Surface Pro Xで新幹線

Pocket

Surface Pro X購入後、初の新幹線出張です。Surfaceシリーズをお使いの方にはあるあるでしょうけど、新幹線(N700系)のテーブルに載せた時に、キックスタンドの分だけ手前に出さないとならない為、キーボード側はテーブルから手前にはみ出ての利用になりますね。もう少しキックスタンドを閉じて液晶画面を垂直に近い形にすればなんとかキーボードもテーブルの枠内に収まりますが、私の座高だともうちょっと画面を寝かせたい気もします(座高にもよるでしょう)。

キーボードが手前にはみ出ていても写真のようにペンが隠れるフォーム、つまりキーボードを斜めに浮かせた状態であればそんなに不安定さはありません。逆にキーボードを机上にペタっとさせるフォームの場合、パームレストに手のひらを乗せた重みで半端にキーボードが浮き上がってしまい厳しいです。

初回出張からいきなり純正充電器は置いてきて、先日買った小型充電器のみで過ごしてみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)