MacBook Pro Early 2011 15″のメモリ交換

Pocket

ウチのMBPちゃんは純正4GBで購入した後、サードパーティ製のメモリ(とはいえ純正と同じhynixチップ)で8GBにしたんですが、ちょくちょくビープ3回フリーズを起こしていました。SSDで再起動も速いしあまり気にしてなかった(というか原因不明で諦めていた)んですが、Mountain Lionにしてから毎日の様に発生。これはイカンということで試しに一週間純正メモリに戻してみたところ一度も発症せず。交換したメモリがクロだろうということで交換することに。ただ交換するのでは悔しいので、さらに値下がりが進む16GBに変更してみました。

8GBを買った頃と同じ7,000円弱です。毎度書いてるけど「安くなったなぁ…」。

今度は安定志向で多少高くても品質の高いものを買おうとAmazonのレビューを読みあさったんですが、安いヤツほどレビューが多く、Macでも使えてるという情報があり、逆に高いものはレビューがなくて判断がつかず。結局一番安いシリコンパワーのこれにしました。

クリーンインストールや究極的にはMBP Retinaへの買い換えも頭をよぎったりしてましたが、これで安定してくれるといいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)