AirPlay互換ソフトはReflectionよりAirServerがヨサゲ

Pocket

実家の両親、妹がみんなiPhone使いなんですが、たまに電話で操作方法を聞かれた時に声だけではサポートしきれない時があります。WindowsなんかだとSkypeやリモートアシスタンスといった画面共有サービスを使えば遠隔サポートもしやすいのですが。

そこでふと気付いたんですが、WindowsやMacを擬似的にAirPlay端末にするソフトでiOSの画面をミラーリング表示し、それを画面共有ソフトで見ればよくね?と。あと、iOSアプリ「おやゆびでお」のAirPlay周りのデバッグ作業にも便利ってことで、実家私室のWindows機にも環境構築することに。
Reflectionというアプリが有名ですが、競合のAirServerというのも発見。どちらもMac版とWindows版があります。MacではReflectionを課金済みでしたが、実はこの記事を書き始めるまでWindows版があるとは知らず、今回はAirServerを入れてみました。ちなみにどちらも個人利用なら$14.99(執筆時点で1,223円)ですが、AirServerはSTANDARD LICENCEで5台までインストール可能なようです。アカデミック割引きも。他方、Reflectionは5ライセンスパックが$49.99とあるので$14.99の方はおそらく1台のみでしょう。ReflectionのアドバンテージはWindows XPでも利用できる点でしょうか(逆にMacだとAirServerの方がやTiger/Leopardまで網羅。ReflectionはSnow Leopard以降)。なおどちらもMac版とWindows版は別扱いなので、OSをまたいでライセンス共有はできなそげ。あとはReflectionだと共有画面にiPhoneやiPadのデザインを模したフレームを表示できる点w。プレゼンなんかではちょっとカッコイイかもw。

ともあれ今回はWindows版のAirServerを導入。まずはメールアドレスを登録すると7日間の体験利用ができます。もしくはFacebookアカウントで認証すると、ウォールに宣伝リンクが貼られ、そこから利用者が発生すると3日間の追加使用権がもらえるらしいです(試してないので詳細は不明)。

インストールは簡単。特に設定も不要。デフォルトだと自動スタートアップに登録されます。起動してもタスクトレイにアイコンが出るだけですが、これで準備完了。あとはiOS端末側で普通にAirPlay操作をするだけ。常時起動しているArom+IONの録画機に入れたので処理能力的に不安があったんですが全く問題なし。ほとんど遅延は感じられません。フレームがないので逆に肝心の画面がより大きく見られるのも利点かと。

■勢いでMac版も買い直したった

Mac版Reflectionを先月課金したばかりだったんですが、いくつか不満がありました。製品のバグなのかウチだけの不具合か不明ですが、

  • フルスクリーン表示が解除できない
  • 「おやゆびでお」で動画再生時、レジュームやスキップが不安定

など。しかし、Windows版AirServerだとこれらの問題が全く発生せず。これはもしかして?ということでMac版AirServerも試用してみたところやはり問題なし。ちょっともったいないけどこちらも続けてレジストしてしまいました。

■これから買うならAirServerがオススメ

お互い切磋琢磨してるでしょうから、いつ逆転されるかもわかりませんが、現時点ではAirServerがオススメかな。特に仕様などは購入時点の最新版で確認をして下さい。

AirServerが良い点
  • 1ライセンスで5台にインストール可能
  • PayPal課金した時のメールアドレスを入れればアクティベート完了。シリアルNo入力不要
  • (少なくともウチの環境では)動作が安定している
  • 常駐時、タスクトレイ/メニューバーにアイコン化され扱い易い
  • OSX Tiger、Lerpardで使える
Reflectionが良い点
  • フレームが表示され見栄えが良い
  • ポートレート、ランドスケープ固定など若干オプションが多い
  • Windows XPで使える

 

表示マシン名やパスワードの設定、自動アップデート確認など基本的なものはどちらも対応しています。できればAppStoreで販売してほしいものです。AirPlayに勝手に対応させてるから無理なのかなw?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)