LEVORG一ヶ月点検

Pocket

9/9納車だったので二日ほど遅れましたが一ヶ月点検を済ませて来ました。横浜で買ったものの既に引っ越しているので都内のディーラーへ。ちょっと頑張れば歩いてもいける距離なので、今後車検などでお世話になる時にも重宝しそうなディーラーです。

実家まで往復したり、千葉へドライブにいったりして1,545kmほど走行済み。オイルを交換して若干スムーズになった気がします。もう少し乗っていたくなる感触だったんですが用事があったので直帰。

そしてまさに今日、触媒センサー周りのリコールが発表されてECUアップデートも実施。30分ほど作業時間が伸びましたが、後日もう一度来る手間が省けてラッキーだったと考えます。

ついでに一ヶ月乗っての感触も。初日に感じた下り坂での切り返しで車が進んでしまう現象はその後発症せず。というかそんな場所で切り返す機会がないだけな気も。あと信号待ちで微妙な振動を感じることもあったけど、基本的にはアイドリングしているのがわからない位静かです。

IモードとSモードはそれほど大きく変わらない印象。共同購入者はめっちゃ変わるといいますが。結局アクセルワークで調整しちゃうからですかね。エンジン切るとIモードに戻ってしまうので、Sモードばかり使った時の燃費を比べてみたいと思いつつできずにいます。逆にいうと普段乗ってる時はIモードであることを意識してないし、それで不満はないです。

で、ここ2タンクほどは高速にほぼ乗らず都内街乗りですがやはり燃費はかなり落ちて7.3km/Lというところ。長距離走ると12km/Lとか出てたりしたんですけどね。

アイサイトはやはり都内街乗りではあまり出番がなし。乗るとレーンキープとACCはオンにしてはみるんですが、結局巡航速度が出ないし、レーンの認識率も低いです。またACCでのブレーキは自分の基準からすると少しだけカックン気味なので、結局自分で踏んだ方がいいぞと。

むしろまだ一ヶ月しか乗っていないというのが驚くくらい、全体的に馴染んでて大きな不満はないですね。オーディオのセッテイングもほぼ決まったし、スマフォホルダーや車載モニターも二転三転はしましたが一応完成したと思っています(iPhone6になったらまた考え物ですが…)。

 

ちょうど一ヶ月を祝うかのごとく、注文していたスマートキーの本革ケースも届きました。今まで旧スバル車用のシリコンカバーを無理矢理つけてましたが、摩擦が高いのでポケットからの出し入れがやりづらかったんですが、本ケースは形状もあって非常に出し入れが楽になりました。フットプリントは一回り大きくなってますがあまり気になりません。普段の使い方ではキー上のボタンはまったく使わないので、むしろそこもカバーしちゃって良かったとすら思いますw。境目の線の部分が千切れてきそう。

IMG_5159

LEVORGの各種室内ランプを一括LED化

Pocket

COLTでもルームランプを白いものに交換していたので、LEVORGでも純正の電球色が昭和くさく感じてしまって交換することに。ステーションワゴンはルームランプも多いので、面倒がない車種別セットの製品がみんからで紹介されていたのをチョイス。前席マップランプ左右、後席マップランプ左右、サンバイザーのバニティミラー用左右、コンソール、グローブボックス内、カーゴルームのセットで8,856円。高いといるか安いとみるかは難しいですね。カー用品店で同じものを買い揃えるよりは遙かに安い。ヤフオクで激安品で揃えるよりは高い。そもそもバニティミラーとかまで全部変えたかったのかというと…w。ただまぁ、前席のマップランプはカバーにピッタリの形状になってるし、調光機能もあるし、交換工具とマニュアルもついてなら有りかなと。LEVORGの修理書、配線図集はWRX S4と共通になるらしくまだ発売されてないんですよね。

またナンバー灯(ライセンス球)が追加で3,280円(単体だと5,880円)。カバーもセットなのでちょっとお高い。正直ここはそんなにお金かける気なくて、かえてもバルブ球でいいやと思ってたんですが、そもそもセットのものしか在庫がなかったのでまぁいっか、とまとめて購入しました。

IMG_5071

これが前席マップランプ用。商品写真に映ってない裏側をば。いわゆるT10という両端に端子があるタイプの電球と互換の端子からプレートが生えてるような形。表側(下側)にドライバーで回す調光ダイヤルがついています。

IMG_5072

交換後。6000Kタイプを指定したんですが白さはいい感じ。青すぎず黄色すぎず純白の白です。全開にすると眩しすぎたのでとりあえず一番暗くしてあります。チップ毎の光が見えてつぶつぶになってしまうのと、無駄にお金払った気がする点は微妙ですが(^^;)。

バニティミラー脇のランプもちょっと明るすぎです。正面から見るものですしね。しかもここは調光無し。ここは元の電球に戻してもいいんじゃないかと思う位。

後席マップランプは形状は前席と同じなんですが、なぜか電球の形にマスクがしてあって配光範囲を狭めてあります。その分、元が暗いので明るくなるのはいいんですが、これもなんか損してる気分ですね。別にこの製品のせいではないですが。

コンソール(オーディオ、エアコンパネルの下の小物入れスペース)は元がかなり暗い青色。常時見えてる部分なので眩しいのはよくないですし。でここは注文時に色を選べたんですが、商品ページではどこのことかわからず他と揃えて白にしてしまった。商品到着後にマニュアルをみて「あーここのことか…」と。オーディオ外すの面倒なのでなにかのついでに取り付けてみようと
保留中ですが、失敗したかも。

グローブボックスも同じく白を指定しましたがこちらは問題なし。

カーゴルームのものは基板タイプで6灯。ちと取り付けがトリッキーでしたが明るさ、色味は問題なし。

IMG_5093

ライセンス灯も基板タイプでかなり明るい。正直ここまで明るくなくていいんじゃないかと思うレベル。色味は綺麗です。実は交換作業中にヒューズをとばしてしまい、電球に戻しても点かなくなって焦りました。運転席のハンドル右下のパネルの奥にあるヒューズボックスの14番(10A)を交換したら復活。あと、ソケット用の小基板がかなり飛び出すのでケースに収めた時にLED基板とぶつかって間のケーブルが挟まって皮膜が損傷してしまいました。みんカラではクレームつけたら対策品が送られてきたという報告がありましたが、それと見比べると対策はされていなかった模様。記事を読んでから注文したんですが、クレームがない限りは対策版にはならないのかも知れません。とりあえず慎重に余ったケーブルをLED基板の奥に押し込めるようにして対処。ちなみにカプラには黒と黒/白のケーブルがきており、黒の側(白線無し)がマイナスかなと思ってソケット用基板の赤と黒の線の黒の方がくるような向きで挿したらOKでした。

 

あまり必要でなかったライセンス灯まで含めて買ったのでやや割高感がありますが、ベースセットの在庫が復活すればなかなかコスパ高い商品だと思います。DIY用についてくる金属のヘラもなかなか使いやすく今後も活躍しそうですし。コンソールとグローブボックス(選択メニューでは「ダッシュボード」と記載)の色選択にはくれぐれもご注意くださいw。

LEVORG、フロントウインカーのステルス化

Pocket

共同購入者の希望でフロントウインカーのステルス化をすることに。LED化も悩んだんですが、どうせ自分達では見えないしということで節約。うっかりパッケージを捨ててしまったんですが、確かPOLARGじゃなかったかな?サイズは普通のT20。

LEVORGはフロントタイヤのハウスをはがしてやる形でDIYしようか悩んだんですが、雨降ってたしSUPER AUTO BACSでやってもらうことに。レジで工賃540円/片側だけど、ピットで現車みて場合によっては価格がかわることもある、といわれたけどピットインの時点ではなにも言われなかったので大丈夫かなと思ったが、受け渡し時に片側1,080円になります~、とか。「えっ?なんで作業前に言わないの?それくらいなら別に自分でやったのに、、」と言ったらじゃぁ元の値段でいいです、と。ケータイの番号教えてるんだから実際の作業前に一言くれれば、どうせもうピットにまで入れてるし断りはしなかったと思うけど、終わってから言うのはちょっとフェアではないですよね。違法廃品回収業者かよ、と。新しいめの車種だし、やってみないと作業難易度がわからないこともあるんでしょうけど。

気を取り直して比較写真。

WP_20140809_15_34_01_Raw__highres 交換前(純正)
WP_20140809_16_05_02_Raw__highres

交換後。完全にはオレンジ色が消えてないですね。まぁ、遠めにはわからないので良しとするか。

LEVORG納車されました(レビュー編)

Pocket

LEVORGの二日乗った時点のファーストインプレ。写真はこちら

■乗り味

SI-DRIVEというCVT制御モードがあって、Iモードが燃費重視、Sモードがパワー重視、S#モードがマニュアル的段付き変速モードなんですが、Iモードで充分すぎるw。どのみちまだ慣らしで回転あげる気にならないのもあるんですが都内で走るのにSやS#が必要な場面はそうそうないかと。Iモードのままでもパドルでシフトダウンして、一定時間でまたDに戻ってくるので、エンブレきかせたりはIモードのままできるし。ブースト計でみるとやっぱり正圧になるまで2,000rpmくらいは踏まないとなので、発進時にターボが聞き出すまでのところで2.0Lの価値はあると思いますが。

ちなみに燃費計は高速も含め10km/L切る位…(カタログ値は13.2km/L)。

ビルシュタインのダンパーは良い感じ。突き上げの多い首都高でも角がとれたカツンカツンって衝撃。固いんだけど不快ではない。そしてその分、減速やコーナーでカックンやロールが起きないので気持ち良く走れます。

■出足のバグ?

今週、ECUアップデートで話題になってる現象と同じかわからないですが、確かに交差点発進で一瞬トルクが出ないことが2,3回ありました。あと、下り坂状態で切り返そうとした時にバックに入れてブレーキを開放したら、ズルっと前に進んでビビったことがやはり2,3回。ようはバック方向にクリープが全くない感じ?車中もCOLTより大きいせいか本当にズルっと進んで恐かったです。

アップデートによる工場出荷遅延には巻き込まれなかったけど、そういえばアップデートされてるのかしら。もしかするとEyeSight Ver.3のAT誤後進抑制制御や後退速度リミッターが影響してるのかも。これはコンビニ突入とかを防止する為に、異常な後方加速を制限するものなんですが、坂道だから強めに後進踏んだ場合に異常加速と見なされてる??今度ディーラーに聞いてみよう。速度リミッターは解除もできるから同じような場面で比べてみようかとも思います。

■EyeSight Ver.3

横浜から東名のって首都高もしばらく走ってみました。レーンキープはさすがに首都高の曲率はフォローしきれず度キャンセルされるので油断はならないけど、確かにゆるいカーブは勝手に曲がる!未来だ!警告の縞々があるカーブ(よりコーナーと呼びたくなるようなとこ)は完全にアウト。それ以外でもたまに見失う。たぶん、普段の無意識のステアリング操作がアクティブにアシストされて長距離乗った時に肩が楽かも、って位の使い方が正しいんじゃないかと。
一方ACC(オートクルーズコントロール)は快調。もともと学生時代のフェアレディZ(Z31)からCCを愛用してた身からすると、速度自動調整と液晶に設定速度が可視化されてるのは待望のアップグレード。ただこれも完璧ではなく、あくまで先行車をカメラで認識して追従するだけなので、ETCゲートとか、先行車がいない急カーブとかではたぶん効かない(先に自分で減速したのでわからないけど)。

WP_20140809_18_35_40_Raw__highres

早速渋滞にも遭遇。これは楽です!先行車を見失う可能性もほとんどないので、足はかなり楽できます。ただし完全停車からの再発信は手動でACCスイッチを操作してやるかアクセルちょい踏みが必要です。この辺は完全自動化させない為の自主規制でしょうね。

もともとは緊急ブレーキシステムだし、それの付加価値としてはおおいに有りだし実際楽だと思うけど、メーカーも重々言ってるように頼りすぎはアカン、てことですな。

ただトレードオフとして(カメラへの写り込みやノイズ防止の意味で)で禁止事項が地味に多いのが難点。フロントガラスにドライブレコーダーやステッカー貼っちゃダメ、ダッシュボードにレーダーとかのガジェットを設置するのダメ、フォグを白以外の色にしちゃダメ、フロントガラスを撥水コートしちゃダメ、タイヤ径変えちゃダメ、など。あくまで動作保証のための条件ということで、実際には少し位平気なんでしょうけど、違反していてもし緊急時にブレーキ効かなかったと思うとなかなか心理的抵抗が高い。SUBARU純正のEyeSight対応撥水コートなんてのまであるんですがお高いんですよねー。来年の梅雨になったら考えようかな…

■取り回し

やはりデカいw。立体駐車場なのでドキドキ。コーナーセンサーつけてマジよかった。世田谷とか杉並はしばらく行きたくない…

■その他ユーティリティ

本革シートとセットのメモリ付きパワーシートはいいです。二人で交互に乗るので、各自のキーレスでドアあけると自動でプリセット状態になるのは神。ただ解錠操作ではなくドアをあけた瞬間から動き出すのでちょっと遅い。また二人ともがスマートキーを携帯していて、先にもう一人が助手席側を解錠すると、後から運転席側ドアをあけた時に、助手席の人のプリセットが実行される。スマートキーのボタンでやった場合は見分けが難しいんでしょうけど、ドアハンドル使って開けてもなるんですよね。若干詰めが甘い。ソフトアップデートされないかな…

ちょっと腰が痛くなったのでランバーサポートを調整してみて様子見。冬場のシートヒーターも楽しみ。

メーターは格好いいけど、FUELと速度、水温とタコが一体化されたようなデザインになっててちょっと見辛いです。速度はデジタルで液晶に出しておくのがよさそう。

スマートキーレスの鍵がちとデカい。当面はキズも気になるんですが、従来のSUBARU車のものと形状が違うのでまだピッタリのケースがない…ちょっと形があってないですが従来のSUBARU車用のシリコンケースを無理矢理かぶせて時間稼ぎをしています。はやく純正でもサードパーティでもいいから対応品が出ないですかね。

■オーディオ

彩速Z701を取り付け。あえて差分を体感するため、SonicPlusはまだつけてないし、大音量も試してないんですが、純正スピーカーでも絶望するほど悪くないかもという感じ。同乗者がいて控えめの音量で聴く分には。ただまぁ彩速自体、CyberNaviに比べると感激するほど音がよくないので、ボトルネックとまでは言わないけど、COLTの数万のスピーカーで聴いてた時と差が出にくいのかな、とか。やはり追々外部アンプはつけたいなぁ。まずはバッ直ですな。

LEVORG納車されました(フォトギャラリー編)

Pocket

2014年8月8日、約5ヶ月の納車待ちを経てようやくLEVORGが納車されました。

WP_20140808_14_27_47_Raw__highres

仲良く2ショット。すごく駐車が下手に見えるのは、ディーラーの人が荷物の積み替えがしやすいように間隔をあけてくれたせいで、σ(^^)がやったんじゃないんだからねっw。いやぁ赤いわー。さすがに次は年齢を鑑みてオトナカッコいい白とか思ってたんですが、共同購入者の意見に押され、、まぁ交換条件としてSTIエアロ(アンダースポイラー3点セット)をつけることで合意したし、今はこれはこれでと気に入ってるんですけどね。

WP_20140808_14_33_52_Raw__highres

フロント。ガンダムぽい。オプションの5連LEDアクセサリライナーもギラギラしててイイ。


WP_20140808_14_33_27_Raw__highres

サイド。スポイラーに小さくSTIロゴが入ってるところが細かい。


WP_20140805_15_08_01_Raw__highres

リア。このエアロはあまり目にしないし正直なきゃなくてもいいかと思ってたけど、やっぱりあった方が締まるかな。


WP_20140808_14_33_39_Raw__highres

純正アルミ。風車っぽい造形なんだけど、これ左右で同じ意匠な(対称になってない)んだぜ…。

WP_20140805_15_07_52_Raw__highres

給油口が運転席側にある車初めてなのでしばらく慣れない予感。移動距離としては短くていいはずなんだけど。あとキャップは紐付きでリッドの裏側にホルダーがあるタイプ。忘れなくていい。

ようやくレヴォーグ2.0GT-S乗れた。バッチリだった。

Pocket

発売を6月20日に控え、ようやく各ディーラー店舗に1.6GT以外の試乗車が配備されだした模様。予約した店舗からの連絡はなかったけれど、2ch情報を元に東京スバルのサイトで確認したら本郷店に2.0GT-S、つまり予約したのと同じグレードが配備されていることが判明。早速言って来ました。朝から試乗客が多かったそうだけど、ちょうど夕方行った時にはそれも途切れてアポ無しでも待ち時間ゼロで乗れました。

IMG_4783

2台並んで見るのも初めて。写真でもグリル部分の違いはわかりにくいですが、中の三本の横棒が左の1.6GTはグレー、右の2.0GT-Sは真っ黒という違いがあります。これまた写真で見切れてて失敗ですが、ヘッドライトの奥側の部分がメッキと黒という違いはあります。全体に1.6GTの方がおとなしめ、2.0GT-Sの方がワルイ感じです。

そして試乗。1.6GTの時に「出だしはターボラグ&CVTという二重苦のせいかコンマ何秒もたつく気もしたけど、一瞬のラグの後モリっと加速する。」と書きましたが、ラグ自体は同じ。ただしその前の段階の素のトルクがやはり1.6->2.0で違うらしく、「もたつく」という印象は無し。最初からパワフルで、その後で上乗せでドカンと来るという感じ。街乗りならIモードで充分。まぁ燃費無視したらSモードの方が楽しいんだろうけど。都心の夕方だったのでS#が試せるほどの道路状況ではなかったのでほとんど触らず。ただパドルでのエンブレ原則は充分に効きを感じられたので良かった(オーバードライブをカチカチON/OFFする派)。ちなみに燃費表示は5km/L…

もうひとつ前回の1.6GTからの大きな違いはビルシュタイン。動き出してすぐ、担当氏が「そこの敷地から出る段差でわかりますよ」と言いましたが、確かに。ショックがマイルドになってる。それでいてふにゃってはない。路上のマンホール踏んだ時にもコツンという湿った感じの短いショックを感じるのみ。1.6GTはもう少し乾いたカツン(ガツンほどまでは言わない)だったのに比べ高級感があり違和感が少ない。そしてカーブのところで「少し出してみても大丈夫ですよ」というので少し速めに進入してみると、イイカンジのロールしなさ。まぁこれは1.6GTでも同じだったんだけどホントかなり良い。

ステアリングホイールも本革巻きになり質感が向上。径が小さめながら適度な重さがあり、また太さがやや太めでしかも10時10分の位置にコブがついているのでとにかく扱い易い。σ(^^)にとってのベスト革巻きステアリングホイールは実家のVWパサートなんですがそれと並ぶかも。COLT Ver.Rのも滑らずに扱い易く好きなんですが、パサートやレヴォーグのは表面がほんの少しだけふかっとしてて手触りがいいんですよね。青ステッチもシャレオツ。

ナビは今回も非装着で純正スピーカーも試せず。担当氏曰くデッドニングはした方がいいかも、とのこと。

また街中だけだったのでEyeSight Ver.3もまたも試せず。「するなら私が運転して同乗してもらう形に」とのこと。二人でいって2周させてもらった上に悪いなと思ったのと、同乗体験だけじゃな、と思ってお願いはせず。これはやはり納車後のお楽しみかな?

 

ともあれ前回1.6GTに不満タラタラだった共同購入者が「全然違う!」と満足気だったのが何より安堵しましたw。お盆に間に合うか微妙ですが納車が楽しみでなりません。

レヴォーグようやく試乗、ただし1.6GT

Pocket

ようやくレヴォーグを試乗できました。ただしアイサイトの生産遅れの関係で1.6GTのみ。予約した2.0GT-Sとは排気量やダンパー、SIドライブのS#がないなど足回りはかなり別仕様。それでも乗れるならとディーラーに配備初日に特攻。色はホワイトパールでした。

もういきなりディーラー敷地から道路に出る段差でボディ剛性がガチガチに固いのは感じました。昔試乗したシロッコを彷彿とさせる戦車感。段差超えても交差点曲がっても大きな鉄の箱に囲まれてる安心感。好みです!あの試乗した時のガッチリ感が忘れられないシロッコと同等でかつ適度に扱い易い車幅。これは理想のボディかも(全長長いけど…)。遮音性も上々で個室感があります。

出だしはターボラグ&CVTという二重苦のせいかコンマ何秒もたつく気もしたけど、一瞬のラグの後モリっと加速する。CVTでよく言われるラバーバンドというほどの遅れはない印象。気にしてると気付くかなという程度。ラグの後の加速は街乗りには充分なトルク。むしろ慣れないとビビる。ただまぁ道路の前が詰まっててあまり踏めず、パドルもほとんど試せず。それでも感触としては高速の追い抜きとかでももっさり感は感じないんじゃないかなと。1.5ターボのCOLT Ver.Rと比較しても車重が増えたことを感じさせない上になお速いと断言できます。2.0とS#使ったらどうなるんだ。っていうか使う場面あるか?

参考として、同行したマークIIクオリス2.5L乗りのからすると少し物足りない様子。そこはNAのレスポンスの良さの違いですかね。でもσ(^^)もちょくちょく乗るけど、あれ決してトルクがある車ではないからなぁ。踏んだら踏んだだけ加速はするけど、発進とか高速合流とかでは数千回転位まで甲高く回してやっとという感じ。レヴォーグは1.6でもそこまで踏まなくてもモリモリグイグイ来る。ただNA+ATに比べちゃう兎とさすがにほんのちょっとラグがあるかなという。

試乗車だし踏んでみたくなる車なので仕方ないのだけど、燃費計は平均8km/L台と振るってなかったのが気になりました。カタログ燃費17km/Lから半分かよ、と…

1.6なので2.0GT-Sと違ってアイドリングストップ対応。特に再始動とかで違和感は無し。軽く踏んで止まるだけだとアイドリングは続いてて、少し強く踏むと止まる。すぐに青になりそうって時はあえて止めないという制御もできるのはいいかもなぁ。ま、2.0GT-Sだと関係ないんすけどね…

足は固めで路面の凹凸が素直にカツンカツン来る。気にはなるけどすぐ収束するから不快ではないかな。マークIIクオリス乗りはかなり気になった様子。σ(^^)は逆にあのぐんにゃり感が苦手なのでレヴォーグの固めの足の方が好み。ここはビルシュタインのGT-Sではどう変わるか楽しみな部分でもあります。

メーターは常時照明で見やすい。青と白のLED照明ぽいけど適度な輝度があってクッキリ。ただFUELがタコの続きみたいな並び(同じ円周上に0rpmの下にFがくる)になってて慣れないとちょっと違和感。マルチファンクションディスプレイの視認性も上々。予想航続距離が出るのは便利かも。

微妙かもと思ったD型ステアリングは思ったほど違和感なく、小さめ(?)な直径もしっくり。これでGT-Sの本革巻きになればかなりヨサゲ。重さも申し分無し。1.5tの車重があるとは感じさせない軽さであありつつ、安っぽい遊びもなし。多くのレビューで「しっとり」と書かれてますが、まさにそんな感じ。ウインカーレバーの太さや感触も高級感を感じ無駄にウインカー出したくなるw。

新デザインのスマートキーがやや大きいなぁという印象。絶対的なサイズはそうでもないんだろうけど、涙滴型というか砲弾型というか太い部分とくびれ部分があるのでそう感じるのかも。

一周した後ドライバー交代して敢えての後席乗車。さすがにコンパクトカー乗りからするとゆったり。むしろ4人ドライブの時に会話に困るかも。足元は電動シートではないので広々。これは電動シート車だともう少し(シート下の空間が)狭くなるはず。

助手席のグローブボックス部分の加飾は2.0GT-Sのシルバーカーボン調よりもこの1.6GTのマットなシルバーの方が正直好み。カーボン柄ってあんま好みじゃないんだよなぁ。

 

ともあれ乗ってみて落胆する部分はなく、むしろ納車が余計に楽しみになりました。(排気量だけで言えば)個人的には1.6で充分という感じ。

以下は今回は試せなかった部分。6/20の発売日以降、別グレードでの試乗を楽しみにします。

  • アイサイトVer.3
  • 電動パーキングブレーキ+オートヒルホールド
  • 純正ナビ
  • 車庫入れ

レヴォーグ成約特典iPad mini Retina到着

Pocket

2014年3月中にレヴォーグを注文すると、キャンペーン特典で5万円キャッシュバックとSUBARUロゴ入りiPad mini Retina Wi-Fi 16GBモデルがもらえるというのをやってまして、先日やっと届きました。注文がたしか3/8で、2,3週間かかると言われてたのでまぁ予定通りですかね。ネットでみてるともっとかかった人もいるみたいですが。というか、そろそろ来てないかなーと思ってメールしたら「昨日届いた。今日にでも設定すませて明日以降なら渡せます。」と。これもネットで「催促しないと来ない」説を裏付ける話になるんだろうかw。

さて、このiPad、単に背面にSUBARUロゴがレーザー印刷されているだけではなく、中にLEVORG MAGという特典アプリと壁紙データが入っています。「設定」といっていたのはこれらのインストールと壁紙設定の適用作業のことのようです。しかしここで問題。σ(^^)は既に初代iPad miniをもっていて、そのデータを移行して使いたいと思っているので、持ち帰ってバックアップから復元をしたらせっかく入れてもらったアプリや壁紙は綺麗い消え去ってしまうはず。それでは、ということで店頭に母艦のMacBook Proを持ち込んでその場でリストア。その後で再度アプリ/壁紙の導入作業をお願いできないか、あるいは手順書くれたら自分でやるよ、と打診したところ快諾いただけました。ちなみに手順書の中に営業マン固有の認識番号を入れるところがあり、手順書だけ持ち帰ってもできないようになっている模様。またLEVORG MAGアプリはAppleStoreでは配布されておらず企業向けのAdHocデプロイの仕組みを利用するみたい。

そしてさらに問題発生。バックアップがOS7.1だったのに対し、届いたiPad mini Retinaは7.0.4だった為リストアができない!しかもLEVORG MAGアプリは7.1では起動と同時にクラッシュしてしまい利用できないという2ch情報がっ!!一瞬迷ったけども、アプリはそのうち対応されるだろうからとりあえず壁紙ともどもインストールさえされてればいいや、ってことで、アップデートも敢行。つきあってくださった(というか店の片隅で勝手にやってただけだけど)ディーラーさんありがとう。

そしてさらに問題発生w。まずリストア後も不思議なことにLEVORG MAGアプリがホーム画面に!初期化しなかったせいもあるんだろうけど、そういうものなのか。逆に気持ち悪いのでちゃんと初期化すればよかった。そして案の定起動せず。まぁそれはいい。じゃぁ壁紙だけでも、と思ったのだけど、手順書を見せてもらうと、初期状態でアプリインストーラーのアイコンがあるからそこからタップしてDL作業をしろと書いてある。つまりSUBARUから発送される時点で既になんらかの細工がしてあるってことなのね。そしてそのアイコンがない!!おそらくただのブックマークアイコンぽいのだけど、さすがにそれは消えてしまっている。結局ディーラーではどうしようもなく、問い合わせ先を聞いて帰宅。そのうちヒマになったら(7.1対応にも期待しつつ)連絡してみるってことでそのまま持ち帰り。なんか割ともうどうでもよくなってますがそのうち進展があったら追記します。

■ハードのインプレ

とりあえずRetina化で色々綺麗になってる!くらいw。他にあんまり感慨がないですな。速度的にも爆速になってるはずなんだけど、普通に使ってる分には実はあまり違いを感じなかったり。容量も同じ16GBだし。あ、Kindleのウ○コ画質のコミックのウ○コさはより際立つ気がします。

■アクセサリの買い直し

Airも買ったしってことで買い控えてたmini Retinaがもらえるヒャッホウ!ってことで浮かれて見落としてましたが、Retinaでは0.3mm厚くなってましたねそういえば。それはまだいいんですが、マイクが上部と背面のデュアルになっていて、Retina非対応のケースだとそこに穴があいていない。再利用する気満々だったクリアケースを買い換えることに。一番安かったこれをダメもとで注文。しかし意外とちゃんとしたものでした。初代用に買ったELECOMのみたいに右下が緩くてカパカパすることもなく。しっかり透明ながら背面も適度にグリップがあって持ちやすい。760円あなどりがたし。そしてSmartCoverにも対応。注文したLEVORGも赤だしってことで、(PRODUCT)REDな純正スマートカバーも購入したので。Airとおそろい。まぁ、この赤はNexus5ほどじゃないにしろかなりオレンジ入ってて微妙なんですが…

 

ともあれAir買ったし、と見送りつつも気になっていたiPad mini Retinaがこんな形で手に入って嬉しいです。Nexus7Xperia Z Ultraと片手持ちタブレットがだぶついて来たので減らしたいですがそれぞれ良い点があって悩ましいです。