Kindle Oasisどうしてすぐ無くなってしまうん?追加購入&Mamorio装着

Pocket

Kindle Oasisいいっスよね!9thを買ってなくし、半年くらい見付からないので諦めて10thを買い直し、9thが見付かって売却、また10thをなくして半年くらい経ったので、またしても諦めてセールで10th 2代目を購入しました…

前回は10th発売記念のクーポンがあったので差額でアップグレードして32GB + 4Gモデルにしまいたが、やはりラノベ中心だし(コミックや専門書はiPad)、基本読み終わったら端末から削除する派なので8GBで充分。あまり持ち出せないご時世なので4Gもいらないや、ということで、今回は8GB + Wi-Fiモデルにしました。ただし広告無しはこだわります。

容量と通信方式以外は同じなのでレビューはこちらをご参照ください。

いやぁ、ここしばらくKindle Voyageを我慢して使ってましたが、一回り画面も大きいし、10thのトーン調整で紙色も見やすく調整できて最高ですわ。しかもお風呂に持ち込める。こないだ防水タブレットのd-42aを買ったばかりですが、はやり重さが違いすぎるので小説読むだけの時はoasis、ネット徘徊やコミック読みたい時はd-42aと使い分けていきたいと思います。

■紛失対策を考える

9thを紛失した時もそうでしたが、基本自宅内使用なので家のどこかにはあると思うんですよね…でも薄っぺらいのでなにかの隙間みたいなところに落ちると探せない。スマホのように「探す」機能もない。

AirTagをつけてみたいけどストラップホールもないし、貼り付けるには向かない形状です。イイカンジのフラットな3rdパーティ製タグを期待したいところ。

で、選択肢としてMamorio FUDAが浮上します。これは裏面が粘着テープでノートPCなどに貼り付けて使う想定のMamorioです。

ただやはり電池交換不可のMamorioはコスパ悪いのでできるだけ使いたくない。てことで、以前に5つセットで買ってまだ残っていたMamorio REを貼り付けておくことにしました。

背面の指がかからない部分に貼り付け

こいつはボタン電池交換式なので長く使えます。

発売されたばかりの1.7mm厚のMamorio Cardを貼り付ける事も考えましたが、Mamorioシリーズは防水ではないので、お風呂に持ち込む気満々のoasisにつけるのは自己責任になります。そう考えると1枚5,000円超えるCardはちょっとリスキーだなと。てことで、REの周囲に気休めながらセロテープを巻いて簡易防水処理としました。未使用分だったのですが、すでにバッテリーが妊娠したかのように片側が少し膨らんでいましたが、反対側は比較的フラットだったので普通の両面テープでoasisの背面に貼り付けられました。oasisは厚みのある側をもって、内蔵ジャイロセンサーで自動回転しますので、薄い側は基本指がかかることはなく、あえて裏返して見ない限り貼ってあることは気になりません。

唯一の欠点としてはカバーがつけられなくなること。まぁ出かける機会も減ってるし、またなくしたらイヤすぎるので当分は自宅内使用に限定するということで割りきることにしました。これできちんと見つけられるか、次になくすのが楽しみです!(?)。

それはそうと、1機目の10th、新型が出て値下がりする前に発掘できるといいなぁ…

あと、Amazonさんには是非「Kindleを探す」機能の実装をお願いしたく。安いブザー内蔵してリモートで音が鳴らせるだけでもいいので、、、

Kindle Oasisどうしてすぐ無くなってしまうん?追加購入&Mamorio装着” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)