Dyson Supersonicヘアードライヤーは長毛猫にも有効か?

Pocket

我が家のメインクーンを洗うのは毎度ひと苦労です。というかその後で乾かすのが大変。なかなかドライヤーで最後までおとなしく乾かさせてくれません。さりとて濡れ猫のままで風邪でも引かれたら年齢的にも危ない。

今までも比較的風力のあるクラスのドライヤーを使ってましたが、あのDysonがスンゴい風量のものを出すということで発売日に特攻してしまいました。

なお比較対象はコレ。手元に冷風切換スイッチがあって個人的には気に入っていましたが、同居人には重くて扱いづらいと不評でした。

で、Supersonicにしてまだ即日一度洗ったきりですが、なんと比較的最後まで乾かさせれくれ、仕上がりもふんわりもふもふになりました。今までのドライヤーと何が違うんでしょうかね。騒音?温度?まぁ、たまたま機嫌が良かっただけどいう可能性も(^^;)。

人間用としてもなかなかです。元も強風量タイプなので劇的に速いって感じではないですが長髪の同居人曰くやはり違うそうです。そのせいか最近ハネが減って良いKLS(黒髪ロングストレート)になった気がします。

気になる音量ですが、個人的にはうるさい!ってほどではないと思います。というか音質が違う。従来の強風量タイプがブゥォォォォッ!って感じだとすると、Supersonicはシュォォォォ!って感じ。音量は決して静かではないんだけどちょっと凶暴さが低い感じ。だから猫も逃げないのかな?まぁ、風量は暴力的なんですけども…

操作性としては冷風切換がスティック部分でやや場所が悪い上に、押している間だけ冷風になるタイプなので、若干不便になった印象。また温度も高->中->低->冷->高->というサイクリックスイッチな上、冷->高に戻る時にビープが鳴るといった親切設計は皆無なので、1,2秒してじわっと温度変化を待つか、一旦持ち直してLEDを確認するしかないという感じ。こんだけの値段するんだからビープ回路くらいケチらないでくれよ、と。この辺りの不満は別途使いやすさ日記案件にします。

気付くとDyson製品が4台目という信者っぷりですが、うーん、コスパからするとちょっと手放しでオススメはできないですが、大事な長毛ペットや髪の長い彼女、奥様がいらっしゃるならプレゼントにはいいかも知れません。

 

Dyson Supersonicヘアードライヤーは長毛猫にも有効か?” への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です