしていない模様。修理扱いで問い合わせをしてみるか、適当な互換バッテリーを買うかしかなさそう。

と諦めかけたところ、「そういえば一個あるぞ!」と。購入から少しした頃、妙にバッテリーの減りが早いぞと思ってサポートに問い合わせたところ「使用期間からするとまだバッテリー寿命とは考えられませんが、予防的に交換バッテリーをお送りします」という神対応で一個送ってくれたのです。さすがのDyson神対応。しかしそのご厚意を無碍にするかのように、結局交換しないまま放置してあったのです。捜索の上、なんとか発見し交換してみたところ、、、なんとピクリともしない。起動しないどころか充電ランプも点かない。全く充電しないまま放置しすぎて完全放電した模様。しばらく充電しておいても復活する様子なし。伝票をみると2016年に受け取っているので、5年近く放置していたことになります。やっぱり互換バッテリーを買うしかないのか、、、

■外部電源から強制充電したら復活するか?

Dyson 360 Eye (RB01)のバッテリーは14.8VのLi-ion(リチウムイオン)電池です。調べてみるとLi-ion電池を使用する機器は所定の最低電圧を下回っているとシステムを起動しないような安全装置が組み込まれているとのこと。もしバッテリー自体の劣化はそれほどでもなく(一度も使ってない)、単に完全放電して電圧が0Vになってるだけなら、他の手段でちょっとだけ充電して起動最低電圧まで上げてやればそれ以降は普通に使えるようになるんじゃ?という淡い期待が湧きます。どうせ捨てるしかないなら、爆発にだけ気をつけて実験してみようと。

使用したのはこちらの安定化電源。

この実験のために買いましたw。互換バッテリー買うのと変わらない値段ですが、一台持っとくと後々便利なんじゃないかと思って。もともとカーナビなどの12V機器を室内でテスト稼働させるために固定電圧のものはもっていましたが、コイツなら電圧や電流を自在に調整できるので、12V機器以外にも使えます。ジャンク修理動画などでよく映ってるヤツですね。

以下、我が家の環境でたまたま成功しただけかも知れません。正しい理屈に基づいた行為ではないので、真似して破裂したり火災になったりしても自己責任でお願いします。

RB01のバッテリーは端子が4つ。起動する方のバッテリーをテスターで調べると、内側2つが+、両外側が-のようです。バッテリーを外した掃除機本体を充電器に載せて端子にテスターを当ててみたところ、右側のペアに17Vくらいかかっていました。充電は放電よりも少し高い電圧で行うと思うので、「これが充電端子か!?」と思い、右のペアに電圧をかけてみました。上記のような安定化電源の良いところは、流れてく電流もモニタできる点。しかしそろりそろりと電圧を上げていっても電流は0mAのまま。仕方ないので乱暴ですが反対側のペアでも試してみました。するとこちらはある程度電圧をかければ電流が流れるではないですか。あまりモリモリ流し込むのも恐いので、1Aを上限に設定して加熱してないかマメに確認しながらしばらく充電しました。

ちなみにバッテリーの電極は奥まっていて接続しづらいですが、たまたま適度なサイズの金属板があったのでブスっと差し込んで反対側をワニ口ではさみました。

しばらく14V/1Aで充電をした後で本体にセットっして充電台に載せたところなんと充電ランプが点滅するようになりました!一歩前進。ただしそのまま1時間くらい充電台で充電したもののちょっと点滅パターンがあやしい。なんか起動しようとして失敗してシャットダウン、またしばらくして点滅をはじめる、みたいな。

そkでもう一度とりだして再度安定化電源に接続。今度は14.5Vかけても電流が流れない。ある程度充電が進んだからでしょうか。17Vくらいまであげてまたしばらく放置。なんとこれで本体充電&起動に成功しました。実際に新品バッテリーほどの保ちが蘇っているかどうかはもうしばらく検証が必要ですが、とりあえず動き出してすぐにベースに戻ってしまうということもなく普通に使えています。

検証過程はロクな専門知識なしでやってるのでそのまま真似することはオススメしませんが、なにが起きてるか正しく理解できる方のヒントになれば。また「数年放置して完全放電してしまったバッテリー」に活を入れただけで、普通に使っていて保ちが悪くなったバッテリーの寿命を延ばすという話とはちょっと違うと思うのでご注意ください。

2021.3.29追記:結局新品バッテリー購入しました…

全く電源が入らない状態からの復帰は成ったものの、やはりリビングを全部掃除しきらないうちに充電が切れてベースに戻ってしまう状態だったので、劣化はどうしようもなかったということで使用を断念しました。

一応Dysonのお問い合わせフォームからバッテリーだけ購入できるか問い合わせしたところ送料込みで9,900円で送ってくれるとの返信。代引きでよければそのままメールに返信する形で送付先の情報を知らせればOK。カードを使いたい場合はチャットか電話で申し込み、という感じでした。代引きにしたら2,3日で届きました。この価格差ならあやしい互換品を買う必要はまったくないですね。

初Chromebook! 3万円で買えるLenovo IdeaPad Duetファーストインプレ

Pocket

現在、学校教育系の案件に携わっている絡みで、現在シェアを広げつつあるChromebookを教養として使っておきたいなと考えました。ChromebookはGoogleが開発しているノートPC型端末用のOSで、ベースはAndroidで、元々は文字通りChromeブラウザがベースでGmailやマップ、カレンダーなどGoogleサービスを利用することに特化したシンクライアント端末という趣でした。OfficeアプリもChromeのDocやSpreadsheetを使う感じ。なんでもWebサービスとして提供しているGoogleの強みを生かしたようなOSですね。Windowsの入ったノートPCよりも性能が低くても動くので、いわゆるネットブックと言われていたような最低ハードスペックの小型で安価なハードに搭載された例が多いです。Googleアカウントでログインすれば自動でパーソナライズされるので、職場や学校での一斉配布端末としてとても管理がしやすいのでしょう。そして最近はGoogle Playアプリも入っていてAndroidアプリをインストールすることもできるようになりました(ただし一部動かないものや配布元が除外しているものもあり、100%ではありません)。なのでタッチパネルを使えば準Androidタブレット的な使い方もできるわけです(厳密な違いは後述)。2-in-1やキーボードが外れるモデルならなおさらです。またさらにβ版扱いながらLinuxもインストールしてターミナルはもちろん、Visual Studio CodeのようなGUIアプリも実行可能です。これもマニア心をくすぐるポイントですね。

■防水とは言ってないタフネスモデル達

また教育市場にするにあたり、MIL-SPECのようなタフネス仕様を謳うものが比較的多く、キーボードが防滴でコップの水をバシャっとこぼしても裏面の穴から排水してダメージを抑えるものもあります(執筆時点でAcerとASUSの一部モデル)。ただ本体部分を防水と明確に謳っているものは見当たりませんでした。風呂でキーボード打てる端末があるとちょっと便利かなと思ったんですが、、MIL-SPECでキーボード防滴なものでも本体の防水は保証していないので注意が必要です。Amazonとかだと商品名にしれっと「防滴」と書いてあったりしますが、公式ページをしっかり読むとそんな感じです。MIL-SPECには高湿度環境への耐性なども含まれているので、保証まではなくてもほぼほぼ問題なく、濡れた手でキーボード打っても平気なら安いし買っちゃおうかなー、とか思ったんですが、店頭でそれらのモデルをみたところ、底面には普通に通風スリットがあいていてめっちゃ浸水しそうだったので断念しました。スマホ/タブレット用低消費電力SoCを使っているので発熱も少なく密閉度も高いかなと期待したんですが無理でしたw。ポートをキャップで塞げばいいという次元ではなかった…

ちなみにASUSモデルには「あんしん保証」というシステムがあり、1年間は水没含め原因を問わず初回修理が20%負担で済むことになっています。追加料金14,800円を払えば3年間負担0%に拡大することもできます。これをアテにするのもアリかなとは思いました(笑)。

■Lenovo IdeaPad Duetを購入

防水を諦めるとすると選択肢が広がります。ArmやCeleronなど低性能ハードでも快適に使えるというのが売りのChromebookですが最近はCore iシリーズと搭載した高級機も増えて来ました。Androidアプリもネイティブで実行するならサクサク動くヤツがいいなーとも思ったんですが、同月にiPad Proやminiの噂もあったので、とりあえず「Chromebookを体験する」という初志に戻って今回はコスパ重視のチョイスとしました。定期的にお値打ちセールをやって話題になるLenovoのIdeaPad Duetです。

またより高性能なASUSやAcerのモデルはキーボードがヘコヘコしていて値段なりの価値を感じにくかったのもあります。逆に、Surfaceのようなカバー兼用キーボードである本機はデスクにペタっとしている分、意外としっかりして好印象だったのもプラスでした。ただしレイアウトはこれまたSurface GoのようにQの段とAの段のズレが一般的なQWERTYキーボードよりも大きい変則配置なので違和感というか地味なミスタイプが増える可能性はあります。液晶解像度もそれらの12インチ級モデルが1366×912とHD+(720pに毛が生えた程度)なのに対し、本機は10インチながら1920×1200とフルHD+なのも高解像度厨としては見逃せません(低プロセッサに高解像度だと処理速度が不安要因ですが)。

注意すべきはストレージのeMMC容量が店頭モデルが128GBなのに対してAmazonモデルは64GBのことがある点。価格が安いからととびつくと失敗するかも知れません(後からの増設は不可)。ただし本記事執筆時点のセールではAmazonのものも128GBとなっているようです。しかもクーポン適用で2万円台で購入できる!2021年4月4日までと書いてあります。それまでにこの記事を読まれた方は是非ご検討してみては。

■ハード周り

サイズ的にはSurface GO/2が競合になる感じ。あっちが背面のキックスタンドが本体と一体化していて、キーボードカバーのみ脱着可能なのに対し、こちらは背面キックスタンドもカバーになっており、脱着可能になります。iPadのSmart Forio Keyboardのキーボードと背面が分離できる版といってもいいかも知れない。ともあれキーボード、本体、背面カバー+キックスタンドの3枚下ろしになります。3枚合わせた厚みはSurface Goよりもありますが、本体だけにした時はSurface Goよりも薄いという位置づけ。室内でタブレットとして使う時は有利、という感じでしょうか。

液晶解像度はWindowsやMacのようにスケーリング指定が可能で、10インチを1920×1200で使うとさすがに文字が小さすぎて実用になりませんが、少し倍率を上げることでRetina解像度的に使うことができます。実際デフォルトが「100%」となっており1080×675と表示されている状態です。さすがにそれではもったいない気がして、一段下げて90%=1200×750で今のところ使っています。かなり細かく選択できるので、視力に合わせて選択すると良いでしょう。明るさ、発色は充分。動画も綺麗に再生できます。微妙に色味が緑がかってる印象でしたが、夜間モードを有効にすると色温度調整バーが出現し、それで好みの感じに調整できました。スケジュールを指定しなければ常時夜間モードで使えます。

キーボードは前述の通り、打鍵感は悪くないしキーピッチもリターンキーなど一部特殊キーを除けばそこそこ確保されているんですが、Qの段とAの段のズレが標準的ではないので、若干右手が攣るというか無理してるなって感があります。デスクトップ機なみのタイピングスピードが出てる気はしないです。「A」キーの左はCAPSロックではなく、虫メガネアイコンになっていて、いわゆる押すと検索バーが開きます。Windowsでいうスタートボタンみたいな位置づけです。幸い設定でCtrlキーにアサインを変更できます。せっかくLinuxも動いてそういう使い方をするならばスワップは必須ですよね。Windowsと違ってOSレベル、GUIで簡単に入れ替えできるのは高評価。本機は日本語キーボードなのでスペースの両側に「英数」と「かな」キーがあり、これでIMEのON/OFFができます。Macぽい挙動。最近はWindowsでもこのアサインで使っているので違和感なし。F7を使わないでCtrl + Iでカタカナ変換などもできます。

ポートは充電も兼ねたUSB-Cポートが1つのみ。付属充電器は5V/2AなのでPDには対応してなさげ。付属ACアダプタは開封せず、自宅に既設の充電器を使っておこうと思います。出張などにも余計な荷物をもっていかなくて済みそう。

その他、ハードボタンは音量Up/Downと電源(スリープ)。注意しなければならないのはAndroid用の電子書籍アプリを入れた場合、ページめくりキーとしては使えないらしいという点。Androidタブレットとしてそういう使い方も想定する人は気をつけてください。

各種競合製品との比較写真もふんだんに載っているので、検討している方にはオススメの記事です。

■ChromeOS所感

Androidアプリが動くといっても、完全にAndroidタブレットと同等なことができるわけではありません。気付いた範囲でまとめてみます。

・Androidのようにできないこと

ホーム画面(ランチャー)アプリの置き換えができません。正確にはできなくはないですがやや不安定です。例えば壁紙が指定できず真っ黒になります。おそらく音量Up/Downが使えないのと一緒でAPIがAndroidと異なるのでしょう。Android用として作られたホーム画面アプリ(Microsoft LauncherやNOVAランチャー)から壁紙指定してもロック画面はかわるもののホーム画面は真っ黒です。またChromebook標準設定画面から指定した壁紙も見えないです。同様にウィジェットも置けませんし、ブラウザからショートカットをホーム画面に保存するのもダメそう。そもそも「ホーム」ボタンに相当するものがないので、どんな状態からでも一発でホームに戻るということもできない気がします。

ではアプリランチャーはどこにあるかというと、「検索」キーで検索ウインドウを開き、さらに「△」ボタンでウインドウを展開した中にアイコンがズラーっと並びます。もしくは検索欄にアプリ名を入れて探して選択することもできます。最近使ったアプリだけは一段階目の検索ウインドウに残っている、という感じ。あとは「シェルフ」と呼ぶいわゆるタスクバー上に固定する位。慣れればどうということはないですが、iPadOSやAndroidのようにホーム画面にアプリがズラっと並ぶ感じは(少なくとも標準状態では)できません。壁紙が真っ黒など若干の違和感を許容すれば、ランチャーアプリが使えなくはないというところです。

この辺りのアプリをまたく挙動が通常のAndroidと異なり「Androidアプリが動く」イコール「Android端末である」ではないということだと理解しておく必要があります。

Androidアプリも起動しないものがたまにあります。確認した中では、「うたわれるもの ロストフラグ」は起動してもすぐ落ちてダメ。Steam Linkもエラーが出て使えませんでした。Chromebookなせいかどうかは定かではないですが。またZoomのようにPlay Storeで開こうとしても対応機種でないと言われてしまうものもあります。どうしても使いたいアプリがある場合は事前の情報収集が必要でしょう。

2021.03.08追記:Steam Link、再インストールしたら動きました。ただランチャーというかビックピクチャーモードが真っ黒になったりややあやしいかも。真っ黒状態でも操作は伝達されていて、ゲームが起動した後は普通に見える、という状態。ネットワーク切断みたなアイコンが点滅してるので、解像度を下げたりすればいいのかなぁ。もう少し試行錯誤が必要です。

標準ブラウザの変更も一応できます。私はEdgeにしています。FireFoxも動きました。ただシェルフ(タスクバー)にショートカットがおけるのはChromeのみのようです。またシェルフからChromeアイコンを消すこともできなそう。

・Androidではできないこと

ひとつはマルチウインドウで複数アプリを並べて並行作業ができる点。最近のタブレットOSでも画面分割的なことはできますが、レイアウトの自由度は制限があります。ChromeOSだとその辺りはデスクトップOS並に自由に配置できます。ただまぁハードは非力なので、そういくつものアプリを同時に開いてサクサク切り替えとはいかないかなという感じ。この辺り、Core iシリーズを搭載した機種なら違ってくるかもですが、そこまでするなら最初からWindows機でいいじゃんという気もします。多くのAndroidアプリはスマホ想定の縦長画面に対応しており、画面幅を狭めるとスマホレイアウトになって、例えばブラウザの横にMessengerみたいなレイアウトは馴染みやすい気がします。

またこれは人を選ぶ特徴ですがLinuxが動く点。設定アプリからGUIでオンにするだけです。マルチタブのターミナルアプリも入ります。SSHなどで他サーバーなどのメンテをしたり、Debian系なのでaptでアプリを追加したりもできます。ただし自分の端末のSoC(ArmだったりIntelだったり)は意識しておかないと動かないパッケージもあったりします。例えばVisual Studio Codeの場合、ダウンロードページで大きな.debリンクボタンからダウンロードしたパッケージだとインストールできませんでした。下の小さな「Arm 64」ボタンでから落とす必要がありました。日本語環境もChromeOS標準のIMEは使えないので別途Linux上でインストールの必要があります。これらの手順はググってできるだけ最近の記事を参照するのがオススメです。ChromeOSのバージョンで変わってくると思うので。

とりあえず執筆時点ではこちらの通りにやったらできました。

一応起動すれば普通にVSCodeです。ちょっと感動。ファイルはOneDriveなどを使って同期すれば良さそう。今のことこれさえあれば、サーバー上のPHPファイルをチェックアウトして、SFTPプラグインで上書き保存する度にアップロードするようにしてちょっとしたリモートコード編集くらいは充分できそうです。

■設定メモ

VSCode上でIME ON/OFFを「かな」「英数」キーで行うのが少し苦戦したのでメモしておきます。

IME関係の設定はfcitxとmozcで別個にあります。それぞれ、

とすることでGUIが開きます。UIが日本語にならない時は、

しておきます。私のところでは毎回必要だったので.bachrcに書き加えておきました。

で、どちらにもIMEのON/OFFっぽい設定があるんですが、最適化どうかはともかく、以下の感じで設定しました。なお、「かな」「英数」ボタンはIMEのON/OFFにのみ使い、変換操作には用いない想定です。

  1. fcitx側で「かな」、「英数」ボタンでON/OFF設定をする
  2. mozc側で「かな」、「英数」ボタンへのアサインを削除する

まずfcix-configtoolを開きまず(既にMozcの登録などは済んでいる前提です)。「全体の設定」タブへ行き、「Show Advanced Options」をチェックすると出現する「入力メソッドをオンに」「(同)オフに」をそれぞれ指定します。左右に2つずつ欄があるのは複数キーを指定できるというだけなので、片側だけ指定すればOKです。設定が完了したらオンに「Henkanmode」、オフに「Muhenkan」が出ているはずです。

次にmozcの設定を開き、「一般」タブで「キー設定の選択」を「カスタム」にして「編集」を開きます。紛らわしいですが”Henkan”が「かな」キーを指すようなので、”Muhenkan”が「英数」キーを意味します(”Kana””Eisu”ではない)。「入力キー」列でソートし、HenkanとMuhenkanの行を全て削除します。

OSを再起動して設定内容が再現されていればOKです。