Apple「探す」対応の極薄カード型トラッカー Eufy Security SmartTrack Cardの厚みをAirTagと比べてみる

Pocket

AppleのAirTag互換というか「探す(Find My)」でも使え、なおかつAndroidや共有にも対応したEufy Security SmartTrackシリーズで告知されていたカードタイプがようやく販売されました。

AppleはAirTag互換機器のライセンス規格を定めていて、準拠していればiPhoneなどの「探す」に登録して使えるようにしています。様々なサードパーティ製AirTagの発売が期待されましたが、印象としてはそこまで種類が増えてこないなという感じ。その中で日本では多分初なんじゃないかと思うのがAnkerのEufyブランドのゾクするSecurity SmartTrackシリーズです。先行してAirTagのようなタグ型のものが発売されていましたが、今回ようやくカード型の登場です。

カード型になるとなにが良いかというと、財布に入れやすくなります。従来コインサイズに小さくてもやや厚みがあった純正AirTagだと財布が膨らんでしまい扱いづらく見た目も収まりも悪くなっていました。このようなアダプタは売られていましたが、多少財布の中で動きにくくはできるものの、厚み自体が減るわけでもないのでイマイチでした。

今回発売になったSecurity SmartTrackは、

  • 厚さ2.5mm、重さ12.4g
  • 電池最大3年、交換不能の使い捨て
  • IPX4防水
  • UWBによる近距離探索には非対応

となっています。AirTagの最大厚みが8mm、重さ11g、電池1年(交換可能)という感じなので、重さとしては良い勝負していて断然薄いということになります。残念ながらiPhone12以降のUWBを使った探索には非対応で、室内でどっち方向、どれくらいの距離になるかを調べることはできません。Bluetooth通信圏内であればカード側のスピーカーから音を鳴らしてそれを頼りに探すことは可能です。あと印象ですがその音量がAirTagよりも小さい気がします。静かな自宅室内での探索は可能ですが、騒がしい店内とかだったらかき消えてしまうんじゃないかな?というレベル。ちなみにAirTagの音はPCM録音っぽい綺麗な音がしますが、Eufyは完全にビープ音って感じの安っぽいメロディです。まぁ高級感は望まないですがもう少しだけ音量があると安心かなぁというところ。

参考としてmamorioのカードタイプだと1.7mmで更に薄いですがスピーカーがないので室内探索に使えないのと、万一外で無くした時にmamorio独自ネットワーク(mamorioアプリをインストールしたiPhoneとAndroid端末)と、Find Myネットワーク(一定のバージョン以降のiPhone、iPad、Mac全て)だとどうしても後者の方が信頼感が高いので、買いはしたんですが個人的にはmamorioシリーズは電池が切れ次第引退という位置づけです。

■サイズ比較

ということで、同じことを考えている人向けに厚み感をフォトレポート。

AirTagをお持ちの方は、銀色の電池蓋の厚みくらいをイメージすると良いかと思います。このままカードを右に近づけていくと、僅かに白いところにあたりAirTagが傾くかなというくらい。当然ながらお財布のカードポケットには余裕で入ります。二つ折り財布が一段スマートになりました。

UWB探索はそれなりに重宝していたので、これが使えなくなるのが痛手で、「もしもの時にAirTagの方が頼りになるかも?」という一抹の気持ちの揺らぎはあるんですが、しばらく使ってみて判断しようかと思います。

AirTag到着!財布の中で収まりをよくするハック

Pocket



AirTag到着しました。様子見でとりあえず1つだけ。使い道も定まっていないのでケース類も買っていません。

届いたパッケージ

最新 Apple AirTag 4個入り

最新 Apple AirTag 4個入り

15,800円(05/23 14:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

小さなパッケージの割に、AppleStoreの茶箱は無駄にデカかったです。次はなるべく店頭で買おうかな…

パッと見の印象は想像よりちょっとだけ小さく、それでも財布に入れるのはやっぱり大きい(厚い)という感じですね。

硬貨とサイズ比較

鏡面はとても綺麗ですが、モバイルグッズとしては無駄に傷に気を遣うアレです。使用シーンなんて微塵も考えていない伝統のAppleデザインです。鏡面+白って初期のiPodの組み合わせですやん。あの頃からなんにも進歩してません。カッコいいんだけど気軽に使えない。

まぁAirTagは高価なものではないし、たぶん使わなくなってもオークションで売るとまではいかないので、割りきればいいんですが。Mamorioが最近のモデルでわざわざ目立たないようロゴまで消してきたのに対し、コイツは「Apple様のAirTagだぞ!」という存在感みせまくりです。携行品についていたら盗難者がまっさきにちぎって捨てるヤツです。

裏面(?)は大きな碁石というかホワイトボード用のマグネットそっくり。存在隠しとしてはむしろ両面これで良かったんじゃ、、とも思いますが、AirTagであることをアピールすることでNFCスマホあてて情報読み取らせる意図もあるので悩ましいところですね。初代モデルとしてはまずは世間の認知度を上げて(盗難追跡よりは)紛失追跡が上手くいくことを優先したというところでしょうか。

ホワイトボード用のマグネットと言われて疑うものはいまい

セットアップはあっけないほど簡単で、とりたてて語ることもなし。(iPhone11以降を使っていて)室内にあればかなりの精度で発見できます。MamorioのAR機能の苦労などウソのよう。そもそも音が鳴らせるだけでも全然違いますね。気になったのはNFCタッチした時の持ち主情報として表示されるメールアドレスがAppleID用のものであった点。できればこれはあまり外に出したくないんだけど、他のメールアドレスに変更は出来ないのかな?

あぁ、これでMamorioやTileくらい軽薄短小だったら、、と思わざるを得ません。せめてフラットでなにかに貼ったりしやすい形状だったら、、

とりあえず一番よく探す財布に入れてみましたが、やはりそこだけもっこりしてしまいます。女性がもってるような大きくて分厚いお財布なら誤差の範囲かも知れませんが、男性が尻ポケットに入れるような平べったい長財布とかだと厳しい。そんなとを思いながらふと目がいったのが梱包時の固定に使われていた紙の内ケース部分。AirTagの両側部分に高さがでて膨らむようになっていて、全体に末広がりになっていく構造です。

パッケージの一部を切り取って使うといいカンジ

実際にはこの両側に扉があって、AirPodsのイヤピースの梱包のように、左右にフタを開くと本体とご対面、という作りなんですが、その左右のフタを切り取っています。この状態で財布の背側のポケットにいれると、かなり違和感が無くなります。一箇所だけこんもりしてる感がなくなり、より自然なラインになります。全体的に厚くなるってことかもは知れませんが、手に持ったり尻ポケットに入れた時の違和感が激減するので良き。

最終的には財布に入れて使うのは無理なので、キーホルダーケースに入れて鍵束にでもぶら下げようかなーと思ってましたが、これなら財布常用でもいいかも。もう1,2個買い足そうかな?