foltia ANIME LOCKERでmp4変換されなくなった時の覚え書き

Pocket

ANIME LOCKERで正常にTS録画はされるもの、mp4変換がパッタリされなくなりました。折角のLinuxサーバーなので他のファイルも置いたりしようと思ってDocumentRootに置いたら、結構小さいシステムパーティションで残0にしてしまったことがあって、どうもその時にゴミデータができるとかしたみたい。最初エラーログにat(時間指定実行デーモン)由来のエラーがどっさり出ていたので、atqとかでいじってサイズゼロのタスクを消してみたんだけど効果無し。そしてググっていてこの記事を発見。なるほど、1つ変換できないTSファイルがあるとそれ以降全部ダメになるのか(一応自動で諦める処理も入ってるらしいが)。

ウチでもさっそく管理画面からphpPgAdminを開いて、テーブル「foltia_subtitle」中身を表示。録った覚えのないものまでどっさりでてくるので、m2pfilenameフィールドがNOT NULLなものだけにフィルタ。すると確かにfilestatusが正常を示す200のもの意外に、70のものが数個と90のものが1つ。90のものが変換されてない中で一番先頭のものっぽい。これを999(強制スキップ)に変更しシステム再起動。外出して帰ってきたら残りの70のものが全て変換されていました。基本的にはシステムパーティションの残量が0になるなんていう人為ミスさえやらなければ大丈夫だと思いますが、一応覚え書き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)