Mac mini 設定編

Pocket

 で、朝方までかかって設置、設定をしました。

Mac mini

やっぱモニタも白にこだわるべきだった?トラックボールも白いのないかなぁ。

■iTunes周り

 元々CubeはiTunes専用機だったので、楽曲データ以外にはたいしたデータもなく、Tigerの設定引き継ぎツールは使わず、Cubeをターゲットディスクモードにして、FireWire接続でデータのみコピー。手動でMP3/AACファイルをコピーするとライブラリを管理するXMLファイルの中のパスとかがおかしくなってしまうので、iTunes上から「読み込み…」から<ホーム>/Music/iTunes/iTunes Music Library.xmlを指定。こうすることで、内部HDDにフルコピーしつつ、iTunes上の見た目は今まで通りに移行することができました。

 もしかしたらiPodも同一母艦として認識してくれるかなー、と思ったんですがやはりNG。全部再転送。これが遅い!どうせiPod nanoも使うからとUSBケーブルでiPod/20GBとの転送を初めてみたんですがあきらかにCubeでの転送より遅い。いくらMac miniが2.5inch HDDだからってこれはないだろうと途中で中断して仕舞ったFireWireケーブルをもう一度取り出してきてやり直し。うむ、これでCubeと同じくらいか?

 まぁ、こうして丸ごと転送だけ終わらせてしまえば、日々のアルバム1、2枚単位の転送なら我慢できるかなぁケーブル2本使い分けるのもイヤだし。

 そして、iPod nano。やっぱり遅い。FireWireに対応させても実効速度がこれじゃ意味ないから削ったのかもわからんね。フラッシュメモリってHDDよりは速いイメージはあるけど、それはあくまで読み込みとかでシークとかに時間がかからないからであって、やっぱり書き込み(書き換え)は遅いんだなぁ、と実感。

■メール、Web

 OperaとThunderbirdを導入。Operaはこないだの祭りでMac用シリアルを取得できたのでウマー。ThunderbirdもIMAP4環境なので設定だけで、実働状態に。ただ署名の文字化けに悩んだ。Thunderbirdは独立のテキストファイルを作ってそれを指定する形。ググった結果、UTF-8で保存すれば良いことが判明し解決。

■IM、IP電話

 MSN Messenger互換のMicrosoft Messenger5.0、Skypeを導入。

 MS Messengerはメンバーアイコン表示には対応したものの、依然として音声、ビデオ会話には対応していない。あとメンバリストがグループ別表示に対応してないので、Windows版の表示と違和感が。まぁ、しょうがない。

 Skypeは英語版のみ?Mac miniはマイク端子がないので、SPDI/F用につけたコレから取ることも考えたけど、一計を案じてこないだ買ったBluetoothヘッドセットを使ってみる。 あっさり認識。普通のサウンド入出力デバイスとして認識されるものの、Skype側で通話用デバイスを別途指定できるので、システム音やSkypeの呼び出し音は標準のスピーカーから出し、会話のみヘッドセットで、ということもOK。リビングは我が家のほぼ中心なせいか、あちこち歩き回った時の感度もヨサゲ。元々、電話用に買ったんだけど、とりあえずそっちはShareVoiceに戻す。 カーナビ用のBluetoothユニットは購入済みで、システムのアップグレード待ちなので、それが済めば現在持ち歩いてる方のヘッドッセットがいらなくなるだろうから、その時再考しよう。

■RSS、ブログ書き

 アグリゲーターは普通に見るにはASP型のFeed on Feedで問題ないんですが、TigerにはイカすRSS表示スクリーンセーバーがあるので使いたい。ただこれはSafari上の特定のRSS1つしか指定できない。うーん、Feed on Feedが各フィードを統合したメタRSSを吐く機能があればなぁ。Bloglinesとかってそういう機能あるんだっけ?

 ブログを書く方が困った。最近はWindowsのツール「Blog Write」 に慣れてるので、今さらブラウザに戻る気にもなれず。なんかMac用でも良いツールを物色してみますかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)