Surface Pro X ブラウザベンチマーク

Pocket

Surface ProのArm64版のあるChromium Edge Dev(開発版)を入れてみたので比較ベンチをとってみました。ブラウザベンチはどれがいいのかわからなかったのでとりあえずJetStream2で。サブスコアが膨大なのでとりあえずトータルスコアに着目。

モデルはこちら。電源に接続し、内蔵Wi-Fiでインターネットに接続した状態で計測しました。計測時に他のブラウザは終了し、なるべくメモリを空けています。

■結果

Edge 正式版(79.0.309.68)x86 32bit

38.666点

Edge 開発版 (81.0.389.2)Arm 64bit

77.462点

Chrome (79.0.3945.130)x86 32bit

38.716点

FireFox(72.0.1)Arm 64bit

55.116点

参考:Core i7 4790デスクトップでEdge(79.0.309.68)x86 64bit

94.225点

 

■所感

  • Edge同士で(バージョンが違うものの)、32bitエミュレーションとArm64ネイティブでスコアが倍違う
  • Chromium EdgeとChromeではほぼ同じスコア
  • 同じArm64版同士でEdge DevとFireFoxではEdge Devの方が優勢
  • 我が家でトップクラスのデスクトップ機と比べてもArm64ネイティブのEdge Devなら8割くらいの性能は出ている

というところでしょうか。Arm64ネイティブは健闘していますね。しかしArm64ネイティブアプリには現時点で個人的に重大な弱点があります。ATOKが使えない点です。ちょっとしたSNSくらいならいいですが、ブログ記事を執筆したりするには辛い。JustSystemsさん、是非早期にATOK PassportのArm64版をリリースしていただきたく…

Surface Pro X ブラウザベンチマーク” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)