きめ細かく均一に擂れるゴマすり器

Pocket

SDIM0128

σ(^^)は食卓にゴマすり器を常備してあり、割となんにでもゴマを擂ってかけたりします。

連休で帰省した時、実家にもゴマすり器が欲しかったので、近所のホームセンターにあったものを買って来ました(写真右)。これが思いの外良かったので自宅用にも同じものを購入してしまいました。

今まで使ってたのは写真左のスリッキー。うどん屋さんのテーブルなんかでたまに見かけるものでもう数年使っています。とくに使っていて大きな不満はありませんでした。まぁ強いて言えばゴマの補充がひっくり返して底から入れる方式なのでちょっとやりづらい位。

新しいものは胡椒なんかで使うミルのように先端を捻る動きですり下ろす感じ。ただし往復方向に回してもあまり擂れてくれず、同じ方向に回し続けるのが良いみたい。片手で白い部分を押さえて逆さまに保持し、もう片方でガラス部分をくるくる回す感じですね。

SDIM0129

写真の黒い部分はフタです。それを取り外すと、口の部分はツマミのようになっておりすり下ろす粒度を調節できるようになっています。

また補充する時はプラスチックの白い部分が丸ごとねじで外れるので普通に置いたまま入れることができます。

そして下記が実際に擂り比べた様子。

SDIM0132 SDIM0133
スリッキーN アスベル フォルマ セラミックミル

 

今までのものは一言で言うと雑な感じ。皮が割れて中身が飛び出しているだけ。小鳥の餌の食べ残しのようw。それに比べて新しいものはちゃんと「擂りつぶしてます!」って感じで原型を留めずかつ均一に擂れてます。明らかに右の方が美味しそうですね。いままでスリッキーになんの疑問も抱かず使っていましたが、これは…

あと、スリッキーは残量が減ってきてゴマの自重が減ってくるとグルグルしてもあまり擂れなくなる現象が起きていましたが、これについては新しい方もどうなるか未知数です。判明次第補足します。

ネスカフェ バリスタを導入

Pocket

SDIM0640

インスタントコーヒーを多少美味しく、手軽に入れられるネスレ バリスタを購入しました。発売は少し前になりますがずっと品薄で、オークションなどでもプレミアがついてたりしました。でそういう転売ヤーまがいの人から買うのは尺だったのでしばらく我慢してたんですが、先日たまたま立ち寄った浜松のイオンに在庫があり、無事定価(7,980円)でゲットしました。

まず本機の特徴をおさらい。本機は電気ケトルのような瞬間湯沸かし機構を内蔵したインスタントコーヒーマシンで、指定のインスタントコーヒー粉末と水をセットしておけば、1分程度でさくっとコーヒーが入れられます。この手間いらずなところが特徴その1。

そしてカフェラッテやカプチーノを作る際、普通の牛乳をカップに入れておくだけで、スチームによるフォームミルクも作ってくれます。σ(^^)はコーヒーをブラックで飲めないクチなので、基本こういったカフェオレ系ばかりなのですが、これまた別に泡立て器などを使う手間を考えれば画期的な手軽さです。特徴2。

そして同社のドルチェグストみたいな専用カートリッジポーションを使うタイプに比べると割安で、入手性も高いというのが特徴3。

いまのところほぼ毎日使っているので、水を足す以外のメンテナンスは何もしてません。ある程度の周期では分解して洗浄した方がいいのかも。また一般的な硬度の水道水で750杯毎に湯垢洗浄剤(オプション)での洗浄が必要とあります。

側面の下の方に見えるのが電源スイッチ。目立たないので切り忘れてしまいそうなのが難点。一応10分放置すると省電力モードに移行するみたいです(モード別の消費電力値などがマニュアルに書いてない…)。

■対応コーヒー

利用可能なコーヒーはネスカフェのエコ&システムパックという簡易包装でワンタッチにボトルへの詰め替えができるパッケージのもののうち、ゴールドブレンドと香味焙煎(深煎りと中煎り)の3種類。同じエコ&システムパックでも他のモノは粉末の粒度の関係で使えないようです(ちゃんと溶けない?)。

逆に手間を厭わなければエコ&システムパックにこだわらわなくても大丈夫そうです。σ(^^)はゴールドブレンドと香味焙煎を早く飲み比べたかったので、香味焙煎 深入りの瓶煎り30gのものを買って来て入れました。

実は妹宅に既に導入済みで、ゴールドブレンドは飲んだことがあったので、試しに香味焙煎をチョイス。深煎りと中煎りでは一般に深入りの方がカフェオレ系の飲み方に向いてるということなのでとりあえず深煎りを買って見ました。

ゴムパッキンを一時的にはずせば普通に移せました。比べて確認した訳ではないですが、エコ&システムパックとガラス瓶のもので粒度が違って、溶け方がバリスタに最適化されてないとかいうことはまずないんじゃないでしょうかね。

ひとり暮らしだとなかなか消費ペースもあがらないので、多少割高でも30g瓶で買い続けるのも手かなと思いました。

■さて、お味は?

カフェラッテ、カプチーノでしか評価してませんが、んー、まぁミルクが泡立ってるだけでとりあえず嬉しいかなってところです(当然、カプチーノの方がフォームミルクが多い感じ)。評判ほど劇的に美味しくなるものでもないと思います。明らかにインスタントの味です。

コーヒーに関していっても、以前妹宅で飲んだゴールドブレンドとの違いもあんましわかんないや(^^;)。でもやっぱり酸味も苦みも強いかな?はやくもう一度ゴールドブレンドを試したいところ。

σ(^^)はどのみち砂糖を入れないと飲めないので、最初に牛乳をいれた時に一緒に砂糖をいれておくんですが、あらかじめかき混ぜておかないと、スチームの勢いだけではまざらない印象です。

久しぶりにキャラメルソースとかバニラ、ヘイゼルナッツシロップとか色々買ってこようと思います。

2010.10.13 補足:

たまたま生クリームがあったので、ブラック設定で煎れて砂糖と生クリームを足してみました。こっちの方が美味しいかもっ!

激安チョッパー FC-200

Pocket

近所のホームセンターで1,380円だったので、タマネギのみじん切り用に買って見ました。今までは手回しのカッターを使ってたんですが、この値段で電動になるならいいかなと。

使ってみた感想ですが、まず音が結構うるさいです。夜中には使えない感じ。そしてもう1点、割と致命的なのが、材料を多めに入れると下の方ばかりに刃があたって、上の方にまだ塊が残ってるのに、下の方が切れすぎてペースト状になってしまう点です。チョッパー通り過ぎてミキサーかって状態。タマネギ嫌いのお子様のいる家庭でハンバーグなどに練り込む用にするにはいいかもですが、普通に使うには歯ごたえなくなってしまいます。水分も分離してぱさぱさになっちゃいますし。

なんか全体を撹拌するような仕組みがあればいいんでしょうかね。もしくは手回し器のようにスローに回転させるとか?せっかくこのサイズなのでむしろコードレスで電池で使えるとパワー的にもちょうど良かったりして?

カッティングガイド付きバターケース

Pocket

実家はバター派(σ(^^)はマーガリン派)なんですが、冷蔵庫から出してすぐのバターって固くて扱いづらいですよね。ホテルみたいに個包装になってるタイプ[雪印]なら少なくとも切る手間は省けるのですが、やっぱり資源の無駄な気もするし、包装紙むくのも手間(それに割高?)。

でちょうど使ってるバターケースのフタが割れたのでなにかいいのをネットで探してくれと母親に言われて見つけたのがコレ。内皿のサイドに包丁を入れるガイドがついていて、簡単にブロックに切り分けができるというもの。お値段も手頃なので買って見ました。

早速使ってみました。バター自体が使いかけだったので汚くてスミマセン。>写真

というか、言うほど簡単でもなかったorz

DSC00140

敗因は、時期も時期なので上記の理由で冷蔵庫から出しっぱなしにしてあって、やや柔らかくなった状態でカットしようとした点。包丁はサクっと入るんですが、貼り付いてしまうので、それを取ろうと手で押さえるとグニャっと崩れてしまいます(^^;)。ホント、見た目美しくなくなってしまいましたorz。カットする時は冷蔵庫で冷やしてからの方がよさそうですね。

「内皿」と書いたように、右上のAmazon製品イメージに写ってる部分が外れます。カットする時はそちらだけで作業できるので、外ケースの縁が包丁に当たるということはないのでご安心を。

長辺のカッティングガイドは片側のみ。短辺方向とはいえ、不器用な人がやるとナナメっちゃいそうですが、おそらく普段の使いやすさを重視したんでしょうね。確かに普段は邪魔そうです。テーブルの真ん中に置いて家族で使う時とか。まぁ、バターナイフが置ける場所も片側ですし、常にそっちを自分に向けて使うんでしょう。

写真のバターナイフは付属していました。写真では見えにくいですが先割れになっているので、製品イメージのように1ブロックとってトーストに載せるという作業はやりやすそうです。

あとは分量的に1ブロックが自分達の使用量にマッチするか次第ですね。個人的には気持ち大きいような気がします。それこそ喫茶店のトーストのように滴るように塗って食べるにはいいですが、(普段からマーガリンで我慢してる自分からすると)ちょっとどうかなって気はします。それこそ、コレのバター用とか出ればいいんじゃね?とか、むしろこれくらい慣れればガイドいらなくね?とか思ったりして。

2010.01.15追記:

自宅用にも買い増ししてみました。今度はちゃんと冷蔵庫で冷やした新品バターを切ってみました。当然ながら、こないだより力はいりましたが、綺麗に切れたように思います。

IMG_1223

とうもろこしカッターATK-213

Pocket

とうもろこしが安くて美味しい季節ですが、さすがに茹でてかじりつくばかりでは芸がないので、実を取って何か別の調理法で味わってみようと。

で、Amazonでとうもろこし用のカッターを探すと右の2商品が見つかります。OXOのはやじうまミニレビューで評価記事が掲載済みでそれなりに安全パイ。味わい食房の方はほぼ半額ですがどうなんでしょう?

ららぽーと横浜内にキッチン用品店でお姉さんに聞いてみたところ、「oxoは何度かにわけて削るように取るので、全部いっぺんに取るなら味わい食房の方が楽」とのことだったので、まぁ半分だけ実をとって後はかじる、とかいうことはしないだろうと、味わい食房製のものを買って来ました。

外観から一体どうやって使うものなのか想像しづらいと思って、動画を撮ってみましたのでどうぞ。

 

輪の部分にギザギザの刃がついていて、芯を囲う様に添えて、コーンをグルグル回しながら実をそいでいくワケですね。

DSC00009

刃の直径は握り具体で若干変化します。が、所詮半円の金属パーツが向かい合ってるだけなので限界はあります。コーンの先端の細くなっている側は対応しきれず下の写真のように実が残ってしまいます。

あと、普段買うコーンに対しては若干径が太いことが多く、常に径を最小になるように両側を抑えながら使うわけですが、そこは金属パーツむき出しなのでちょっと手が痛くなります。また勢いよく取れてボウルを超えてあちこちに跳んでく実が毎回2,3粒はあります(^^;)。

実の破壊係数も高いのか、芯側にすり潰された汁がべっとりつく感じです。見た目ポタージュスープみたいで舐めたら美味しいかも知れませんが(笑)。

値段はOXOの半額で買えるワケですが、もし今改めて買うとしたらOXOいっちゃうかなー、ってのが正直なところです。まぁ、比べてみないとあっちはあっちで問題もあるかも知れないんですけどね。

ともあれ、コーンを使ったレシピを色々試すのが楽しみになりました。

男子製菓部、クリームブリュレ編

Pocket

ひでぼう氏がCookpadのこちらのレシピでクリームブリュレを作ったところ、大変簡単で美味しかったとブログに書いていたので、σ(^^)も男子製菓部に入部してみた。たぶん、お菓子と呼ぶような調理は生まれて初めて。

■男子的手抜きアレンジ

Cookpadのレシピはより多くの人が再現可能なように一般化されているので、自宅装備なども考慮して若干アレンジ(というかただの手抜き)してみました。

・砂糖計量の省略

普段液体のダイエットシュガーしか使わないので、このためにグラニュー糖を購入。普通のパックを買うと余らせるので、紅茶・コーヒー用のスティックシュガーをチョイス。これだと3gとか6gとかで包装されているので、25gならおおむね3g x 8本でOK。キッチンスケールが不要に。

・牛乳計量も省略

生クリーム200gと牛乳100gという指定。生クリームは200gパックで購入してきて、同サイズの2つのマグカップを用意。生クリームを片方にあけ、牛乳はちょうど高さが半分程度になるように計量しました。計量カップが不要に。

・バニラビーンズはバニラエッセンスで代用

そもそも「バニラビーンズって何?」って状態だったんですが、ググるとめんどくさそうだったので、バニラの香りがつきゃいいんだろ、ってことでバニラエッセンスで代用。これにより、固形材料もなくなったので、ステップ4で書かれている茶こしで漉すという作業も不要に。

・パットのかわりにスチームオーブンを利用

レシピの手順5にあるパットが我が家にはありませんでした。これは茶碗蒸しと同様、水を張って蒸すためと考えられます。そこでもしやと思い、スチームオーブンレンジのマニュアルを引っ張り出してくる。お、やっぱりプリンのレシピがのっていて、スチーム+オーブンで作れることになってる。「プリン」というメニューすらある。おそらくこれでイケるだろうと直感。パットの購入も不要に。

■日立のヘルシーシェフを利用する場合の操作方法

実家でもほぼ同型を使っているので、参考のため手順を記載。ちなみに我が家はAS8、実家はCS8、今売ってるのはDS8。世代で微妙にボタン配置や文言が違うかも知れません。

・念のため水回りをクリーニング

普段あまりスチームを使わないので、念のために清掃。

step1

貯水タンクを取り外した状態で、左の方にある「お手入れ」ボタンを2回押し、画面に「2」を出して「あたためスタート」(画面に何も出ない時は省電力モードになっているので、一度ドアを開け閉め)。3分間空焚きが行われる。終わったら貯水タンクに水道水(浄水を使わない)を充填してセット。

なお、使用後もこの操作をしておくと衛生を保てる。

・テーブルプレートを中段にセット

普段いちばん底についている白い陶器のプレートを外し、側面にあるガイドを使って中段にセット。汚れがついてるとオーブンの熱で溶けて臭ったりこびり付いたりするかも知れないので、この機会に洗っておくのが吉でしょう。

・材料を入れたココット皿をセットし加熱

プレートにココット皿を並べたら(左右に2つあるので右寄りの)「スチーム」ボタンを押し、「<|>」キーで画面に「12」を表示する。ちなみに何番か忘れたらすぐ上の表示を見て「プリン」を探せば良い。で、「スタート」。

step2

これでレンジおまかせで45分ほど加熱されました。取り出した状態がこちら。レシピの写真よりは少し焦げてますが、概ねいい具合っぽいです。なんかもう、このまま食べてしまいたい衝動に駆られる良い匂いが漂います。「もう今日作ってたのはプリンってことででよくね?」という欲望との戦い、っていうかどのみち冷まさないと食べられないんですけど…

step3

 

少し室温で冷やしてから冷蔵庫へ。

つーか、ここで気付いた方もおられるかも知れませんが、レシピでは6つ分だったはずの材料、なぜか買って来たお皿では3つ分にしかなりませんでした。決して我慢できずに3つ食べてしまったワケではありません。お皿は6つ買ってしまったので、次回からは全てを倍にして作ろうと思います。

■バーナーで砂糖焦がし

step4

さて、今回クリームブリュレを作るという大ゴール以上にやってみたかったのが、大人の火遊びハンディバーナーによる砂糖焦がし。調べると料理、製菓用のものは数千円するみたいなんですが、ホームセンターでアウトドア用のものが1,580円(ボンベ別売り)で入手できました。何が違うかは不明ですが一応「料理の焦げ目つけにも」的なことがパッケージに書いてあるのでまぁいっかってことで。

ボンベもなかったので調達。普段使わないからケチったってのもありますが、一般的なものより小さいサイズのものをチョイス。取り回しも楽でヨサゲ。

なんとも男心を刺激するガジェット感。もはや武器!ホルスターで下げて歩きたい気分。

使用開始後しばらくはボワっと炎があが
る可能性があるので、点火後2分感は使わずに放置との説明が。なんかもったいないすね。やっぱこれじゃ戦えそうにない。

レシピによるとプリン面が見えてると焦げるから、砂糖をビッシリ敷き詰めないとマズいらしい。ってことで、3gスティック3本ずつ投入。結構難しい。というか気長にじっくりやらないとダメっぽいですね。真ん中に熱が集中しがちで焦げてしまう一方で、縁の方はなかなか焼き目がつきません。「バーナーがない時はコンロのグリルで」って書いてありますが、最初からグリル使った方が均一に焼けていい気もしてきました。

■できあがり!

step5

で、これが完成したもの。これ以上は焦げが怖くて終了。もう少し色がついた方が美味しそうなんですけどね。でも一応しっかり固まっています。

プリン部分は最高にンマいです。砂糖の量自体も少し多かったみたいで、分厚くなっていました。次回はもう少し少なくしてみようと思います。

■まとめ

バーナーというやや特殊な機材が必要ではあるものの、想像以上に簡単でした。材料も泡立てとかは必要なく混ぜるだけ。焼いたり冷やしたりする時間を別にすれば作業時間は本当に短いです。こはハマるかも。色々とヤバイッス。

ジューサー、その後

Pocket

前エントリから数日使ってみての再レポート。

やはりあまり多くの材料を投入すると、汁が飛び散ったり、(直接水をかけて洗えない)モーター部分まで汚れたりでいいことないです。ガラスポットが一杯になるくらいまでが目安な気がします。その度に一旦バラして絞りカスを捨てないといけないので、家族向けにはちと使いづらいかも知れません。

投入後もしばらくは少しずつジュースが滴下してくるので、最後の材料を入れてもすぐにスイッチを切らず、しばらく回しておいた方がヨサゲです。絞りカスがより乾いて捨てやすくなる気がします。

リンゴを単独で搾る時に使用が推奨されているメッシュフィルターですが、ジュースが滑らかになるだけでなく、カスを捨てるのが楽になるという面でも使うメリットがある感じです。

IMG_0611

これがメッシュフィルター。オレンジ色の部分の内側に巻いて使います。

あと、各部品の少しずつ色がついて来た気がします。真っ白なパーツだけにちょっと気になりますね。

夜型なので音ももう少し静かだといいなぁ。

野菜を採るために、ジューサー購入

Pocket

最近月刊化された「MONOQLO」がお気に入りです。洗剤やら牛乳やら普段、買い比べてまでは比較しないようなアイテムを、それなりに納得のいく指標でベンチマークして、ベストバイを提示してくれます。

例えば、6月号の圧力鍋比較では、牛スジを5分間調理して、筋が残って食べられない分量の比率を重さで比べており、やはり2万超の製品(24%)と5千円以下の激安品(100%)では桁違いの実力を明らかにしてくれました。

(ちなみにそのベストバイはコレ。お高いですが、いつか買おうとウィッシュリスト入り)。

さて、こういうのを見てると、色々と買ってみたくなるのが難点です。

本日釣られてしまったのは、ジューサー。まぁ、ちょっともう少し野菜とった方がいいようなと(^^;)。

で、買ったのはPanasonicのMJ-M11-W。パナソニック統一ブランドになってから初めての同社製品買ったかも。

同誌評価では7機種中、Aランクをとった2機種の1つ。ベストバイはもう片方ですが、実売価格が3万円近くするので除外。ネットで評判の高く、仮面ライダー響鬼も絶賛スタイルプラス パワージューサー(リンク先、動画で音が鳴ります)と最後まで悩みました(比較記事ではBランク)。スタイルプラスは投入口が大きく、細かく切らなくてもそのままボンボン放り込めるのがポイント。また絞りカスのタンクが別になっていて連続して大量に絞れたり、カスの再利用が楽だったりします。実は、5月号の単体レビューでは「もう市販の野菜ジュースは飲めない」と味の面で絶賛しており、「ジューサーを買おう」と思ったきっかけ自体はこちらの機種だったりします。絞ったジュースが出てくる口の角度が使わない時は水平になるようになっており、雫が落ちにくいなど細かな使い勝手も練られている印象。

実売価格がほぼ同じの、対するパナソニックの利点は、フットプリントが小さいこと。その分、投入口も小さく、リンゴでいえば8等分くらいには刻んでおかないと投入できない手間が心配でした。面倒で使わなくなったら元の子もないですし。

決め手は、ヨドバシの店員さんの評価(スタイルプラスってネット限定だと思ったら、普通にヨドバシにも売ってました)。ジュースの出来で言ったらPanaがやはり抜きんでているとのこと。確かに、TVショッピング系の製品ってPRがすごく上手いので、抜きんでてスゴいという印象を持ちがちですが、実はたいしたことないってことも少なくないですし、ここは実際に飲み比べている(だろう)店員さんのオススメを信じてみることに。メンテナンスも比較的楽だという言葉も加点。

ちなみに、MONOQLOの比較記事では、味は互角の75点。絞り効率は72% vs 60%でPanaの勝ち。洗いやすさはPana○、スタイルプラス△でPanaの勝ちです(というか総合でAとBと開きがあります)。

IMG_0587

て、ことで、スーパーでリンゴ、オレンジ、苺、ニンジン、レモンを買い込んで帰宅。リンゴ、オレンジはジュース用にどうぞって感じで少し古くなったものが「おつとめ品」として出ていたのでそちらをゲット。リンゴは7個で300円でした。

■とりあえず試飲

写真はリンゴ2つを絞った状態です。「ヘタは取って8等分」ということだったので、以前買ったアップルスライサーで芯ごと取り除いき、同時に8等分にして投入。比較用にiPod nano置いてみたり。大きめのマグカップで1.7杯分ってとこでしょうか。適度にザラついていてイイカンジです。冷やさずに飲んじゃいましたが、これからの季節は冷やすとより美味しいでしょう。上記おつとめ品価格でコンスタントに買えるなら、これで80円ってとこなので、決して高くはないでしょう。

第二ラウンドでは、ニンジン1、リンゴ1、レモン 1/2でミックス。レモン入れすぎな感じでしたが、普通に飲めました(レシピにも1/4とあった)。実は、ニンジンって3,4本まとめて売ってることが多い(その方が安い)んですが、個人的にはちょくちょく余らせて黒ずんだり萎んだりしてしまって捨ててしまうこともあったりします。キャベツも同様。そうした野菜を放り込んで飲んでしまえるのであれば、これまた経済的にもお得感がありますね。

ちなみに、オレンジやレモンなどは皮向かないといけないそうです。これはなんか別途道具を探しましょう。

あと、苺はNGでした。柔らかすぎるようです。σ(^^)がこよなく愛する桃もダメorz。ガックシ。

次はほうれん草などの青物にチャレンジしてみます。

これからの季節、ある程度まとめて作って冷蔵庫に貯蔵しておけるといいんですが、どれくらいの時間美味しく飲めるのか色々実験してみないとですね。

■メンテナンス

メンテナンスは思ったより大変です。今回は1回毎にざっと洗ってみましたが、説明書でもリンゴ2個位で洗うことを推奨していますから、まぁ、そんなもん(専用カップ1杯、コップ2杯分)なんでしょう。

絞りかすの残留水分量は「ほとんど水気がない」と言われるスタイルプラスよりも少ない評価になってましたが、それでもやはりそれなりに湿っていて、そのままゴミ箱に捨てるのはちょっと躊躇してしまいます。かといって生ゴミ処理機に入れてもやっぱり水分多めで余分に処理時間や電気がかかりそうで。夏場は家庭ゴミが3回とほぼ1日置きになるので、思い切って直接捨ててしまうのがいいんでしょうか。あるいはなにかネットに入れて手で絞るとか?本当はハンバーグなどの材料に混ぜたりすると良いらしいですが、そこまで料理野郎でもないんですよねー。

あと、基本的に上半分がバラして洗う部分なんですが、意外に汚れるのが、カップを取り外した受け部分。当然雫が落ちて汚れます。マニュアルには「お手持ちのコップを置いてくれ」とあります。まぁそりゃそうだけどもさ…洗い物増えるじゃんよ(^^;)。スタイルプラスみたいにひと工夫欲しかったですね。

バラした部品は新品なせいか、使ってすぐだったせいか、さっと水で流すだけで結構綺麗になります。ただ、流れたカスが流しの排水口のネットに詰まってシンクに水が溢れてしまうのが難点。ウチみたいに三角コーナーを使ってない人は厳しいかも。

 

こちらのエントリに続きを書きました。