2Fの加湿機の水汲み用にトイレに蛇口を増設した話

Pocket

冬、インフルやコロナ感染リスクを下げるのに適度な湿度をキープするのが重要とされています。今度の家は木造2F建てで、仕事部屋と寝室が2Fにあるのですが、加湿機のタンクが空になる度に1Fに汲みに行くのが大変でした。2Fにトイレがあるのでその手洗い口にバケツやタンクをかざして給水もしてみたんですが、オフセットが足りずにバケツ一杯に貯めることができません。

なんか分岐して蛇口をつけられないかとググったところ、同じ理由でDIYされた方を発見。

なるほど、屋外用の水栓柱を立てるという発想はありませんでした!固定法以外はおおいに参考にさせていただきました。ありがとうございます。

■揃えたもの

(1記事に商品リンクを貼りすぎると上手く表示されないことがあります。リロードすると出るかも知れません。)

以下、()内が正式名称。ネジ口径は全て「G1/2」というサイズのものになります。

・ポール(水栓柱)

カクダイ 水栓柱 70角 6160-900

カクダイ 水栓柱 70角 6160-900

2,058円(02/25 09:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

執筆時点でAmazonでは2千円台の安いものが品切れだったのでコーナン(ホームセンター)でマエザワというメーカーのものを買いました。下側の穴の出る向きだけ気をつければあとはデザインで選んでいいと思います。地面に埋めるわけではないので真下に口が出ているものはNGです。

・蛇口(自由水栓)

2,000円くらいからありますが、同居人がレバー式で回転量が少ないヤツがいいというのでこちらの90度で全開になるタイプをチョイス。レバーがヨコについているものなどバリエーションは色々あるのでお好みで。

・分岐金具(片ナットチーズ)

片ナットフレキチーズ(PK付) G1/2×G1/2×G1/2

片ナットフレキチーズ(PK付) G1/2×G1/2×G1/2

558円(02/25 09:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

これもコーナンで買ったので全くの同一品ではないですが、適当に安いのを貼っておきます。コレと同じものがすでにシャワートイレ用についており、こんな感じで2連結して便器、シャワートイレ、新規蛇口の3分岐をした形です。

私が買ったものには水が漏れないようゴムパッキンが付属していました。

・フレキパイプ

金属製のホース。分岐金具から水栓柱の下の取水口をつなぎます。

カクダイ ブレードフレキ 13 798-15×800

カクダイ ブレードフレキ 13 798-15×800

2,043円(02/25 09:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

ブレードフレキという薄い鉄板を編み込んだような材質のものをチョイス。こちらの方が柔軟に曲がるので取り回しが良いカンジ。見た目も綺麗。今回は80cmのものを買ってみましたが結果ピッタリでした。

・並行ニップル

フレキと水栓柱が両方メスなのでオス-オスのアダプタをかまします。

・シールテープ

ネジ部分に巻いて密着度を高めるテープです。上の写真で白く見えてるのがこれです。正直今回初めて使いました。いままでシャワートイレとかをDIYで取り付けた時には存在すら知らずにつけてました。

カクダイ シールテープ 5m 797-031

カクダイ シールテープ 5m 797-031

100円(02/25 09:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

ただ巻き方が悪かったのか巻くことでかえって水漏れしてしまった箇所もあり、パッキンがきちんとついているならしっかりそれに押しつけるように締めれば問題ないのかなとも。シールが巻いてあることで一番深いところまで届いてなかったっぽいです。何重に巻くかも含め試行錯誤が必要でした。

あと水栓柱に自由水栓(蛇口)を取り付ける時に、ネジをグッと締めきったところで真っ直ぐになってくれればいいんですがそうもいきません。そこでこのテープを多めに巻き付けて締まる箇所を調節する、という使い方もできました。これも試行錯誤が必要で巻き数と固定位置の関係を見ながら何度かやり直しました。

当初「ネジ部分に巻き付けるだけだからそんなにいらないだろう」と思って2m巻を買いましたが、結構ギリギリでした。安いし5mを買っておくと気持ちに余裕ができるかと思います。

・水栓柱 固定具(サドルバンド)

水栓柱を壁に固定する器具です。元記事の方は自立するスタンドを作っておられましたが、もう少し安定感が欲しいなと思って壁に固定することにしました。

柱が70mm x 70mmだったのでそれにあわせてチョイス。店頭では金属製のものしかなかったですが、Amazonなら少し安い樹脂製もありました。室内なら樹脂で充分でしょうし、水栓柱に色も合わせられるので見た目にもヨサゲ。

カクダイ 水栓柱用サドルバンド アイボリー 625-623-70

カクダイ 水栓柱用サドルバンド アイボリー 625-623-70

475円(02/25 09:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

壁からのオフセット距離が調整しやすそうなコレもいいですね。

カクダイ 水栓柱用サドルバンド 70角用 625-612

カクダイ 水栓柱用サドルバンド 70角用 625-612

1,219円(02/25 09:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

我が家は賃貸で壁にネジ穴を開けるのを避けたかったので、ラブリコのナゲシレール ブラケットを使って余っていた2×4材で受け具を作って、それにネジ止めしました。ナゲシレール ブラケットは押しピンで壁に固定するので穴は小さくて済みます。


こんな感じ。

左下のブラケットをピン5本で壁に打ち込み、レールにそって上から本体を取り付けます。基本水栓柱に大きな力は入らない想定ですが、安定性を重視するなら上下二箇所にしてもよかったかも。ただまぁ狭いトイレでこれを組み付けるのも至難の業です。

 

確か購入した部材は以上のはず。まとめると、

品名購入価格(税別)
水栓柱2,180
自在水栓3,780
片ナットチーズ698
フレキパイプ(80cm)1,780
並行ニップル118
シールテープ(2m)48
サドルバンド880
ナゲシレール ブラケット698
総計10,812

調達部品リスト

という感じ。税込みで1万2千円ほどですかね(上記商品リンクは全くの同一品ではないですし、時価もあるので同額にはなりません)。通販だと個々にかかる送料が地味に割高になるので、ホームセンターで買えるものはそちらで買った方がお得かも知れません。

あと道具はもともと家にあったので算定していませんが、下記のものはあると便利かも知れません。

・ラチェット機構付きモーターレンチ

ギザギザがなくナットに傷をつけにくいレンチです。縦型のショートタイプが狭いトイレでは扱い易いです。またラチェット機構付きなら上下上下と動かすだけでドンドン緩むので楽ですが、ドライバーのラチェットに比べると慣れるまでちょっと時間がかかります。

スーパー たて型モーターレンチ MFTR68A

スーパー たて型モーターレンチ MFTR68A

1,864円(02/25 09:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

■完成!

うーん、違和感ありますね(笑)。水栓柱を壁と同じ壁紙で覆うことも考えたんですが、同じ壁紙を見つけることができませんでした。あと水栓中の高さが120cmか90cmという選択肢で、ちょうどその中間くらいが欲しかったです。水はねが気になるようなら昔ながらのこういうのつけてもいいかも。

バケツに水を汲むだけなら、30cm位のもっと低いのもあって便器の手前に設置することも考えました。バケツを床置きにして注水できるので楽かなと。ただ同居人が2Fで商売の作業をした後でサッと手を洗いたい(タンクの水を流すのはもったいない)という話があり、排水も考慮してやはりタンク上の設置となりました。「誰に見られるわけでもないので見た目は気にしない。コスパ重視で。」との指示に従いました。ここに公開されていることはナイショです。

ちなみに後ろの壁紙が違う部分は本来窓ですが、冬クッソ寒いのでスタイロフォームに壁紙貼ったものを詰め込んでます。映ってないですが上の方に14cmファンを組み込んで換気扇にしています。下に垂れてるのはその電源コードです。これも同じ壁紙見つけられなかったので違和感ありまくりなんですよね。まぁ2Fのトイレは普段自分達以外に立ち入ることはないので、、

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)