5年ぶりに(メイン機の)グラボ交換

Pocket

仕事&エンコ用のメインWindows機のグラボをGeForce GTX260から実に5年ぶりリプレース。CPUやマザーは途中でSandy Bridgeに移行したのに、グラボはそのまま使い続けていました。前エントリで日常エンコにもTMPGEnc Video Mastering Works 5を活用する機会が増えそうなので、これを機に改めて1)CUDAを活用して凝ったフィルタも使ってみようかなぁとか。あと、最近同機が不調で画面が固まったりする(マウスとか時計もフリーズしてるので切り分け不能だけど、ディスクアクセスなんかはそのまま動いてるっぽかったり)のも2)治るといいなという期待、そして5年の進歩で3)消費電力や発熱もさぞ低減されているだろうという期待で。

CUDAなのでGeForce一択。700系が最新ですが、コスパ狙って1世代前の600系で、なおかつ消費電力が64Wと低い650無印でいいや、ってのは割と一瞬で決まりました。その上のGTX650 Tiだといっきに110Wとかいっちゃって動機3)が弱くなるなと。実のところGTX260もCUDAに期待して投資(当時3万位したような)したものの、結局つかいどころがないままだったので、動機1)はまぁ期待半分だったんですよね。

で、GTX650をAmazonでググったところ、DVIが2ポートついてて小型でしかも補助電源いらずってのがあったので、またまた玄人志向のお世話になることにしました。

1385837_10202184370917599_1674972461_n

■とりあえず不調が1つ治った

もう随分前、Windows7の頃からなんですが、コールドブート後にログオン画面になってすぐにログオンすると画面が真っ黒のままになる現象が出ていました。デスクトップアイコンも出ず。マウスカーソルだけは反応するんだけど、結局Ctrl+Alt+Delして一旦ログオフしてから再度ログオンするとOKみたいな。あるいはログオン画面でしばらく我慢してサービス関係がひとしきり起動し終えた頃にログオンする、みたいなおまじない的な使い方をしてました。それが、グラボ交換でサクっと直り、実質のコールドブート時間が大幅に短縮。これだけでもう買って良かったと感激しきりw。

■エクスペリエンスインデックスは微妙

まず構成ですが、CPUがi7/2600K定格。マザーはPCIex Gen3に対応してるんですが、CPUが初期Sandy BridgeなのでGen2までしか使えず、Gen3対応のGTX650の実力が出し切れていない可能性があることをお断りしておきます。

Windows8エクスペリエンスインデックスは7.1->7.2の微妙な差に。実は最初に測った時GTX260は6台だったんですが、ドライバを最新版に更新したらあっさり7.1に向上。そのあとで交換したらあまり変わりないことに。5年前のモデルとはいえ当時そこそこお高かっただけはあるんですかね。

GTX260

・交換前GeForce GTX260

GTX650

・交換後 GeForce GTX650

ちなみにこちらのCUDAの「Compute Capability」という指標をみると、GTX260は1.3、GTX650無印は3.0となっています。よくわからない指標ですが、APIのバージョン的なものではなく、9800GTを1.0とした比率だとしたら倍以上高速なはず。そして現時点で最高が3.5なのでなかなかのはず!

■TVMW5での効果

前提としてエンコード自体にCUDAを使う気はありません。エンコはあくまでx264。フィルター処理が軽くなればいいなと思っています(さすがにCUDAのエンコード画質はまだ保存には耐えないレベルだろうと)。でもまぁものは試しにとCUDAでエンコードさせてみると、同じフィルタ条件下(24fps化動き優先+逆プルダウン(縦縞除去)+リサイズ)で1分ソースが58秒が41秒と短縮されますね。

フィルタでは、通常の「ノイズ除去」程度では全く使ってくれずCPU100%。より演算負荷の高い「高精度ノイズ除去」でようやく20%ほどがCUDAの分担になるようです。処理時間は2分36秒と実時間の2.5倍ほどになるので、あんま普段には使わないかなぁ。ただCPUだけでやったら3分13秒なので効果は出てますね。30秒程度の差ですが、24分のコンテンツなら12分も変わってきます。

更に「スマートシャープ」上乗せどんっ。CUDA使用率は45%に。エンコ時間は2分52秒(CUDA OFFだと3分41秒)。ただまぁスマートシャープかけるなら、aviutl側でWarpSharpプラグイン使った方が仕上がりが好みなので、これもあんまり使う機会ないかな(^^;)。

 

てことで、重ためのフィルタをかけると効果は確実に出るけど、普段使いのレシピだとあまり出番がないかなという印象。CPUをIvy Bridge世代にものにすると、PCIex Gen3が開放されて速くなるかも?という期待がありますが、その分CPUも速くなるからCUDA使用率はどうなんだろとも。いずれにせよ今月はiPadも出るししばらくは手が出ないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)