みまもりケータイ 005Zを導入

Pocket

Softbankのみまもりケータイ、005Zを契約しました。それも2台。

といっても見守りが必要な子供や親がいるとか、24時間定額通話したい恋人ができたとかではありません。今度小学校に上がる姪一号用です。まぁ安いので少し自分で遊んでみて、後は実家で活用してもらおうと。

どれだけ安いかというと、

  • 端末代金が一括0円
  • 基本料が2年間無料(ユニバーサル料金5円のみ)
  • 通話料はホワイトプラン準拠

です。ホワイトプラン準拠なのでSoftbank相手なら通話料も無料。なので基本的に2年間で5円x24回=120円!

注:端末代金はお店によります。2012年1月現在、都市部では一括0円のところも多いですが、年末年始に愛知の実家近辺で探したところ軒並み「頭金0円、490円x24回、月々割無し」で実質1万円程度のところばかりでした。また逆に一括0円な上に3,000円程度キャッシュバックまでもらえちゃうところもあるみたいです。

2年毎の更新月以外に解約すると違約金が1万円程度発生しますが、寝かしておいてもほぼダメージないので、買って見てあまり使われないようでも寝かせておけばいいやと。いざとなったらdocomoやauの端末を買う為のMNP元回線にしてもいいですし(まぁ、ちょうど更新月に欲しい端末がある場合くらい出ないとあまり意味ないですね)。

でまぁこんだけ安いならケンカしない様に姪二号の分も買ってやれ、ってことでまとめて2台買ってしまった訳です。就学までにまだ少しありますが、新学期シーズンになると値上がりしたり品薄になったりするかも知れないのと、充電台がリコールかかってて後日送付なんですがこれが何ヶ月も待たされるという情報があったので早い方がいいかなと。

■なにができる?

  • ワンボタンで予め設定した電話番号(オーナー番号)に発信
  • 同時に現在位置を示すURLを含むSMSを送信
  • 上記番号を含む20件からの着信のみ可能
  • 緊急時にリングコードを引っ張るとサイレンが鳴り、同時にSMS送信
  • 着信操作不要で自動通話開始し、ハンズフリー通話(手動設定も可)
  • 電池残量低下時や電源オフ時にもSMS送信(オーナー番号宛のみ)
  • 生活防水
  • Softbank端末やPCから現在位置を検索して地図表示(探す側に位置ナビ契約が必要。210円/月)

というところです。勝手に知らないところに発信しまくって電話代が嵩んだりしないので安心してもたせられる訳です。Softbank端末となら通話料定額なので恋人に渡したり、位置ナビオプションをつけて徘徊老人や荷物、車などを見守ったりという用途にも使えます。

自動着信させられるので、別室で子供が寝かせてある時に、起きて泣いてないかを時々電話してチェックするベビーモニター的な使い方もできるのがいいですね。

■docomo、auの競合サービスとの違い

端末はだいたい無料みたいですが、基本料や無料キャンペーン期間に違いがあります。例えば今日みた感じではdocomoは無料なのは半年だけみたいでした。恒常的な違いとしては、発信番号が複数設定できるという点が大きいです。例えば両親、祖父母など複数の相手にかけられるようにできるので、緊急連絡用としての冗長性が強まります。ただし発信操作が複雑になるので、小さい子供や機械が苦手なお年寄りだと、ワンボタンで発信できる005Zの方が悩まずに済む分アドバンテージです。利用状況次第ですね。緊急用なら別に通話料が定額じゃなくてもいいので少し悩んだんですが。そもそもオーナー回線が同キャリアでないと契約や設定操作ができない可能性もあります。

ちなみに005Zでも、リングコードを引っ張った時の緊急報知SMSはオーナー番号以外にも送信されるようにできるみたいです。なので他の家族からでもコールバックすれば通話はできます。

■ハード評価

基本的に表面の丸ボタンで操作をします。iPhoneみたいですね。単押しでオーナー番号へ発信(&SMS送信)、長押しで着信音量3段階とマナーモードのサイクリック動作、通話中は受話音量切換です。基本的にはハンズフリー通話用ですが、手動着信モードにすると拡声がオフになり耳に当てて通話するようにもできるようです。

電源は入れっぱなしが基本、というか誘拐犯とかが強制的にオフできてしまうと問題なので少しわかりにくいところに隠してあります。どこにあるかは書かないでおきます。充電は専用クレードルにのせるか、microUSB端子です。防水なのであまり充電端子のフタを開け閉めしない方がいいんでしょうけど、前述の通りクレードルが後日送付なのでしばらくは充電器直結で使うしかありません。新学期に間に合うといいんですが。なお、付属充電器はUSB端子がついたものとUSBケーブル、という組み合わせで、ケーブルをPCにさして充電することも可能です。車の見守りに使うんであればシガーからUSB 5V出力の出せるアダプタを使って常時給電してやれば、運転中に充電されるんじゃないですかね。電池が減って来たらSMSで知らせる機能があるので、知らない間に電池切れてたって事態を減らすことができナイスです。

あとバッテリーは裏蓋を外すことでアクセスできますが、裏蓋が付属のドライバーでネジ止めした上で小さなキャプで塞がれています。少なくとも素手はバッテリーを取り外すことはできないでしょう。ただドライバーはめちゃめちゃ特殊なものという訳でもないです。詳しくはこれも書かないでおきますが、ホームセンターで探せば合うモノは見つかるでしょう。なおネジとキャップは予備が1セットついてました。

緊急通報用のプルコードは単純に引っ張ると鳴り、押し込むと止まります。この辺は難しいですね。本当の緊急時には簡単に止められたらマズいですが、日常的にうっかり鳴らしてしまった場合に止められないとそれはそれで惨事です。(簡単には止められない仕様にした上で)登録番号から着信があったら止まるとか、DTMFトーンで暗証番号いれたら止まる、とかあっても良かった気がします。実際は通話中にはサイレンが止まるものの、通話が切れるとまた鳴り出すって仕様みたいです。子供に持たせる場合は止め方もちゃんと教えないとですね。ちなみに普通にストラップをつけるホールは別に下側にあります。共通ではないのでご安心下さいw。

■設定操作はMy Softbankから

ボタンの少ない本体でできるのは音量、マナーモード、時計設定程度で、着信モードの切換や対象電話番号の登録、SMSに位置情報を含めるかどうかは全てカスタマーセンターに電話して設定してもらうか、My Softbankを使います。iPhoneのSafariからでも使えます。ただし通常端末と同じでMy Softbankの初期パスワードが添付されていません。契約するとオーナー登録番号にSMSが届き、そこに書いてあるURLから辿ってMy Softbankログインページに行き、そこで新規登録手続き(005Zの電話番号と暗証番号が必要)すると、数日後にハガキで初期パスワードが送られてきます。それまで細かい設定は自分ではできないので注意が必要です(電話やSoftbankショップでやってもらうことはできるはず)。My Softbankの初期パスワードを店頭で渡さないのはセキュリティ的な施策みたいですが(店員が悪用しないとかですかね?)、ちと不便ですね。

 

お店を選べばほぼ無料で2年間使えるのでガジェット好きはなにか理由をつけてでも買って見たいアイテムではあります。惜しいのは見守る側からの位置検索が有料で、しかも位置ナビ基本料210円/月だけでなく5.25円/回の従量課金ってとこでしょうか。ただし各種基本パックには含まれるので、一定額ストップサービスや留守電オプションやグループ通話も必要ならまとめてパック契約してしまえば基本料の部分はほとんど負担にはならない感じですかね。位置ナビについての詳細はこちらで。この辺がもう少しリーズナブルなら常時ロギングデバイスとしてなにかの研究に使えそうなんですが。まぁ、まさにそんな使い方で月何千回も問い合わせされたらかなわないってことでこういう料金体験なんでしょうけどw。

2012.02.09追記:

iPhoneから使う場合は、Webの地図サイトで開くんではなく内蔵の「マップ」アプリで使いたいですよね、ってことで、リダイレクトするアプリを作って見ました

みまもりケータイ 005Zを導入” への1件のフィードバック

  1. みまもりケータイ用iOSユーティリティをリリース

    先日実家に2台導入したみまもりケータイ005Zですが、地図の見え方にやや不満がありました。 まず005Zのボタンを押して送信されるSMSですが、リンク先…

コメントは受け付けていません。