30プリウスの車検とショック交換

Pocket

セカンドカーの30プリウスが車検の時期になりました。ディーラーで事前見積もりをしてもらったところ、ショックが1つ交換しないと通せそうにないということだったので、1つだけ純正で交換するよりも格安品で4つとも交換してしまった方が安いし気持ち的にもいいだろうということで、今回は持ち込み取付をお願いできる整備工場にお願いして交換と車検を済ませました。

購入したのはこちら。ノーブランドの中華品です。

個人的にはどうせならKYBのNew SR Specialくらいにしたら乗り味もよくなるんじゃないかと提案したんですが、正式な所有者である同居人がそんなに乗らないのでもったいないと反対。

車検屋さんにも意見を求めたんですが、「中華製は2年もたずにダメになることもある」とのことでした。ただこのプリウス自体、次の車検まで乗るか微妙なところだし、普段はゴミ捨てくらいの超短距離下駄車なので同居人に判断をまかせた次第です。

で、S0008なるショックに交換された車両を受領して走り出した瞬間に口から出た言葉は「おっそ!」でしたw。なんかすごくもっさりしたというか、「パーキングブレーキ戻し忘れてる?!」という、なにか重いものを引きずっているような感覚です。その代わりというか、ロールは抑えられてしっとりした乗り味にはなっています。”ちょっと馬力が足りない高級セダン”のような感じです。スピードが乗ってさえいれば、カーブを曲がる時の沈み込みの少なさは割と好みかも。アクセル開度との相関を体感する運転車以外の人には好評を得やすい商品かも知れません。ドライバーが楽しくなるショックではないかな…。

そもそも自分の車両のショックだけ後から交換したことってないので、こんなに変わるんだぁ、という感じ。父親がVWパサートとかハイエースで替えていたようですが、そこまで違いを実感するほどではなく。

これが燃費とかにどう影響するのかは追々追記していきますが、感覚だけでいうとメチャメチャ落ちそうです(まぁもともと近場専用下駄車でこの車種にしてはそんなに燃費良くないんですが。14km/Lくらい。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)