「僕の彼女はサイボーグ」は既視感の連続だった

Pocket

予告にそそられて観てきました。以下、ネタバレ有り。

■それなんて○○?

散々既出の、「それってサイボーグじゃなくてアンドロイドじゃん!」って突っ込みはさておき、、、結論からいうと、どのシーンもアニメやゲームでお目にかかったことがあるような気がするシチュエーションばっかで、新鮮味にかける感じでした。例えば、人間世界のことがわかっていないアンドロイドがやらかすボケとして、ペットのイグアナを鍋料理しちゃうとか、香水飲むとか読めまくりでした。冒頭のマネキンも読めた。基本プロットも、感情をもたないロボットが色々ボケをかましつつ愛着を醸し出しておき、最後に比較的ベーシックな行動原則(プログラム)に基づいて(人間から見たら)ものすごい自己犠牲的な行動を取って、人間が勝手に感動する、みたいな。それなんてマルチ?な感じ。自分を守って壊れたロボットを、将来科学者になって復元する、って流れも偽ドラえもん最終回とか、ジュブナイルとかで既出。最後に視点が変えて物語をなぞるのもKeyあたりが良くやる手法だし、、、なんか既存の比較的マニアックな世界で使い古されたネタを、一般人向けにかき集めてみました、的な評価ですね。オタク的にw。

■韓流的なギトギト感にため息

あと脚本、監督が韓国人なワケですが、全体にデレシーンとかギトギトに濃ゆくていかにも韓流ドラマな感じでちょっとウっときました(と韓流ドラマをちゃんと観たこともないσ(^^)が書いてみる)。セリフもクサいし、顔の表情が無駄に大げさな印象。そこまで顔の筋肉酷使してしゃべるヤツいたらキモいわ、って位(^^;)。やっぱり今後も韓流ドラマは観ないだろうなと改めて思ったりw。

■ある意味、子供に見せられない

未来から来たばかりのアンドロイドちゃんは服や靴を万引きしたり、店員を電気ショックで気絶させたり、主人公を巻き込んで食い逃げしたりとやりたい放題。主人公も食い逃げ楽しんじゃったり。過去シーンで子供時代の自分も駄菓子屋でお菓子盗んでたり。なんつーか、全般的に脱法行為が平然と行われすぎな映画です(^^;)。

■SFXはまぁ邦画なり…

CGは災害シーンとかそれなりだったけど、一番の山場である、下半身ちぎれたアンドロイドが這って主人公を助けに行くシーンで、露出するメカがショボすぎて萎えましたねぇ。あそこだけはもう少し頑張って欲しかった。むしろ少年時代にタイプリープしたシーンはCGは使ってなかったかも知れないですが、舞台美術としては結構よくできてた印象。駄菓子やの品揃えが良すぎなのが気になった位。

■あの結末は一体…

最後の未来の主人公が死んでから後のシーンはまるまるいらなかったんじゃないですかね?とってつけたよう。博物館に展示される位までは良かったかな(これもありがちな終わり方ですが。オーガンとか)。冒頭の2007年に現れた方が、時間的により未来から来てたんだろうなというのは途中で気付きましたが、まさかそっくりさんとは。てことは、学生の誕生日パーティをみて、ケーキに顔を突っ込ませる習慣を、アンドロイドは学習してないということになる気がするんですが、そこんとこどうなんですかね?で、最後にアンドロイドを失った時間に生身ちゃんが来て一緒に暮らしていくことになったら、主人公が苦労して科学者になってアンドロイドちゃんを蘇らせようとするモチベーションが著しく低下して、タイムパラドックスが生じる気も。まぁ、パラレルワールド的時間観の方で捉えるならアリですが。

一般人的な感覚だと、アンドロイドちゃんはいなくなったけど、クリソツで生身の彼女ができて良かったね、ってことになるんですかね?一般作としては、アンドロイドとくっつくとかいうオチは許容されないのかぁ?

■公開時期が微妙だったかも

無差別銃乱射や女子校立てこもり事件、そして地震と、本来理不尽は犠牲者を出していた未来から、それを回避すべくアンドロイドが送られてきて、実際サクっと救ってしまうワケですが、ちょうど現実に秋葉原の事件、四川大地震、そして今日も岩手、宮城の地震で死者が出たこのタイミングに観るとちょっと切ないですね。

■結論

まぁ、貴重な国産SFに投資という意味では、丸損ではなかった気がします。でもまぁやっぱり日本で作れる実写SFってこんなもんだよなぁ、という印象。サイボーグ(=改造人間)とアンドロイド(=人造人間)をとりちがえてる時点で、すでに科学的考証なんかも期待はしちゃいけないんだろうなという予感はしてましたけども…

過去と未来が循環するタイムリープものとか、すごく長いタイムスパンで伏線がつながる話自体は基本的にすごく好きなんですけどね。マルチも知らないような一般人なら、そこそこ新鮮な邦画SFとして楽しめるのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)