【一般販売開始!】SONYのウェラブルエアコンREON POCKETを使ってみました

Pocket

SONYが自社クラウドファンディングサイトFirstFlightで投資を募って製品化したウェアラブル冷感・温感デバイスREON POCKETが春先に届いてたんですが、季節柄必要性を感じずに放置していました。

[ソニー] REON POCKET レオンポケット

[ソニー] REON POCKET レオンポケット

16,500円(08/13 23:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

[ソニー] REON POCKET専用インナーウエア ホワイト(L)

[ソニー] REON POCKET専用インナーウエア ホワイト(L)

3,980円(08/13 23:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

この度、そろそろ暑くなってきたのと、某所で終日テレカンをするのにクーラーによる首や肩のコリやそれに付随する偏頭痛などを警戒してヒーターモードが効くんじゃないか?という興味で開封、実戦投入してみました。

■REON POCKETとは?

詳細は公式サイトをご覧いただいた方が速いですが、

  • 冷却デバイスとして有名なペルチェ素子を使用(SONYの各種製品の放熱、冷却技術を応用)
  • 背中の首の辺りに装着(専用インナーシャツにポケットにセットする)
  • スマホアプリからBluetooth経由でコントロール
  • 冷やすモードはファンも使って換気
  • 温めるモードは温まるのみ(ファンは停止)

という新種のガジェットです。ペルチェ素子は電流を流すとある方向に熱を移動させる(片方が冷え、片方が温まる)特性をもっており、電流の向きで温めたり冷やしたりを自在に制御できるので色々なところで使われています。これを人肌に接触させて使おうというのがREON POCKETです。

■温めてみる

仕事で自宅ではなく某所の会議室から4日間x終日テレインタビューをすることになり、持ち込みのノートPCをずっと見下ろしてたら間違いなく首が逝くだろうという予感がありました。

こういうスタンドを買って持ち込み、ノートPC自体の高さを高くレイアウトすると同時に、REON POCKETで温めるという試みをしました。

どちらが効いたか不明ですが結果として4日間、首や肩を痛めたり頭痛を感じることなく追えることができました。

REON POCKETは仕様上、連続運転は30分までとなっています。休憩時間などにONにしておけばいつのまにか切れている、という感じ。最低レベルの1でもONにすると瞬時に温まってくるのを感じることができます。場所的にも首の血流を促進しそうな感じがします。温感モードではファンが回らないので無音でポカポカしてきます。

まぁ温めるだけなら使い捨てカイロやこういうレンジで温める系のネックピローでもいいんじゃね?という気がしなくもないですが、カイロは一度加熱を始めたら延々使い切るまで温まりっぱなしだし、ネックピローはすぐに冷めてしまいます。

対してREON POCKETは好きなタイミングで温めすぎることもなく使用できるのが利点かなと。またネックピローはさすがに仕事中には肩に載せておけませんが、本機ならシャツの下にさりげなく仕込めるのもアドバンテージです。

■冷やしてみる

まだ外でガチの肉体労働とかに使ったわけではないですが、外出時に使ってみました。こちらもONにした途端に接触部分が急速に冷えていくのが体感できます。こちらも今のところ最低パワーのレベル1で充分な感じ。首元なので多少ファンの音がしますが、これも最低パワーであれば話をしている相手に聞こえるかどうか、という音量で、会話の妨げになる、とかいうレベルではないです。あとつけて運転してみましたがヘッドレストから少し頭を浮かせて運転するタイプなせいかあまり異物感などなく運転できました。背中から頭をベタっとシートにもたれかかる人だとどうかな?というところです。

これで熱射病などから身を守れるかというとまだなんともですが、つけてて気持ちが良いなとは思います。

■専用インナーシャツについて

本機の最大の課題は専用インナーシャツとセットでないと使えない点でしょう。現時点ではメンズ専用、V首のインナーシャツのみ。そもそも本体とセットで買った分以外に追加購入する方法すらありません。今後REON POCKETが正式に一般販売することになればシャツ単体でも買えるようになるかもですが、もしこのまま終息となれば今手元にあるシャツ(5枚)がダメになったらアウトです。サイズを変えることもできません。

またやはりビジネスシャツばかり着ている生活ではないので、普通にTシャツとか着てる日にも使えたらと思います。さっそく自作にチャレンジしている方もいらっしゃるようですが、個人的にはシャツを加工するよりはなんらかのホルダーみたいなのができないかなと思ってます。外観としてはこういうイメージのなにか。

追々純正でもそんな感じのオプションが出てくるといいですね。なにはともあれまずは一般販売が実現するといいなと思います

2020.07.01追記:一般販売開始!

ついに一般販売が開始されました。Amazon、ヨドバシで販売を確認。専用シャツも売られています。これで予備のシャツも当面は入手可能になりました。できればXLが欲しかったけど、S/M/Lのラインナップはクラウドファンディング時点で同じみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です