AppleSIMのLTEデータプリペイド回線をデータシェア登録する覚え書き

Pocket

iPadをセルラー版に買い換えて、Apple SIMのデータ契約をauの主回線とデータシェアにしようとしたんですが、ちょっとややこしかったのでメモ。

Apple SIMで契約できるのはLTEデータプリペイドというプランなんですが、auのデータシェアのページにある。「条件・対象機種/プラン」の表には載ってなくて焦ります。しかし欄外に小さく「※LTEデータプリペイド機種もデータシェアをご利用いただけます。」とあるのでまずは安心。

手続きとしては、

  1. LTEデータプリペイドのau IDを登録
  2. 主回線のau IDに、データプリペイドのau IDを統合
  3. データシェアの設定画面で、2つの回線にチェックを入れて登録

という感じ。もちろん主番号は既にau IDがあってMy auにログインできる前提です。

まず1.ですが、iPad上で開通手続きを済ませます。この時電話番号が振られるのでそれをメモしておきます。そしてau IDの新規発行操作ですが、iPad自身の内蔵ブラウザからWi-Fiを切って行う必要があります。つまりその時点で初期チャージをしてLTE通信ができる必要があります。なので、「1500円チャージしないでいきなりデータシェアでギガを持って来て使う」ということはできなそうですね。ともあれ新規発行画面で、発番された電話番号と設定したパスワードを入力しIDを作成します。au IDを電話番号ではなく任意の英数字にもできますが、どうせ統合してしまうのでここで悩む意味はないです。デフォルトの電話番号のままで進めましょう。

次に2.の統合作業。主番号でau IDポータルにログインします(My auではないので注意)。で、右サイドバーにある「au ID統合」を選び、暗証番号を入れて進みます。おそらくLTEデータプリペイド回線のau ID発行直後はここに候補としては出てこないので、手入力で先ほどの番号とパスワード(暗証番号に非ず)を入れます。

最後に、My auにログインして、データシェア手続きを行います。前提として主回線がデータチャージに申し込み済みである必要があるっぽいです。この画面でシェアしたい2回線にチェックを入れて、重要説明事項に「承諾する」して進めます。ただし、注意しないとならないのは、au IDの統合(または発行)手続きをした当日にはこの画面に選択肢として表示されないということです。σ(^^)の場合、当日や深夜日付かわった直後にみた限りでは出ませんでした。おそらく翌朝8時とかをまたがないと出現できないようです。ややじれったいですが一晩寝かせておきましょう。

iPad Pro 2017をWi-Fi Cellular版に買い直すことに

Pocket

先日、発売日ゲットしたばかりのiPad Proですが、JIS版Smart Keyboardがなかなか良く、以前より持ち出して仕事の打ち合わせノートとりなどにも活用してみようと思った矢先、こちらの電車で盗られて「iPhoneを探す」で取り返した記事を読みました。

基本的にはその場のWi-Fiやテザリングで事足りるんですが、万一の保険としてセルラーで位置情報とったりワイプできたりするのも仕事用として使うならアリかなと思い、Wi-Fi版を返品してWi-Fi Cellular版(以下セルラー版)を買い直すことにしました。

iPad Proは現在品薄で店頭ではなかなか入手できない、特にキャリア版はヒドいらしいですが、Apple StoreでのSIMフリー版は11〜12日予定だったものが結局6日で届きました。初白ベゼル機に加え、初セルラーiPadです(家族のとかを触ったことはありますが)。

2017 iPad Proは背面のアンテナもシンプルになったのも決断の理由の1つですね。重さは微妙に増えますが体感ではわからない感じです。あとはあんまりないですが、GPSがあるので地図アプリなどがより正確になるというのがありますね。

回線契約はiPhoneがauなので、素直にApple SIMでauのデータプリペイドをチョイス。いつのまにかSoftbankも対応したんですね。Apple SIMはオンボードというか内蔵になったらしく、SIMトレイにApple SIMは入ってません。内蔵Apple SIM + トレイの変形デュアルSIMになったんですね(初代Proから?)。言い換えれば開封したらそのまま契約手続きに入れるので、楽チンです。

いまいち確定情報がなくて不安はあるんですが、たぶんメイン回線とデータシェアを組めば、そちらから“ギガ”を移せるので、無チャージで契約が失効する1年以内に1回はチャージすれば、直接の追加チャージはしなくていいんじゃないかと。つまり親回線からギガを移し続ける限りは1,500円/年で使えるような気がしています。親回線はスマートバリューの割引き額の関係で3Gで足りそうなところをほぼ差額なしで5Gで契約しているので、わりと余裕がありそうなので、年1,500円ならいいなと。まぁダメなら1GBくらいのMVNOを挿せばいいかなと(SIMフリーだし!)。

2017.7.27追記:んー、ダメでした。LTEプリペイドは回線自体のチャージが切れると通信自体ができなくなり、データシェアが組んであってもそっちからギガをもってきてくれません。ということは年1回チャージ計画は頓挫ですね。できるって書いてある個人ブログを信じたんですが、可能ならもっと話題になってるでしょうし、、。ということで当初から書いてる通り500MB〜1GBで500〜1,000円くらいのMVNOにしようかと思ったんですが、その後、auにピタットとフラットの新プランが発表され、σ(^^)はフラット20にしてギガがダダ余る予定なので、+500円ならこのまま毎月チャージして高速なau回線をギガ気にせず使うのもありかなと思案中。ちなみにチャージの手間を嫌って通常の回線にする場合、タブレットプランds(3年契約)がありますが、基本料が2,000円とさらに500円高い上にデータ通信はゼロ、さらに3年以内に解約すると9,900円の違約金が発生するのでメリットはなにもないみたい。確か何回かは自動チャージできるはずなので、auにするならプリペイドですかね。

もちろん無くさない/盗られないのが理想ですが、これで万一そうなっても追跡したりデータを消去できる可能性が上がったかなと一安心。バリバリ活用していきたいと思います。

 

Swift Playgrounds 入門コンテンツの解説サイト作りました

Pocket

少し前からサイドバーで紹介してますが、Apple がリリースしているiPad向けプログラミング学習アプリ「Swift Playgrounds」の攻略サイトというか、コード例と解説を掲載したサイトを作りました

Swift Playgroundsはアプリ内で教材コンテンツを追加ダウンロードする仕組みになっていますが、その入門コンテンツである「コードを学ぼう」の1と2の全ステージを本日ようやく網羅しましたので改めてご紹介。

プログラムに唯一絶対の正解はないので、単なる攻略サイトみたいなものを作るのは野暮かと思いましたが、それでも「プログラミングを勉強したいけど、身近に聞ける人がいなくて先へ進めず諦めてしまった」なんて不幸が回避できるならと思い、コードはあくまで正解“例”であることを強調しつつ、アプリ内の出題でカバーしきれてない部分の解説を丁寧にするよう心がけました。さっそく親子で参考にしていただいたというコメントもいただきやってよかったなと。

しかしやっと1,2が終わったとほぼ同時にPlaygrounds自体がアップデートされ「コードを学ぼう」も3がリリースされてしまいました。個々の解説を丁寧に書きすぎて結構時間がかかってしまったので、ちょっと今すぐ続きに着手できるかはビミョウな気持ちです(^^;)。まぁ、ざっとみた感じ3は基本を離れてよりクリエイティブな内容に寄っている印象なので、このサイトの役割としては少し範囲外かなという気もしています。Swiftの基本文法やループ、条件分岐、変数、配列といったプログラミング言語に共通の概念については「コードを学ぼう」1と2で一通り触れており、そのフォローという意味で一区切りかなぁと。まぁ1,2の反響や要望をみてまた考えます。

英語版が公開された時にいくつかのITサイトの連載やブログで紹介されたものはありますが、3月に日本語化されてから本格的に全ステージを網羅したものはたぶんまだなかったと思うので、まだ不完全ながらも、これからPlaygroundsにチャレンジしてみようと思う人の助けになればなと思います。

iPad Proを2017年版に買い換え

Pocket

AppleのWWDC 2017直後のストア爆寸解除と同時に予約して購入しました。

iPad Proの12.9インチ+Apple PencilはUT仕事のノート取りに重宝しまくっていますが、ProMotionでさらに手書きの質が上がるならば惜しくはないなと。ProMotionは液晶のレンダリング頻度が60Hzから120Hzと倍増する技術のことで、スクロールなどが滑らかになると言われています。またもともと240Hzで座標をスキャンしているApple Pencilも、描画更新頻度が上がることで、見かけ上の遅延が40msから20msと短縮されます。これでより自然な書き味になるという期待です。

σ(^^)はタブレットやスマホを買う際に、「動画をよく観る端末は黒ベゼル、電子書籍をよく読む端末は白ベゼル」というポリシーを持っています。iPad Proは大画面な上に横向きにしてもステレオスピーカーであることが動画に向いているかと思い、初代は黒ベゼルのスペースグレーをチョイスしましたが、1年間使ってみてあまり動画を観る機会はなく、どちらかといえば電子書籍とノート用途が主だったので今回は白ベゼルのシルバーに。なにげにiOS機器で白ベゼル機種を買うのは十数台で初めてだったりします。

Apple Pencilはアップデートなしなのでそのまま流用。リアのシェルカバーもそのつもりだったんですが、カメラ周りのレイアウト(LEDライト追加)が違っていて互換性がないというので発売日前日に慌てて注文。今回もELECOMのクリアタイプです。後述のSmart Keyboardについてなぜか2017モデル用には対応がなくSmart Coverについてしか記載がなく不安でしたが、結果は余裕でした(2015年モデル用はちゃんとSmart Keyboard/Coverとも対応が明記されています)。

液晶フィルムは共用っぽいですが、一応ELECOMからは2017年モデル対応版が出ています。Apple Pencilでの書き味を重視して今回もペーパーライクをチョイス。

でもまだ貼ってません。iPad mini4やPro 9.7’で定評あるフルラミネーションディスプレイが綺麗で、視認性が落ちるペーパーライクフィルムを貼るのが惜しい、、やはりガラス面を直接Apple Pencilで書き殴るとカツカツ音/感が気にはなりますが、とりあえず次のUT仕事まではフィルム無しでこの綺麗さを味わっておこうかなと(キズはあんまり心配してません)。

噂では付属充電器が急速充電できるUSB-Cタイプ(MacBook 12’付属の29Wのもの)にかわるという話もあったんですが、開けてみると従来通りのUSB A 5Vタイプのものでした。iPad Pro 12.7’はバッテリー容量も大きくフル充電には時間がかかるので、やはりUSB-C充電器を使っておきたいところ。Ankerの充電器やASUSのモバイルバッテリーも揃えているのですが、惜しむ楽はUSB-C – Lightningケーブルが純正しか存在せず、値段はともかく1mタイプしかないというところでしょうか。携帯用にもっと短いものが欲しいものです。

(AmazonではApple純正品を謳う商品でも偽物が届くリスクが高いので、商品リンクは掲載しません)

ファーストインプレ

正直ProMotionによるヌルヌルスクロールはさほど感動しませんでした。ただTrueToneのおかげか、液晶フィルムを貼ってないフルラミネーションディスプレイのフル性能のおかげか、電子書籍アプリでの紙感は素晴らしいものがあります。また、60Hzが倍速になるだけでなく可変フレームレートになることで、24Hzの動画が24Hzのまま表示できることにより滑らかさも、そもそも動画アプリ側の対応が必要なのかどうかもわかりませんが、「まぁそういわれれば滑らかかな?」という位。24Hzを60Hzにする時は、整数倍できないのでどうしてもガタつくという弱点が理論上はあるわけですが。

またApple Pencilについても個人的にはあまり期待した進歩は感じられませんでした。もともと文字を最速で書き殴る用途が中心なので、遅延がないことよりも筆跡が忠実に再現されることに関心があったんですが、それについては表示のレンダリング頻度が上がること自体はあまり寄与しなかったようです。

とまぁ、世の中で感激の嵐が吹き荒れる中、個人的には期待したほどの感動はない感じなんですが、動きがサクサクしたのは間違いないし、容量も32GBから64GBになったし、白ベゼルになったりと、返品して旧モデルを使い続けるセンはないかな、と。追々iOS11や最適化アプリが出そろって来た時に進化が発揮されることでしょう。

iPad2のマイクが逝ったので修理してもらった

Pocket

実家のiPadでFaceTime時に相手に声が届かないというので、宅急便で送ってもらってチェック。確かにどのアプリでもほとんど音が拾えずザーっとノイズが入るのみ。マイク故障っぽい。

Amazonで見ると部品自体は数百円で手に入るっぽいものの、分解手順を調べると結構めんどくさい。ネジではなく粘着テープなのでドライヤーで温めながらベリベリ剥がすタイプ。しかも例はガラス割れの例で、最初から割れてるからバキバキガラス砕きながら外してるものばかり。そして粘着テープも再利用できるか微妙で、単品で売ってるところはなかった。普通の両面テープで止めちゃうみたいだけど、次また何かあった時にドライヤーで剥がれるかも微妙。そしてミスってパネルの下の液晶ユニットを割ったら結構高くつくリスクも。昔iPhone3GSで2枚割ったことあるしw。

で、非正規修理サービスを調べるとだいた6,800円くらい。秋葉原でサイトにiPad2のマイクについて記載があるところに電話するともう部品がないので取り扱っていないし、部品持ち込みもできないと。ならサイトから削除しとけよと…。で、結局受け付けてくれたのは新宿のAppleRepairさん(ただしiPad2マイクは新宿本店のみ扱い)。電話で聞くと、成功すれば6,800円。マイク以外の故障で直せなかったとしても作業料として4,000円はかかるとのこと。まぁ仕方ないし、たぶんロジックボード故障の可能性は低いだろうということで、翌日メールで予約を入れてとりあえず向かうと、到着寸前に「16時受付だと即日返却できない」と返信がorz。これもまぁしかたない。送料、代引き手数料は無料とのことなので直接実家に送ってもらうことに。二日経ってもなにも連絡がなかったけど、今日突然実家に届いたと連絡があり、料金は6,800円だったとのことなのでまぁ治ったんでしょう。メールで一報くれてたら五つ星だったけど、まぁ助かったので良しとします。ありがとうAppleRepairさん。

レヴォーグ成約特典iPad mini Retina到着

Pocket

2014年3月中にレヴォーグを注文すると、キャンペーン特典で5万円キャッシュバックとSUBARUロゴ入りiPad mini Retina Wi-Fi 16GBモデルがもらえるというのをやってまして、先日やっと届きました。注文がたしか3/8で、2,3週間かかると言われてたのでまぁ予定通りですかね。ネットでみてるともっとかかった人もいるみたいですが。というか、そろそろ来てないかなーと思ってメールしたら「昨日届いた。今日にでも設定すませて明日以降なら渡せます。」と。これもネットで「催促しないと来ない」説を裏付ける話になるんだろうかw。

さて、このiPad、単に背面にSUBARUロゴがレーザー印刷されているだけではなく、中にLEVORG MAGという特典アプリと壁紙データが入っています。「設定」といっていたのはこれらのインストールと壁紙設定の適用作業のことのようです。しかしここで問題。σ(^^)は既に初代iPad miniをもっていて、そのデータを移行して使いたいと思っているので、持ち帰ってバックアップから復元をしたらせっかく入れてもらったアプリや壁紙は綺麗い消え去ってしまうはず。それでは、ということで店頭に母艦のMacBook Proを持ち込んでその場でリストア。その後で再度アプリ/壁紙の導入作業をお願いできないか、あるいは手順書くれたら自分でやるよ、と打診したところ快諾いただけました。ちなみに手順書の中に営業マン固有の認識番号を入れるところがあり、手順書だけ持ち帰ってもできないようになっている模様。またLEVORG MAGアプリはAppleStoreでは配布されておらず企業向けのAdHocデプロイの仕組みを利用するみたい。

そしてさらに問題発生。バックアップがOS7.1だったのに対し、届いたiPad mini Retinaは7.0.4だった為リストアができない!しかもLEVORG MAGアプリは7.1では起動と同時にクラッシュしてしまい利用できないという2ch情報がっ!!一瞬迷ったけども、アプリはそのうち対応されるだろうからとりあえず壁紙ともどもインストールさえされてればいいや、ってことで、アップデートも敢行。つきあってくださった(というか店の片隅で勝手にやってただけだけど)ディーラーさんありがとう。

そしてさらに問題発生w。まずリストア後も不思議なことにLEVORG MAGアプリがホーム画面に!初期化しなかったせいもあるんだろうけど、そういうものなのか。逆に気持ち悪いのでちゃんと初期化すればよかった。そして案の定起動せず。まぁそれはいい。じゃぁ壁紙だけでも、と思ったのだけど、手順書を見せてもらうと、初期状態でアプリインストーラーのアイコンがあるからそこからタップしてDL作業をしろと書いてある。つまりSUBARUから発送される時点で既になんらかの細工がしてあるってことなのね。そしてそのアイコンがない!!おそらくただのブックマークアイコンぽいのだけど、さすがにそれは消えてしまっている。結局ディーラーではどうしようもなく、問い合わせ先を聞いて帰宅。そのうちヒマになったら(7.1対応にも期待しつつ)連絡してみるってことでそのまま持ち帰り。なんか割ともうどうでもよくなってますがそのうち進展があったら追記します。

■ハードのインプレ

とりあえずRetina化で色々綺麗になってる!くらいw。他にあんまり感慨がないですな。速度的にも爆速になってるはずなんだけど、普通に使ってる分には実はあまり違いを感じなかったり。容量も同じ16GBだし。あ、Kindleのウ○コ画質のコミックのウ○コさはより際立つ気がします。

■アクセサリの買い直し

Airも買ったしってことで買い控えてたmini Retinaがもらえるヒャッホウ!ってことで浮かれて見落としてましたが、Retinaでは0.3mm厚くなってましたねそういえば。それはまだいいんですが、マイクが上部と背面のデュアルになっていて、Retina非対応のケースだとそこに穴があいていない。再利用する気満々だったクリアケースを買い換えることに。一番安かったこれをダメもとで注文。しかし意外とちゃんとしたものでした。初代用に買ったELECOMのみたいに右下が緩くてカパカパすることもなく。しっかり透明ながら背面も適度にグリップがあって持ちやすい。760円あなどりがたし。そしてSmartCoverにも対応。注文したLEVORGも赤だしってことで、(PRODUCT)REDな純正スマートカバーも購入したので。Airとおそろい。まぁ、この赤はNexus5ほどじゃないにしろかなりオレンジ入ってて微妙なんですが…

 

ともあれAir買ったし、と見送りつつも気になっていたiPad mini Retinaがこんな形で手に入って嬉しいです。Nexus7Xperia Z Ultraと片手持ちタブレットがだぶついて来たので減らしたいですがそれぞれ良い点があって悩ましいです。

iPad Air衝動買い

Pocket

iPad mini Retinaを買う予定だったんですが、せっかくAir発売日だし実機触りに行くか、ってんでヤマダ電機いって、気付いたら買っていたぜ。

もともとNew iPad (以下iPad3)と初代iPad miniを使っていて、最近はminiばかり使うしRetinaになるなら新miniに一本化してもいいなぁ、と思ってたんです。「おやゆびでお」なんてアプリ作るくらいで、片手持ちで動画や電子書籍の閲覧が主なので軽さが大事。ただAir実機を触ったら「これくらいの重さならアリなんじゃないか?であるならば大きい方が動画も書籍もいいよね!」と。7インチ機としてはNexus7 2013があるしとか。

容量としては、WiFiがMIMO(デュアルバンド)に対応して速度あがるなら自炊動画もほぼストリーミングで済んで容量は一番安い16GBでいいんじゃね?的な。現にiPad miniは16GBで全然困ってなかったし。てことで、急遽Airでいいじゃん!って心変わり。朝イチで普通に在庫ありました。ちなみに夜にヨドバシ横浜に行った時点では16GBシルバーのみ残り三台、後は品切れ、次回入荷未定となってました。

あとAppleショップのこの展示什器、ワイヤーに常に引っ張りテンションがかかっているので、全然軽さが体感できないんですよね…

1390596_10202342302505790_1946714705_n

■ハード周り

基本、見た目は軽くなって薄くなって端子がLightningになった以外あんま変わりないです。色味もiPad3を見慣れた目で違和感なし。若干緑に違和感を感じるのも同じ。

レスポンスも一般的なアプリを使う分にはそんなに違いは感じないかな。ただキーボード周りのサクサク感は向上したように思います。iPad3だとややかったるかったのが、iPhone並に不満なく入力できるようになった気がします。

ついにスピーカーがステレオになったっぽいですが、あいかわらず縦持ち基準のレイアウトなので横にして動画を観る時には微妙。Kindle Fire HDみたいに再生品質にこだわるよりはデザインや薄さ優先ってのはAppleらしいです。

Lightning化は単純に嬉しい。開発用Macやベッド周りのケーブル環境が共通化できてスッキリします。これでDockコネクタは車載用のiPod nano 4thのみ。母艦機にだけケーブルをつないでおけばよくなりました。いっそnanoもLightningなモデルに買い換えたい衝動に駆られますが、先月iPhone5s買ったばかりだし、iPad mini2を買う可能性が完全に消え去ったわけではないので自重w。

■MIMO効果は微妙?

MIMOにより「おやゆびでお」でHD動画をHTTPストリーミング時の途切れが改善されるかなと期待したんですが、あまり変化は見られない気がします(http live streamingではなくmp4の直リン)。ちなみにアクセスポイントはAirMac Extremeの300Mbps世代機。二世代前のものですがiPad Air/mini2は300Mbpsの2×2 MIMOなので充分なはず。ここが一番残念。Webサーバー側の限界なのかなぁ。

■アクセサリ

基本家ではカバー(フタ)を取った状態で使いたいのでマグネット脱着できるものにしたいのと、背面に吸盤リングをつける関係でバックケースはハードでつるつるなものにしたい派。

朝行ったヤマダでは純正SmartCoverもSmartCaseも入荷しておらず、エレコムのクリアハードケースだけを購入。夜にヨドバシに行ってSmartCoverを買ってきました。今回のSmartCoverは素材がポリウレタンのみになり色がiPhone5cとあわせたような明るめの色ばかりで、どれも40のオッサンには使いづらく悩みました(さすがに黒本体に黒は面白くないし)。レッドがグリーンで悩んだ挙げ句、Product (RED)で募金になればいいやくらいの消極的理由でレッド。

が、早速とりつけようとして失敗に気付く。エレコムのケースがSmartCoverに対応してなかったorz。そういえばiPad3の時もminiの時も気をつけて買っていたはずなのに、すっかり失念してました。一応マグネットはつくものの、スタンド状態にすると外れてしまう(そりゃそうだ)。仕方ないのでTUNEWEARのものを注文。発売まで少し日数があるみたいで届くまで我慢ですわ。

液晶保護フィルムは保留中。基本家使いで持ってでかける時はSmartCover付けるので、普段は裸でもいいかと。最近のガラスは強度はあるし耐指紋性能も指滑りも不満ないレベルだし、と。

 

とまぁ、そんな感じでベッドに寝転がってしばらく動画を観てみたんですが、やはりminiに比べるとそりゃ重くて腕の負担は大きいですw。胸の上にスペアの枕を置いて、その上にiPad本体を置くようなスタイルなので全ての重量が腕にかかってるわけでもないんですが。画面サイズが変わって当然視距離も離れるので腕の保持姿勢が若干かわるのもあるかな?もう少し姿勢を煮詰めていきたい。

でmini2への欲求が完全に収まったかというと微妙w。現物をみた時にまた気絶しないとは言い切れない…。iPad3とiPad miniを処分すれば今回のAir購入費は捻出できそうなので、あとは使わなくなったSONY Tablet SとかWALKMANとかとかを処分すればそんなに無理な買い物じゃないかなぁとか…

10分で学ぶiOS7 ~旧バージョンから操作方法が変わった点~

Pocket

iOS7では画面デザインだけでなく、操作方法が大きく変わっています。新しい操作が加わっただけならいいんですが、今までの操作方法が通用しなくなった部分が少なくありません。そして、ジェスチャーベースのiOSの操作は、見た目に手がかりがないことも多いので、知らないとなかなか気付けないでしょう。

てことで、iOS6以前を使っていた人が戸惑いそうな点を動画にまとめてみました。もともと身内向けに考えていたので、自分のiPhoneで普通に撮って、後からやっぱり一般公開しようとボカシをいれまくってますw。色々見辛かったらごめんなさい。

参考になれば幸いです。