TP-LINK TL-SX1008が故障、交換へ

Pocket

2021年11月に購入した10Gbps x8のスイッチングハブTP-LINKのTL-SX1008が何の前触れもなく朝起きたらダウンしていました。電源を入れ直しても回復せず故障と判断。

こちらの製品は法人向けで5年保証となっているので、1年過ぎてましたが保証期間内でした。ネットでググると結構多いようです。ハードウェアVerが1.0と2.0があるらしいものの違いはわからず。2.0を修理に出したら1.0になって戻って来た、という事例も。ウチは1.0でした。

で、公式サイトのフォームから症状を連絡そしたところ「検査するから送ってくれ。ただ半導体不足で交換品お届けまで時間を要するかも知れない。」的な返事が返ってきました。あちゃーと思いつつも宅急便で送付。ちなみに送付時は送料こっちもち、返送時はあっちもち、というシステム。

結局中3日ほどで「マザーボード部品劣化の問題を確認できました。新品手配をさせていただきます。」と発送連絡が来ました。ほぼ即時で交換品が入手できてほっと一息。ちなみに交換品もVer1.0でした。

交換品は無事動作。この機種はファンの音がうるさいと互換サイズのNoctureに交換改造する人が多く、公式ページにもわざわざ赤字で警告が載ってるほどメジャーなDIYで、自分も交換するつもりでパーツを同時購入してあったんですが、面倒だったのと言うほどうるさくもないなと思い放置してありました。結果的に交換して保証非対象とならずに済んだので良かったと思います。まさかこんなに平均寿命が短いとは…これが対策品ならいいんですが同じVer1.0だしまた1年前後で壊れたやイヤだなぁという不安はあります。

とはいえ、今回「待たされるんならつなぎに代替品を買おうか」と一応調べてみたんですが、これ自体も当時より値上がりしてるし(購入当時3.8万、今5万ェ…)、同等価格帯の代わりになるモデルも見当たらずですね。RTX1300も買ってSPF+でつながるハブがあればいいなとも思ったんですがすぐ手が出せるものはなさそう。

BUFFALOの不安定さにカッとなってTP-Linkの10Gbpsスイッチを買ってやった。後悔はしていない。

Pocket

先週仕事でホテルに連泊した折、またも自宅のBUFFALOの10G/2.5Gbpsスイッチングハブが熱停止していて外から一部機器にアクセスできない事象が発生。冷めると自動復帰するのか、最近はあまり直面することはなかったけど、やはり自然に治るというものでもないんだなとw。下に12cmファンをおいて風を送り、上にも8cmのヒートシンクを置いてたんですけどね。

ネットワークは安定稼働してナンボということでいよいよリプレイスをすることに。

また使っているのはこちらで、10Gbpsが2、2.5Gbpsが4ポートの計6ポートの製品。以前にSynologyのDS1517+とメインのWindowsデスクトップを10Gbps化し、またWi-Fiアクセスポイントとして使っているBUFFALOのルーターも10Gbps。

すでに10Gbpsはポートが足りていませんでした。M1 MaxのMacBook Proも導入しこれからメインで使っていきたいと思っているので、そちらも(今は手頃な10Gbpsアダプタが見付からず未導入ですが)高速化していきたいと思うと、インフラとしてスイッチを強化するのはどのみち必須ということもあり。

■音がうるさいと評判のTP-Link TL-SX1008

購入したののはこちら。BUFFALOのが自分も含めて「不安定」というレビューで溢れているのに対し、こちらは「ファンがうるさい」「交換したった」という書き込みに溢れています。やはり現行の技術では10Gbpsは発熱がものすごいので、不安定になるかメチャクチャ冷やしてうるさくなる、筐体がデカくなる、高くなる、という運命ということでしょう。それでもこちらは「通信が切れる」レベルの不安定さの指摘は見当たらないので、「ファン交換してどうにかなるならマシ」ということでチョイス。

8ポートといっても下に見えるYAMAHAのルーターやスイッチと違い、1列に並んでいるので筐体の横幅は結構デカいです。台に載りきらず90度回転して設置することに。BUFFALOが背面ポートモデルだったので、そこまで来ていたケーブル長の都合も。まぁランプはよく見えるからヨシ。ステータスLEDの点灯ルールはちょっとややこしくて、1Gbpsまでは右側、2.5Gbps/5Gbps/10Gbpsでリンクすると左側が光ります。下のRTX1210とつながっている黄色いケーブルのポート1は1Gbpsなので右側がオレンジになっています。となりのポート2はBUFFALOのルーターと10Gbpsでリンクしているので左側がグリーンに光っているわけです。右と左、LEDの色の組み合わせでやや直観的とは言えないですが、一応見た目でリンク速度が細かく確認できるのは良いです。

問題の音ですが、起動直後は掃除機のような音がするものの、数十秒でスッと落ち着きます。デスクトップPCでBIOS/UEFI画面中はファンが全開になるような感じ。制御プログラムが起動すれば熱相応の回転数に落ち着くと。室温20度台の部屋で1人で使っている分にはそんなに回転数があがることも今のところはなさそう。デスクから(自分の耳)から1m位のところに設置していますが、アイドリング中の音は聞こえます。ただ思ってたよりはマシ。ちょっと高めの音が唸るようにフォォオォオンと微妙な変動をしつつ鳴るので気になるといえば気になりますが、他のサーバー機器などの音も元からしているので、こんなもんかといえばこんなもんと割りきることもできるかなーとか。例えば6/8畳くらいの部屋でも反対側とかに距離を離して設置すればそこまで気にならないんじゃないですかね(あくまでアイドリングレベルの話)。

初期不良チェックだけできたら速攻でファン交換/追加するつもりで既にファンや配線も購入済みなんですが、ちょっと面倒くさいからこの冬はこのままでもいっか、という気になってきています(笑)。しばらく使ってアイドリング以上の回転に上がることがどれくらいあるかで決めたいと思います。

ファン交換する時のためのメモ

(保証はなくなるでしょうから自己責任で)

kakaku.comのレビュ-に改造メモが色々出ています。本製品はサイド片側に4cmファンがついており一般的な3pinコネクタ(電源+回転制御)で置き換え可能なようです。静音ファンで名高いNoctuaにする人が圧倒的に多いみたい。まぁこういうのは誰かの実績に倣う方が無難ですしね。

別の人は、これだと静かになるけど温度としてはあまり下がって無いから不安ということで、メインボード上にある3つのヒートシンクにファンを追加した模様。その方が使ったというのがこちら。サイドファンが2cm厚タイプなのに対し、ヒートシンク用は1cmでいいみたいですね。

X-FAN 40mmファン RDL4010S

X-FAN 40mmファン RDL4010S

619円(06/25 05:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

こちらの方が単価は安く3つと配線パーツ買ってもNoctuaより安くあがりそう。この方は電源をどうしたかまでは書いてないですが、サイドファン用のコネクタからとるなら分岐ですかね。あとはケースに穴をあけて外部からとるか、になりますが。まずは分岐でどうにかなるならケースに穴を開けずに済むので試すならそちらからかな。分岐ケーブルはこちらを購入しました。

Groovy FAN用電源ケーブル(二股)5cm GN-PW014F

Groovy FAN用電源ケーブル(二股)5cm GN-PW014F

261円(06/25 05:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

サイドファンもあわせて4つ回そうとすると、多段でつなげると3つ必要になりますしケーブルやコネクタも体積も増えるので、自分で配線を繋ぎ直して4股にする方がよさそう。さて、これでしっかり回ってくるのか。

自分はまずはこれでヒートシンクに追加ファンをつけて、ケースファンが静かになれば高いNoctuaは保留でいいかなと思っています。